ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  理工学研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  機械システム工学専攻 2年 修士(工学)
                  電気電子システム工学専攻 2年 修士(工学)
                  量子線科学専攻 2年 学士(理学)、学士(工学)
                  理学専攻 2年 修士(理学)
                  情報工学専攻 2年 修士(工学)
                  都市システム工学専攻 2年 修士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   ディプロマ・ポリシーに示す教育目標を満たすための教育課程編成の方針を以下に示す。

                  ①(専門分野の研究遂行能力)
                  専門とする学問分野で求められる知識と技能に基づき、研究を遂行する能力を育成するため、演習、実習を中心とした専門科目を開講するとともに、複数指導教員制の下での組織的な研究指導を行う。

                  ②(専門分野の課題解決能力)
                  専門とする分野の科学技術全体における位置付けを理解するとともに、課題を発見し解決しうる能力を育成するための科目を開講する。

                  ③(人間社会の俯瞰的理解)
                  人文科学や社会科学の要素を含む大学院共通科目の履修を修了要件とすることで、専門とする科学技術のあり方を異なった立場から多角的にとらえることができる能力を育成する。

                  ④(説明・情報発信能力)
                  人文科学や社会科学の要素を含む大学院共通科目の履修を修了要件とすることで、研究成果の人間社会の中での位置付けを理解して専門外の人にも説明できる能力を育成する。

                  ⑤(地域活性化に貢献する姿勢)
                  近隣に位置する先端的科学技術研究機関、企業及び茨城県等の自治体と連携することで、地域の活性化に取り組む姿勢を育成する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   茨城大学大学院理工学研究科博士前期課程では、茨城大学大学院博士前期課程修了者として身に付ける知識、能力、姿勢に加えて、以下の能力、姿勢を身に付けることをもって、修士(理学)又は修士(工学)の学位を授与する。

                  ①(専門分野の研究能力)
                  専門とする科学・技術の分野に求められる知識と技能に基づき、研究を遂行する能力
                  ②(専門分野の課題解決能力)
                  専門とする科学・技術の分野における課題を発見し、解決しうる能力
                  ③(人間社会の俯瞰的理解)
                  人間社会における科学・技術の位置付けを理解できる能力
                  ④(説明・情報発信能力)
                  携わった研究・技術開発の人間社会の中での位置付けを理解し、専門外の人にも説明できるとともに、社会一般に情報提供しうる能力
                  ⑤(地域活性化に貢献する姿勢)
                  専門の研究・技術開発に携わることにより修得した課題解決能力を活かして地域の活性化に取り組む姿勢

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野

                  理工学研究科博士前期課程は、2018年4月より、「理学専攻」、「量子線科学専攻」、「機械システム工学専攻」、「電気電子システム工学専攻」、「情報工学専攻」、「都市システム工学専攻」の6専攻に改組しました。
                  詳細は、理工学研究科のホームページをご覧ください。

                  http://www.gse.ibaraki.ac.jp/index.html