ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  連合教職実践研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  直属
                  教職実践専攻 2年 教職修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  連合教職実践研究科では、教育の理論と教職の実践との架橋を通じて、教職に関する高度な専門的知識と実践的指導力を統合的に有する教員を養成するために、以下の科目群による教育課程を編成しています。
                  1.教職について体系的・総合的に思考・判断する力を育成するために、共通必修科目として置かれる5領域10科目からなる「教職コア科目」群
                  2.個々の課題意識をさらに深め、幅広い専門的知識に裏付けられた高い実践力を育成するために、選択科目として置かれる「専門科目」群
                  3.学修の成果をまとめる力、教職専門職業人に求められる思考力、人間関係構築能力、組織運営能力等を育成するために、各コースの必修科目として置かれる「実践研究科目」群
                  4.学校での実務的経験を通して教職の実際について理解を深めることで、教師に必要な人間性や社会性を養うとともに、倫理観を涵養するために、1年次と2年次とに分けて置かれる「実習科目」群

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  【教育課程の特色】
                   本研究科の教育課程は「理論と実践の往還・架橋」を基本理念として編成・実施されており、その特色は次の通りです。
                  1.1年次では共通必修科目・コース必修科目を中心に理論的な学びを深めます。1年次後期から2年次前期には学校実習科目で実践的な学びを深めます。2年次後期には修了論文の作成に取り組み、これらを統合した学びを深めます。
                  2.院生は研究者教員と実務家教員の複数のゼミに所属し、指導を受けます。研究者教員のゼミでは、1年次前期に論文構成の基本を学び、2年次後期の論文作成で学びの成果を明らかにします。実務家教員のゼミでは1年次後期から2年次前期にかけて、教職専門実習の事前・事後指導を中心に実践からの学びについて理解を深めます。
                  3.共通必修科目、コース必修科目では、教育現場へ出向いて学ぶフィールドワークや事例研究、模擬授業やシミュレーションなどの演習が15回の授業の中に組み込まれています。研究者教員と実務家教員がティーム・ティーチングで指導に当たります。
                  4.実践的な学びの中心となる学校実習「教職専門実習」は1年次の9月と2年次前期の2期に分けて実施されます。1校当たり3人の実習生配属を基本に公立の連携協力校と本学附属学校、約20校で担当教員がきめ細やかな指導を行います。なお、一定の教職経験のある現職教員院生には、一定の審査の上で「実習みなし履修制度」があります。
                  5.共通必修科目(5領域10科目)は、1~3領域については「基礎理論編」と「実践演習編」の2つに分け、前者を1年次前期、後者を後期の履修とし、1年次の9月の教職専門実習Ⅰを間に挟んで、1年を通じた学びで理論と実践の往還を図ることとしています。
                  6.クラス編成は学部新卒院生と現職教員院生の混成を基本とし、科目のねらいや内容に応じて別クラス編成としています。クラス規模は20人を基本とし、科目のねらいや内容に応じて小グループやコース合同でクラス編成を行っています。
                  7.院生の学びを広げ、深めるための「選択科目」は、本研究科の専任教員に加え、本学大学院教育学研究科専任教員も担当しています。開設科目数は約30科目です。また、教育学研究科の開設科目を受講することもできます。
                  8.国際性を涵養するための海外研修プログラムや英会話講座など正規の教育課程外の活動や教員研修留学生、研究生の受け入れを行っており、グローバル社会で活躍できる教員としての資質向上をめざす環境が整っています。
                  【長期履修学生について】
                   標準修業年限は2年ですが、職業を有している等の理由により、1年間に修得できる単位数が限られ、標準修業年限以上の修業を余儀なくされる場合は、本人の申請に基づき審査の上、長期履修学生として標準修業年限を超えて計画的に履修することを認め、かつ、その間の授業料負担を軽減することがあります。許可する修業年限は3年または4年です。
                  【短期(1年)履修型について】
                   「短期(1年間)履修」は、1年間フルタイムで授業に専念できる教員(教育委員会から派遣される教員、大学院修学休業制度を利用する教員等)で、かつ教職専門実習10単位を履修したものとみなすことのできる教職経験と力量をもつ教員に対して、昼間及び夜間開講科目等を履修することによって1年間で修了できる制度です。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  連合教職実践研究科では、教育の理論と教職の実践との架橋を通じて、教職に関する高度な専門的知識と実践的指導力を統合的に有する教員となるために、以下の能力を修得することを修了認定の基準とします。
                  1.教師として教育の現状や課題を多様な文脈から読み解く力と今後のあり方を構想する力
                  2.教職に関する高度な専門的知見に基盤をおいた実践的指導力
                  3.自己の職能を向上させるための実践に基盤をおいた自己省察力と研究開発力及び組織運営能力
                  4.豊かな人間性、社会性と高い職業倫理にねざした職務遂行力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野