ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  (1)機械システム工学科
                   機械工学に関する確かな基礎学力と幅広い視野、豊かなコミュニケーション能力を有し、循環型社会の構築に貢献する機械技術者の育成を目指す。その達成のため、全学的に実施されている教養教育やキャリア形成教育、環境リテラシー教育と密に連係した、幅広く、かつ体系的な教育課程を編成する。さらに、グループで課題に取り組む授業や教員の指導の下に進める卒業研究等を通して、豊かな人間性を育み、課題探求能力を向上させることにも注力している。
                  (2)知能ロボット工学科
                   機械工学・電子工学・情報工学の幅広い工学分野の知識と技術を組み合わせて、賢いロボットや賢いコンピュータなどの設計や開発ができる多才な人材の育成を目標にしている。三つの工学分野の基礎を広く学ぶとともに、一つの工学分野を専門に選び深く学ぶことにより、幅広い視野で技術課題に取り組むことができる技術者を育む。そして、プログラムや回路図も読める機械技術者、機械加工やプログラミングもできる電子技術者、回路製作や機械設計もできる情報技術者のように、一つの専門分野の知識と技術だけでは解決が困難な課題にも果敢に挑戦する、豊かな創造力と実践力を兼ね備えた人材を輩出することを目指す。
                  (3)電子・情報工学科
                   電子・情報工学に基づいて高度な人間支援システムを構築し、その核となる新技術の開発に寄与し、あるいはこのシステムを適切に運用できる教養豊かな人材を育成する。そのために今後の高度情報社会で必須となる様々な工学・技術を学ぶ。精選され体系化された講義の学年進行と協調する創成的実験課題の実施および少人数教育体制により、電子・情報工学の体系的な知識を習得しかつ創造力と実践力を養成する。
                  (4) 環境・社会基盤工学科
                   持続可能な発展に向けて、地域と地球の環境保全、社会基盤の整備、循環型社会の構築に貢献する科学技術の教育を行う。それにより、豊かな教養と基礎学力を身につけ、地域から地球規模の環境問題まで理解でき、広い視野にたってさまざまな環境問題の解決策を提案できる、創造力と実践力を有した人材を育成する。
                  (5) 生物工学科
                   近年、生命科学は目覚ましく発展し、生命現象を工学的視点から研究する生物工学の役割はますます大きくなっている。生物は様々な化学物質を介して活動している。本学科では、この化学物質を介した生命現象を解明し、化合物の機能や生命現象の機構を利活用する研究を行うため、化学と生物学を重視した教育プログラムを実施する。すなわち、有機化学、生化学、分子生物学を基盤とし、これらを酵素化学、応用微生物学、食品科学、植物工学、生物情報学まで発展させ、幅広い生物工学の知識や考え方を身に付けた人材を育成する。
                   本学科の特徴
                  1.1年生から4年生まで有機化学を中心とした体系的な講義および演習の実施
                  2.3年生前期までに生物工学の基礎的実験手法を習得し、3年生後期から研究室に配属して専門的な実験・研究ができる教育環境
                  3.充実した先端実験機器をいつでも使用できる研究・教育環境
                  (6) 医薬品工学科
                   医薬品工学は、医薬品の開発と製造に関わる学問で、医学、薬学、化学、農学、食品などの幅広い産業分野に応用され、工学的観点から安全で優れた効能をもつ医薬品を効率良く製造することで健康、保健、医療等の今日的課題を解決していくために、発展が期待される学問分野である。
                  医薬品工学科は、物理化学、無機化学、有機化学、材料化学、生化学、微生物学、薬理学、細胞工学、製剤学等の学問領域を基礎としており、医薬品の研究・開発・製造に携わる基礎的な学力を身に付け、将来、医農薬、食品、化学関連分野で活躍できる、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育成することを目標にしている。
                  医薬品工学分野の基礎・応用能力を育成するために、少人数教育による講義、演習、実験及び各種ゼミを実施し、課題研究・卒業研究に主体的・意欲的にチャレンジさせ、多面的な思考力を養う。
                  医薬品産業およびこれに関連した産業の新技術創出や製品開発を行うために必要かつ有用な人材を育成し、富山県及び地域の発展に貢献し、ひいては人類の健康と幸福に役立つ学科を目指す。

                  続きを読む… 折り畳む

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  富山県立大学入学者受入方針 [アドミッション・ポリシー]

