ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  学校教育研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                   平成31年4月から,教科・領域の専門性と,教職実践がともに学べる全教科型教職大学院に変わります。
                   専門職学位課程では,現職教員や学卒学生のキャリアや学修ニーズ応じて,教職系科目と教科系科目を選択できる専門的知識の幅広い学び,教育実践と理論的学修を融合させる学び,そして生涯にわたって教育実践と省察を往還させる学びを提供します。

                  公式ウェブページURL
                   http://www.naruto-u.ac.jp/

                  以下の掲載情報は,平成30年度の最新情報になります。

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  高度学校教育実践専攻 2年 教職修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  本学の理念・目的と専門職学位課程の教育目標を達成するために,カリキュラムを次のような基本的な考え方に基づいて編成し実践します。

                  (1)カリキュラムの編成
                  教職に関する専門的知識の幅広い学び,教育実践と理論的学習を融合させる学び,継続的な教育実践と省察を往還させる学びを展開できるように,共通科目,専門科目,実習科目を系統立てたカリキュラムに構造化します。また,新人教員及びニューリーダーからリーダーまでの養成する人材の拡充に適合した幅広いキャリアに応じたカリキュラムを編成します。

                  (2)教育の実施体制
                  本学教員が高度専門職業人としての教員を養成する使命を自覚し,学校教員の教職実践力についての観点や内容を共有し,協働する体制で教育を進めます。また,学生の異なるキャリアにおける経験と知識と知恵の相互交流を活性化させて,学生が互いに学び研鑽し合う学習環境の調整に努めるとともに,学び続ける教員としての資質能力を習得できる支援体制を整えます。

                  (3)教育の評価体制
                  全授業科目において,本学の理念・目的に沿い,高度専門職業人としての教員を養成するための到達目標を定め,到達目標並びに成績評価の基準・方法を学生に周知します。また,到達目標に基づき,教育課程において高度専門職業人としての教員の有すべき知識・技能を習得できたかについて本学教員・学生の双方が評価を行い,その結果を検証することによりカリキュラムの評価・改善を図り,教育の質の保証に努めます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  専門職学位課程(教職大学院)では,現職教員学生,学卒学生,それぞれのキャリアに応じたきめ細かい教育を行います。また,実務家教員と研究者教員がチームワークを発揮して指導を行うのが特徴です。

                  <カリキュラムの魅力ある5つの特色>
                  ●幅広く,体系化されたカリキュラムで学びます
                  ●3つの力(教育実践力,自己教育力,教職協働力)からなる教職実践力を磨きます
                  ●クロス・キャリア・ラーニングで学びを深めます
                  ●可視化された到達目標で見通しを持って学べます
                  ●実習科目を主軸としたOJTにより真の実践力を高めます

                  <充実した教育体制で質の高い教育を保障>
                  ●学校現場の教育活動や学校経営等の改善に連動
                  ●実務家教員と研究者教員をバランスよく配置
                  ●学校のニーズに応える4つの教職実践プログラム

                  さらに,専門職学位課程(教職大学院)では,大学院に3年間在学し,小学校教員免許状と教職修士の学位を取得できる「小学校教員養成長期プログラム」を開設しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  本学では,修学の成果の評価と認定に係る基準として専門職学位課程における学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を次のように定めます。

                  1.本学の教育課程において,所定の単位を修得し,以下に示す高度の教職実践力を習得し,専門職業人としての資質能力が養われたと判定されること
                  ①教育実践に関する経験知・実践知とともに幅広い専門的知識や技能を活用して多様な教育課題に対応できる教育実践力
                  ②実践の省察をふまえ,あるべき教員像に向けて自主的・継続的に学び続けることのできる教員としての自己教育力
                  ③自己の教育実践だけでなく,教職員と協働して,学校組織における教育活動を活性化させる教職協働力

                  2.本学の教育課程において,教育課題の解決に関する理論的探究と実践研究を行い,最終成果報告書にまとめ,審査に合格していること

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野