ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

生物システム応用科学府(博士課程(前期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
生物機能システム科学専攻 2年 修士(農学)、修士(工学)、修士(学術)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

1.生物機能に関連する農学と工学およびそれらを結び付ける様々なシステムに関する専門基礎科目を横断的に学ばせるとともに、融合基礎科目および専門交流科目を学ばせることにより、生物機能に関連する科学と技術の基盤となる多面的な基礎知識と多様な実験・計測技術を習得させる。

2.生物機能に関連する農学と工学およびそれらを結び付ける様々なシステムに関する専門応用科目を横断的に学ばせるとともに、融合基礎科目および専門交流科目を学ばせることにより、生物機能システム科学に関する最先端研究や技術開発を進めるために必要な高度な専門知識や実験・計測技術を習得させる。

3.学際交流科目、融合基礎科目、専門交流科目および専門応用科目を学ばせるとともに、論文研究等を学ばせることにより、課題を見出し、解決策を立案し、独創性の高い研究を実践する能力を習得させる。

4.分野交流科目、専門交流科目および論文研究等を学ばせることにより、研究成果を発表するための資料作成方法、実験データの整理法、発見方法、実践的なプレゼンテーション能力や論理性に基づいた的確な質疑応答や議論ができる言語能力を習得させる。

5.融合基礎科目、起業科目および専門交流科目を学ばせることにより、社会の持続的発展に資する国際的な活躍を支える多面的思考力と、知的財産権、国際規格、社会的責任を意識し、高い倫理観を持って研究を進める能力を習得させる。

6.分野交流科目、専門交流科目および論文研究等を学ばせることにより、研究を国際的に展開するために必要なコミュニケーション力や、課題解決へと導くリーダーシップ力を習得させる。

 ディプロマ・ポリシーで定める獲得を身に付けた技術者・研究者を育成するために、成績評価は、講義科目では試験、レポート等で、実験・実習、演習ではレポート、口頭試験等で評価する。授業科目の試験の成績は、S・A・B・C及びDの5種類の評語をもって表し、S・A・B及びCを合格とし、Dを不合格とする。合格した者には所定の単位を付与する。また、学位論文については、審査基準と審査方法を明示し、それに基づき学位論文審査委員会による論文審査および最終試験を厳格に行う。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

1.生物機能システム科学の理解や課題探求を進めるうえで必須となる、農学、工学に関する多面的で基礎的な知識や実験・計測技術を幅広く身につけていること。

2.生物機能システム科学に関する最先端研究や技術開発を進めるために必要な高度な専門知識や実験・計測技術を身につけていること。

3.生物あるいは生態系のモデルとして、その本質を抽出およびシステム化し、そこから新たな生産を創出するという生物機能システム科学の見地に立ち、各専門分野や融合分野において課題を見出し、解決策を立案し、独創性の高い研究を実践する能力を身につけていること。

4.国際社会の中で研究を実施し、研究成果を発表するための資料作成方法、実験データの整理法、発見方法を習得し、実践的なプレゼンテーション能力や論理性に基づいた的確な質疑応答や議論ができる言語能力を身につけていること。

5.社会の持続的発展に資する国際的な活躍を支える多面的思考力と、知的財産権、国際規格、社会的責任を意識し、高い倫理観を持って研究を進める能力を身につけ、研究者や技術者の社会的使命を理解していること。

6.国内外の研究者や技術者と協働し、研究を国際的に展開するために必要なコミュニケーション力や、課題解決へと導くリーダーシップ力を身につけていること。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
機械工学・自動車工学
電気・電子・通信工学
情報工学・コンピューター
応用化学・環境工学
鉱物・資源・エネルギー工学
金属・材料工学
画像工学・光工学・音響工学
医用工学・生体工学
農学
生物生産学・生物資源学
生態学

専攻分野に関する説明