ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部(学校教育教員養成課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  学校教育教員養成課程 4年 学士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  本学教育学部は、教員養成大学としての使命と教育目的等に沿った以下の資質・能力を積極的に培うことを目指して、教育課程を編成・実施します。
                  1.教職科目、実地教育科目などを初年次から系統的に履修することで、教師として備えるべき倫理観、規範意識、人権意識を身につける。
                  2.教職科目、実地教育科目などを履修して、教職に必要な知識や技能を実践的に学び、子どもを理解する力、生徒指導のための知識・技能、子どもの成長・発達についての理解を深める。
                  3.卒業論文及び専攻専門科目を履修することで、専門的な知識・技能を修得し、自らの関心や問題意識にもとづいて思考し探究する姿勢を身につけるとともに、教職科目・実地教育科目を履修することで、教育実践へ展開できる力を培う。
                  4.基礎科目、教養科目などを履修することで、思考・判断の基礎となる教養と感受性を培い、思考し表現する力を養う。
                  5.教養科目、実地教育科目などを履修することで、豊かな人間性と社会性、常識と教養、コミュニケーション力などを身につけ、主体的に協働できる力を養成する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  【教育課程の特色】
                   京都教育大学教育学部では、社会人として基本に備えるべき「人間形成群」をはじめとする教養科目や各分野における専門科目に加え、教員養成として必須の教職科目や教科教育科目等による教育課程をもっています。近年とりわけ重視しているのが実践的な指導力の向上であり、実際の教育現場に関わる実地教育科目を1回生から4回生まで配置しており、1回生では京都府・京都市教育委員会との連携による「公立学校等訪問研究」を通じて小学校を中心とした学校現場の実情を幅広く学びます。2回生からは特別支援学校を含む幼稚園・小学校(2校)・中学校(2校)・高等学校の7つの附属学校園を有する利点を生かしつつ、「附属学校参加実習」(2回生)という形態での実習を経た後、3回生、4回生で本格的な「教育実習」を経験します。さらに正規の実習以外に、京都府・京都市教育委員会との連携のもとに各公立学校園からの依頼に基づき現場でのボランティア活動なども実施しています。理論面と実践面の両面からの学びを通じて、高度な専門性を有する教員の養成をめざしています。
                   また、平成26年(2014年)度より、「6年制教員養成高度化コース」を開設しました。学部4年と教育学研究科2年とを一貫させ、理論に裏付けられた実践的指導力強化のためのものです。

