ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  経済学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  経済学 2年 修士(経済学)
                  経営学 2年 修士(経済学)
                  市場環境学 2年 修士(経済学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   経済学研究科では、ディプロマ・ポリシーに基づき、次のように教育方針を定める。
                  1.深い学識を追求することができるように、学部の学科の上に次のような3専攻を設置する。
                   1.経済学専攻では、経済社会を理論、政策、応用分析という側面から学習する。
                   2.経営学専攻では、社会に存在する様々な組織体のマネジメントを経営、会計、情報という側面から学習する。
                   3.市場環境学専攻では市場を取り巻く様々な環境について、流通、経済環境、法律という側面から学習する。
                  2.厳密な学問的方法を追求することができるように、統計や情報などの定量的方法を用いる授業と、歴史や思想などの定性的方法を用いる授業とを開設する。
                  3.幅広い見識を追求することができるように、専攻開設科目と専攻共通科目とを設置し、後者にはリテラシー科目、サテライト科目、キャリア・デザイン科目、実習科目を設置する。
                  4.高度な分析能力を身につけ、意思決定を行い、学問的貢献に資することができるために、多くの授業は少人数による演習形式で行う。
                  5.一定期間専門研究科目を連続して履修し、指導教員と副指導教員とによって、研究推進過程と学生の能力とを確認する。
                  6.学生が公開で研究報告を行い、質疑応答する機会を開設する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   経済学研究科では、経済のグローバル化が進み経済社会の潮流が急速に変化するなかで、この潮流と対峙し分析し新たな時代を切り開いていく要件を満たすものに対して、修士(経済学)の学位を与えるものとする。具体的な要件は次である。

                  1.深い学識、厳密な学問的方法、幅広い見識を修得すること
                  2.高度な分析能力を有すること
                  3.経済・経営学を基盤とした意思決定を行うこと
                  4.学問的貢献に資すること

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野