ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  生命環境学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  地域社会システム学 4年 学士(社会科学)
                  生命工学 4年 学士(生命工学)
                  地域食物科学 4年 学士(農学)
                  環境科学 4年 学士(環境科学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大学HPを参照

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  生命工学科

                  生命工学科ではバイオテクノロジーによって解決すべき課題を自らの力で見出し、それらの課題を高い創造性をもって解決できる能力を備えた技術者、研究者等の養成を目指しています。このため、全学的に定められた教養と汎用能力に加えて、以下の専門知識・スキルを身につけた学生に学位を授与します。

                  生命工学科卒業生が備えるべき専門知識・スキル
                  •知識
                  ・生命工学の基礎となる生物学、化学、物理学についての基礎知識を修得している。
                  ・生命工学分野全般にわたる基礎知識に基づいた専門知識を修得している。
                  •理解・検証
                  ・生命工学分野における専門的な最新の研究内容を説明できる。
                  ・生命工学分野の専門的な実験技術を修得し、専門的な課題を論理的に整理・検証できる。
                  •実践力
                  ・生命工学分野の専門的な知識と技術を応用し、新しいバイオテクノロジーへ活用できる。
                  ・生命工学分野における専門的な研究を遂行し、課題を整理し論理的思考により解決できる。

                  地域食物科学科

                  地域食物科学科では、果樹や野菜等の農作物の栽培、食品加工の科学的理解、有用成分の分析・栄養的価値などの食物科学や農学に関する専門知識・技術の全体像を学び、食料生産に関する産業に従事できる人材の育成を目的としています。このため、全学的に定められた教養と汎用能力に加えて、以下の専門知識・スキルを身につけた学生に学位を授与します。

                  地域食物科学科卒業生が備えるべき専門知識・スキル

                  専門力に関する小項目
                  •食物に関して、原料から加工、栄養までの大きな流れを体系的に説明できる。
                  •地域産品をはじめとした栽培植物などの栽培・利用技術の基本が理解できる。
                  •食品加工における微生物の機能・役割を理解できる。
                  •食品における加工・分析の重要性を理解できる。
                  •食料生産と人類の健康維持との関係性の基本が理解できる。

                  環境科学科

                  環境科学科では、環境に関する自然科学の知識を基礎とした自然環境と人間社会の共生を目指し、主として自然科学的な方法によって食料問題や環境問題をとらえ、環境調和型の人間活動を基盤とする地域社会の持続的な繁栄に貢献できる人材の育成を目指しています。このため、全学的に定められた教養と汎用能力に加えて、以下の専門知識・スキルを身につけた学生に学位を授与します。

                  環境科学科卒業生が備えるべき専門知識・スキル
                  •環境中に展開する物理・化学・生命現象と地球の仕組みを説明できる(知識・技能)
                  •環境問題の背景と概要を、その歴史、原因、対策などから説明できる(知識・技能)
                  •環境に関するデータを取得・解析し評価した上で可視化できる(知識・技能)(思考力・判断力・表現力)
                  •学びを通して自分と社会の結びつきを自覚し説明できる(思考力・判断力・表現力)(主体性・協働性)
                  •他者と協調・議論しながら思考を深めることができる(思考力・判断力・表現力)(主体性・協働性)

                  地域社会システム学科

                  地域社会システム学科における教育プログラムでは、「経済運営・企業経営・行政運営の3つの分野のコラボレーション(共創と進化)を通じて地域社会の潜在力をマネジメントすること」(社会経営)に関する理論と実践をバランスよく学ぶことによって、地域社会や職場で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎力を育成し、人と人や人と自然との共生および持続可能な社会の繁栄のための新たな発展モデルの確立や、国際的な視座と地域密着の姿勢を両立させながら社会のマネジメントを担う能力を持つ人材の育成を目指しています。このため、全学的に定められた教養と汎用能力に加えて、以下の専門知識・スキルを身につけた学生に学位を授与します。

                  地域社会システム学科卒業生が備えるべき専門知識・スキル
                  •地域資源調査の理論と実践の基礎
                  ・地域資源・産業に関する諸要素と、実態把捉のための調査・統計手法の基礎知識を修得し、これを用いて地域の現状を把握できる。
                  •社会科学系の基礎
                  ・社会のしくみを体系的かつ多面的に理解し、社会科学の基礎的な概念を用いて説明できる。
                  •経営学の基礎と発展
                  ・地域経営、企業経営、組織経営に関する基礎的な専門知識を修得し、これを用いて、営利・非営利の継続的事業体が直面する諸問題の構造分析・解決策の展開とその効果測定の方法を説明できる。
                  •法律学の基礎と発展
                  ・国家規範の構造・制定法の基礎にある様々な価値観や法の支配、適正手続、所有権の保護、契約自由等の法原理を理解したうえで、社会や地域の特徴を、法学的な観点から把握できる。
                  •政治学の基礎と発展
                  ・市民として政治を観察し、それに積極的に関わってゆくための思考力と判断力の基礎を修得し、地域や社会の在り方を決める構成要素とその特徴を、基礎的な専門知識を用いて説明できる。
                  •経済学の基礎と発展
                  ・経済活動の仕組みや市場の役割を理解し、経済政策や制度の意義を基礎的な専門知識を用いて説明できる。
                  •観光政策科学の基礎と発展
                  ・観光産業、観光行政の仕組みやそれが地域経営に果たす役割を理解し、観光にかかわる国内外の市場や政策の分析、観光地経営や観光まちづくりに向けた計画の立案、観光経営の特徴や課題、展開について、基礎的な専門知識を用いて説明できる(観光政策科学特別コースに限る)
                  •課題解決の意欲と態度
                  ・地域社会で生じる諸課題を発見し、その課題の解決に向けて、多様な観点から考察し、その考え方を表現できる。
                  ・地域資源を活用した地域社会の再生と活性化に、自ら積極的に関心をもち続けることができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野