                  【教育学部履修要領】
                   本学教育学部は、教員養成大学としての使命と教育目的等に沿った人間形成を行うために、次に掲げる能力・力量を積極的に培うことを目指して教育課程を編成・実施します。所定の単位(135単位)を修得した者に学士(教育学)の学位を授与します。
                  (1)共通教育科目
                   普遍的な学問的視点や多面的・総合的なものの見方、考え方を身に付けた教養ある社会人を育成することを目的として設置しています。
                   ①基礎科目及び②教養科目に区分されており、その最低修得単位数は、全専攻共通で、合計22単位です。
                   ①基礎科目
                   「日本国憲法」、「基礎セミナー」、「情報機器の操作」、「外国語」及び「体育」の5区分に区分されており、合計14単位を修得しなければなりません。
                   「基礎セミナー」は、大学初年次教育の一環として大学における学習への円滑な移行を目指して、「大学での学び方」について焦点化します。
                   「外国語」は、多様な価値観、異なる歴史・文化をもった人々とのコミュニケーションや相互理解のための科目として必修外国語科目を設定しています。
                   ②教養科目 
                   基本的な考え方、歴史、現代社会や日常生活との関わりなどを身に付けられるよう、「人間形成」、「社会・文化と人間」、「自然と人間」及び「その他」の4区分に区分されており、合計8単位を修得しなければなりません。
                  (2)専門教育科目
                   専門教育科目は、①教育課題対応科目、②教職に関する科目、③教科に関する科目、④専攻専門科目(発達障害教育専攻は“特別支援教育に関する科目”を含む)及び⑤卒業論文に区分されており、最低修得単位数の内訳は、所属専攻及び「主免校種」(小学校主免、中学校主免など)に応じて定められています。
                   ①教育課題対応科目 
                   教員養成においては、様々な教育課題への対応と教育実習の充実が重要であるとされています。そのため、教育の諸課題に対する対応力を育成すると共に、教育実習に臨む事前の教育(実地教育科目)を含め「教育課題対応科目」を設置しています。最低修得単位数及びその内訳は、「主免校種」に応じて異なります。
                   実地教育科目については、別途記載しています。 
                   ②教職に関する科目
                   最低修得単位数及びその内訳は、所属専攻及び「主免校種」に応じて異なります。
                   教育実習は、本学附属学校園等において実施します。教育実習に参加する学生は、教育実習が幼児、児童、生徒の学習や人格形成などに大きな影響を及ぼすことを自覚して、共通教育科目、専門教育科目を履修し、十分な学力を身につけておく必要があります。    
                   ③教科に関する科目
                   最低修得単位数及びその内訳は、所属専攻及び「主免校種」に応じて異なります。
                   ④専攻専門科目
                   各自が選択した「主免校種」に応じた教育課程で定められている授業科目及び単位数を修得しなければなりません。なお、発達障害教育専攻においては、専攻専門科目に特別支援教育に関する科目が含まれています。
                   ⑤卒業論文
                   卒業論文(一部の専攻においては、論文形式を取らないこともあります)6単位を修得しなければなりません。
                  (3)「選択」
                   所属専攻及び「主免校種」に応じて「選択」欄で定められている単位数を修得しなければなりません。選択にあてる科目は、それぞれの学修目的によって、共通教育科目、専門教育科目、自由科目のいずれの範囲からも自由に選択できます。
                  (4)自由科目
                   自由科目として、学校図書館司書教諭や学芸員の資格取得科目、外国語のスキルアップのための科目などを開設しています。資格取得や個々の興味、関心に応じて、履修することができます。
                  (5)得意分野パッケージ科目
                   各自の履修目的や意欲により選択することができる「得意分野パッケージ」科目を設定しています。各自の興味・関心も含めた履修目的に応じ、主体的に履修することを奨めます。「パッケージ履修証明書発行要件」を満たした者は、申し出により、「得意分野パッケージ科目履修証明書」の交付を受けることができます。
                  ◎実地教育科目のねらいと概要
                  <1年次> 【公立学校等訪問研究】
                   -教育についての基礎的な認識と教職への心構え-
                  この授業は、京都府市の幼・小・中・高等学校、盲・聾・特別支援学校およびいくつかの教育関連施設への訪問を中心に実施する、大学における最初の実地教育科目です。オリエンテーションでは、実地教育を履修する上で、最低限身につけておくべき知識・教養・マナーを学びます。また、訪問する学校や教育関連施設では、教職員の仕事や施設の果たす役割などについての説明を受けたり、参観を行うことにより、高校までのように児童・生徒の立場での「学ぶ側」の視点ではなく、将来の教師として「教える側」に立った新しい視点で、教師の仕事や施設を理解するとともに、“教職”への心構えを持つようになることを目指しています。この一連の訪問を通して獲得する知識は、次年度以降の本格的な実地教育科目を履修する上での基礎となります。
                  <2年次>【附属学校参加実習】 -附属学校での子どもの理解-
                  この授業は、3年次での教育実習(主免実習)を行う前の準備の学習として、附属学校園で実施します。ここでは、実際の学校教育の場に入って、学校の教育・学習活動を実際に体験することを通して、子どもを理解し、教育実習をより充実したものにすることがねらいです。この授業までは、「学生」という立場で子どもと関わることになりますが、各々の附属学校園の特色ある教育方針、規則をよく理解し、課題意識を持って教育活動等に積極的に参加することが求められます。
                  <3年次>
                  【主免教育実習】 -教員として必要な基礎的な教育実践力の習得-
                  主免実習は、これまでに、大学での講義や実習・演習等で学んできた教育理論や教科に関する専門的知識と、実地教育科目を通して「学生」の立場で得た経験的な知識を総合し、基礎的な指導力をつけることを目指して、附属学校園で実施します。この実習で、初めて「先生」の立場にたつことになり、授業だけでなく、学校生活のあらゆる場面で子どもと接することになります。したがって、子どもへの影響力という意味において、これまで以上に責任ある行動が求められ、体力的にも精神的にも厳しい場面に直面する機会が増えますが、それと同時に“充実感”も味わうことになります。多くの人がこの実習を通して、将来の職業としての“教師”を強く意識することになります。
                  【介護等体験】【介護等体験事前教育】
                   -障がい者・高齢者に対する理解-
                  介護等体験は、附属特別支援学校および社会福祉施設等で実施します。この体験は、「主免教育実習」とともに、普通教員免許状を取得するための必須条件となっています。
                   ここでは、障がいやその他の理由で特別なサポートを必要とする子どもの存在と「子どもの発達」の多様性を知ること、また多様な人生や価値観をもつ家族や地域の人々と積極的にかかわる力をつけることを主なねらいとして設定されています。この体験を通して獲得する知識や姿勢は、他の実地教育科目では獲得できない貴重なことがらが多数ありますので、真摯かつ積極的な姿勢で体験に臨むことが求められます。
                  <4年次>【副免教育実習】 -異なる校種での教育実践力の習得-
                   副免実習は、「主免実習」を行った校種とは異なる校種の附属学校園で2週間の実習を行います。異なる校種の児童または生徒と接することにより、子どものライフステージにおける主免許の校種の位置づけが明確になり、子どもの発達段階を見とおした教育実践を行えるようになることを目的としています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  京都教育大学は、「人を育てる知の創造と実践を担う大学」として、不断の研究を基盤とした質の高い教育を通じて、責任と使命を自覚した実践力のある教員を養成し、教育に関する新しい知の創造と実践によって地域及び国際社会に貢献します。本学教育学部は、教員養成大学としての使命にしたがって、所定の単位を修得し、教師となるにふさわしい以下の要件を満たす者に学士の学位を授与します。
                  1.教師としての使命感、情熱、倫理観や人権意識を持ち、常に学び続ける強い意欲を有している。
                  2.教育や教職に関わるさまざまな知識や技能を有し、子どもの特性や心身の状況を理解して、誠実に子どもと関わることができる。
                  3.教科等に関する専門分野において高い知識・技能を修めるとともに、新たな学びを展開できる実践的指導力を有し、自らの関心や問題意識にもとづいて思考し、探究できる。
                  4.深い教養や豊かな感受性にもとづいて、思考・判断・表現することができる。
                  5.豊かな人間性や社会性、常識と教養、コミュニケーション力などを有し、地域社会や同僚などと主体的に協働して、新たな課題に対応できる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可847,800円

                  転学部・編入学情報補足


                  検定料 30,000円(出願時)
                  入学料 282,000円(入学手続時)
                  授業料(年額) 535,800円(入学後2期に分け、4月・10月)
                  ・その他、学生教育研究災害障害保険等に加入をしていただきます。

                  専攻分野

                  その他専攻分野