                  富山県立大学は、科学技術の素養に富み人間性豊かな人材、そして創造力と実践力を兼ね備え、地域および社会に貢献できる人材の育成を教育の基本方針としています。

                  工学部
                  工学部では、21世紀の重要な課題である「自然や人間に優しい技術の創出」に役立つ教育研究を重点として、しっかりとした専門的学力と深い探究心を育てることに力を注いでいます。さらに、かの「万能の天才」レオナルド・ダ・ヴィンチの旺盛な創造意欲や好奇心に学び、新たな可能性にチャレンジする気概を育てることをめざしています。
                  以上のような教育方針のもと、学生の皆さんの成長を確かなものとするために、次のような心構えや意欲を持った学生の入学を希望します。
                  1 自然科学に興味を持ち、科学技術の基盤となる理系の基礎学力がある。
                  2 困難な問題に直面しても、問題の解決に向けて努力しようとする。
                  3 自分で考え、自分の言葉で表現しようとする。
                  4 自然・環境や人間を大切にし、自らの活動を通して社会に貢献したいと思う。

                  機械システム工学科では特に次のような人を求めます
                  機械工学分野の基礎知識と学力を身につけ、幅広い視野をもって機械技術者の立場から地球環境問題などの今日的課題に立ち向かう意欲のある人

                  知能ロボット工学科では特に次のような人を求めます
                  機械・電子・情報の工学分野の基礎知識と先端技術を身につけ、幅広い視野で次世代ロボットを支える賢いシステムの創造と設計に挑戦する意欲のある人

                  電子・情報工学科では特に次のような人を求めます
                  人間に優しい高度情報社会の実現に向けて、コンピュータと情報ネットワークの高度化、豊かな情報メディアの構築と信頼性の高い情報通信システムの開発に情熱を持つ人

                  環境・社会基盤工学科では特に次のような人を求めます
                  循環型社会の構築、自然との共生及び地球環境保全に貢献する知識・技術を身につけ、広い視野にたってさまざまな環境問題を解決しようとする意欲のある人

                  生物工学科では特に次のような人を求めます
                  化学と生物学に興味を持ち、自然環境と調和するバイオテクノロジーによる豊かな社会を作り、生命・食・環境に関わる課題を解決する意欲を持つ人

                  医薬品工学科では特に次のような人を求めます
                  健康長寿社会の実現に向けて、工学の視点から研究・開発・製造を行い、優れた医薬品や医療技術を生み出す意欲を持つ人

                  <入学者選抜の基本方針>
                  本学の求める学生像に合致した人材を幅広くかつ的確に見出すために、多様な選抜方式を実施します。
                  【一般入試(前期日程)】
                  理系の基礎学力を重視し、大学入試センター試験と個別学力検査を課し、これらと調査書の内容を総合して選抜します。
                  【一般入試(後期日程)】
                  理系の基礎学力を重視し、大学入試センター試験を課し、これと調査書の内容を総合して選抜します。個別学力検査は課しませんが、大学入試センター試験については前期日程より数学、理科を重視した配点としています。
                  【推薦入試】
                  英語、数学の基礎学力テストを課すとともに、面接において論理的な思考力、判断力等を評価し、これらと出願書類の内容を総合して選抜します。
                  【私費外国人留学生入試】
                  日本語と理系教科(数学、理科)の日本留学試験を課すとともに、面接において論理的な思考力、判断力、英語の基礎的な力等を評価し、これらと出願書類の内容を総合して選抜します。
                  【編入学試験】
                  自然科学に関する分野の総合問題を課すとともに、面接において志望理由、志望学科に関連する分野の質問を行い、これらと出願書類の内容を総合して選抜します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  <工学部>
                   工学部では、技術者として必要な素養と、社会と地域の持続的発展や人々の幸せな暮らしに役立つ「工学」に心を向ける技術者マインド(工学心)とを持った人材の育成を教育目標に掲げている。これらを達成するために、次の観点から教育課程を編成している。
                  1.少人数教育により自然科学および各専門分野の領域における基礎知識を身につけさせ、主体的に課題に挑戦する意欲を育む。
                  2.社会・文化・自然・環境について広く理解させ、豊かな人間性を涵養する。
                  3.持続可能な社会の実現に向け、環境に対する広い視野と倫理観(環境リテラシー)を身につけさせる。
                  4.コミュニケーション能力、情報リテラシーおよび英語運用能力を養成するとともに、社会的責任感と技術者としての倫理観を身につけさせ、生涯にわたりキャリアを形成していく力を育む。
                  5.実験・実習を重視した教育により研究開発における課題解決能力、技術者としての実践力を身につけさせる。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  工学部
                   建学の理念と目的に則り、以下の要件を満たす学生に対し卒業を認定し、「学士(工学)」の学位を授与します。
                  1 工学の基礎知識を有し、主体的に課題に挑戦できる。
                  2 社会・文化・自然・環境について広い視野と深い洞察力を有し、技術者としての社会的責任を理解している。
                  3 社会人として必要な基礎能力(コミュニケーション能力、情報活用力、言語能力、キャリア形成力)を有している。
                  4 研究開発における課題解決能力と技術者としての実践力を備えている。