ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医工農学総合教育部(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  工学 3年 博士(工学)、博士(学術)
                  ヒューマンヘルスケア学 3年 博士(看護学)
                  統合応用生命科学 3年 博士(農学)、博士(生命医科学)、博士(生命工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○ヒューマンヘルスケア学専攻
                  大学院博士課程(ヒューマンへルスケア学専攻)の教育目標は、「人間を身体・心理・社会的側面から包括的に捉え看護・保健・医療・ 福祉に貢献できる研究課題の探求、ヒューマンへルスケアにかなった実践・研究・教育方法の開発・構築を行い、看護学の発展に寄与できる人材の育成」です。この教育目標の達成のため、次のような教育課程を編成し実施しています。科目は、看護学・医学・工学・教育人間科学の諸学を基盤としているため、特論は生命倫理学・環境心理学・基礎看護学・臨 床看護学・精神看護学・母子看護学・家族看護学・健康人間学・健康行動科学・家庭健康学・保健教育学・健康運動学・バリアフリーデザイン学・ユニバーサル デザイン学などで構成し、幅広く選択できます。基礎看護学、臨床看護学、精神看護学、母子看護学、家族看護学のうち、自己の研究にかなった領域の特論・特別演習・特別研究の一連の科目を修得します。創造性・独自性のある研究計画書を作成し、計画にそって調査や実験を実施後、研究成果を論文としてまとめて提出します。

                  ○工学専攻
                  産業界や学術機関において研究者、高度専門技術者として活躍できる博士人材を育成するために次のカリキュラムを実施します。
                  ①大学院共通科目
                  高度専門職業人が備えるべき倫理感を習得するための「科学者倫理学」および医工農の学際的な知識を身につけるための「医工農総合特論」 を必修とします。
                  ②工学専攻共通科目
                  工学系の幅広い見識と俯瞰的なものの見方および物理学、数学、現象哲学など多様な分野を総合して現象を理解するための「機能の現象学特論」およびリスク管理や危機管理において実務に直結する実践的な知識を習得するための「リスクマネジメント特論」を必修とします。
                  ③専門科目
                  当該分野の基幹技術に関する広範かつ高度な専門知識および専門応用能力を修得するため の科目をコース専門科目として開講します。
                  ④関連科目
                  俯瞰的な知見や専門応用力を培うために関連する他分野の科目を履修することができます。

                  ○統合応用生命科学専攻
                  本専攻では、農学・医学・生命工学の共通基盤となる生命科学の統合的な知識と俯瞰的視野を修得させるため専攻共通科目として「統合応用生命科学特論」を、共通テーマである「健康」に関する理解を深めるために「ヘルスサイエンス特論」を設定するとともに、コース専門科目の分野横断的な履修を可能とした。また、4年制医学系専攻や工学系専攻が開講する専門科目のうち、本専攻の学生に履修を推奨する科目を関連科目として指定した。これによって、医工農の3分野を俯瞰する視野を身につけさせ、各分野の知見と技術の「統合力」と「応用力」を涵養する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPを参照

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ○ヒューマンヘルスケア学専攻
                   大学院博士(ヒューマンへルスケア学専攻)では、「看護・保健・医療・福祉に貢献する研究課題を探求し、ヒューマンへルスケア学にかなった実践・研究・教育方法の開発・構築ができる人材の育成」を目的とし、教育課程が構成されています。所定の履修単位を修得した学生には、本学の教育目標を達成したと認め、今後さらなる研鑽を期待して博士(看護学)を授与します。

                  ○工学専攻 
                  工学専攻では所定の期間在学し、各コースが設定した分野の履修要件に基づき合計14単位以上修得し、医工農総合教育部が行う学位論文の審査及び最終試験に合格した学生に博士(工学)あるいは博士(学術)の学位を授与します。学位論文は、工学専攻委員会(教授会)の議を経て決定された6名で構成された審査委員会が審査を行ういます。また、最終試験においては、専攻分野に関する専門知識に加え人材育成目標に掲げる医工農学の俯瞰力、科学者としての倫理観、グローバルコミュニケーション力および高度専門職業人としての能力について審査します。学位審査及び最終試験の合格判定は工学専攻委員会が行います。

                  ○統合応用生命科学専攻
                  学生は大学院医工農学総合教育部の理念及び統合応用生命科学専攻のカリキュラムポリシーに沿って学修し、各コースが設定した履修基準に基づき合計 14 単位以上を修得した上で、学位論文審査及び最終試験を受ける。論文審査委員会は、統合応用生命科学専攻の各コースが以下に掲げるディプロマポリシーに基づき、博士論文の内容と最終試験の結果を評価する。その結果、「合格」と判定された学生に博士の学位を授与する。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足

                  ※医学領域 否
                  ※工学領域 可
                  (転専攻等)
                  本学大学院(教職大学院の課程を除く。)の学生で、他の専攻及びそれに設置されるコースへ転専攻、転コースを志願する者については、当該研究科委員会、又は教育部教授会の意見を聴いて、許可することがある。

                  専攻分野

                  その他専攻分野