ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  連合教職実践研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  学部・研究科等の特色等

                  学部・研究科等の特色等

                  1.連合教職実践研究科は、京都教育大学を基幹大学として、京都産業大学、京都女子大学、京都橘大学、同志社大学、同志社女子大学、佛教大学、龍谷大学との連合により、京都教育大学内に設置し、協働して運営しています。各大学、京都府・京都市教育委員会、公立学校の、各機関が蓄積している知的資源と有している人的資源を最大限に活かした、魅力ある大学院です。
                  2.共通科目、コース科目、選択科目、学校実習で構成される教職大学院の教育課程を各教員が得意分野を生かして担当します。教職の専門性を高めるため、大学での学びと公立学校(連携協力校)や京都教育大学附属学校を学びのフィールドとし、実習やフィールドワークを通じて学校教育をより深く理解すると共に、現場が直面している今日的教育課題を解決できる力量の形成をめざします。
                  3.連合教職実践研究科には連合構成8大学と京都府・京都市教育委員会から各領域を専門とする研究者教員13名と教育実践に精通した実務家教員10名、合わせて23 名の専任教員が結集し、それぞれの専門性と個性を発揮しつつ協働して、授業や実習指導、ゼミ指導等にあたっています。特に学部新卒院生には、研究者と実務家の2名が担当教員となり、院生の個別ニーズに対応しながら、きめ細かく実習指導や修了論文指導、就職支援などに当たります。
                  4.学部新卒院生の実践力を高めるため、教職経験豊かな実務家教員が中心となり、実習校の指導教員と連携し、徹底した実習指導を行います。また、2年間を見通した計画的、組織的な就職指導を実施すると共に、徹底した個別指導により、全員が教員の道を歩めるようサポートします。現職教員院生については、地域の指導的教員、学校管理職となって活躍できるよう教職キャリアに応じたサポートを行います。
                  5.創設以来、教員としての国際性を育成するためのプログラムを開発、実施しています。京都教育大学の学術交流協定大学(韓国・中国・タイ)で、研修やフィールドワーク、教員をめざす院生との交流等を行う海外教育研修を実施しています。また、英国人講師による英会話講座を開設し、ALTとの連携や小学校英語活動への基礎力の育成を図っています。さらに、海外から現職教員や大学院生を教員研修留学生や研究留学生として毎年受け入れ、院生が諸外国の現職教員と共に学ぶグローバルな学びの環境が整っています。
                  6.本大学院キャンパスは、京都駅から15分圏内の交通至便な場所にあります。
                  標準修業年限は2年ですが、現職教員のニーズにあわせて、1年間フルタイムで学ぶ短期履修型、勤務をしながら主に夜間の授業を履修し3年又は4年で修了する長期履修型など多様な修学方法が選択可能です。