ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  経済学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  経済学 4年 学士(経済学)
                  ビジネスマネジメント学 4年 学士(経済学)
                  市場環境学 4年 学士(経済学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   経済学部では、ディプロマ・ポリシーにおいて定めた必要な能力を修得させるため、和歌山大学カリキュラム・ポリシーに基づき、以下の教育課程(カリキュラム)を編成・実施します。

                  1.学生が4年間を通して幅広い教養と高い倫理性を身につけることができるように、全学共通教養科目、外国語科目、保健体育科目などの教養科目を配置します。
                  2.学生が経済学における基本的な学力を身に付けられるように、経済学、統計学の基礎を学ぶ授業科目を必修科目として配置します。
                  3.学生が社会科学の専門的な学力を身に付けられるように、経済学・経営学・会計学・情報学・法学などの複数の専門領域の授業科目を包摂するプログラム及びコースを設定します。そしてプログラム及びコースには,学生が専門的な知識に関する理解を深め、領域横断的に活用できるようになるための授業科目を配置します。
                  4.学生が関係主体と対話しながら、主体的に学び、創造し、実践した成果を結実させることができるようになるために、学生自身が学修目標と計画とを立て、それらの経過を確認する授業科目を必修科目として配置します。
                  5.学生の対話能力、創造力、実践力を涵養するために、4年間を通した少人数の授業科目と、社会のさまざまな関係主体の協力に基づく授業科目を配置します。
                  6.学生の主体性を育むために、少人数クラスの担当教員(メンター)及びキャリア教育担当教員のサポートの下で、学生自身に学修目標を設定させ、計画を立案させます。少人数クラスの担当教員が学修の経過を確認します。
                  7.各授業科目における学生の学修成果は、授業担当教員がシラバス等の到達目標に応じて、試験、レポート、審査、口頭試問などを通じ適切な方法を用いて評価します。学生の計画に沿った学修成果は、教務委員会と少人数クラス担当教員が把握します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   和歌山大学のディプロマ・ポリシーに基づき、 経済学部の教育目標を達成するうえで必要な、以下の条件を満たした者に対して卒業を認定し、学士(経済学)を授与します。

                  1.幅広い教養と高い倫理性を身につけている。
                  2.経済学における基本的な学力を身につけている。
                  3.卒業後の進路において必要な社会科学の専門的な学力を身につけ
                    ている。
                  4.社会におけるさまざまな経済活動に関する問題の解決を図るために
                    必要な主体性を身につけている。
                  5.社会のさまざまな関係主体と対話しながら現実的問題の発見・解決
                    を図るための、対話能力、創造力、実践力を身につけている。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可30,000円

                  転学部・編入学情報補足

                  欠員のある場合に限り. 選考のうえこれを許可
                  3年次編入試験入学検定料

                  専攻分野

                  その他専攻分野