ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  システム工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  情報通信システム学 4年 学士(工学)
                  精密物質学 4年 学士(工学)
                  システム工学 4年 学士(工学)
                  光メカトロニクス学 4年 学士(工学)
                  環境システム学 4年 学士(工学)
                  デザイン情報学 4年 学士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   システム工学部は、ディプロマ・ポリシーにおいて定めた必要な能力を修得させ、その教育目的を達成するために、和歌山大学カリキュラム・ポリシーに基づき、以下の科目により構成されるカリキュラムを編成します。
                  1.教養科目
                    幅広い教養と高い倫理性を身につけるよう全学が提供する教養科目を設置します。
                  2.専門科目
                    技術者・研究者としての専門性を培い、複数分野にまたがる応用可能な専門知識、技能を身につけるために設置します。
                    ・導入・基礎科目:広範な視野を必要とするシステム工学の学修の準備として、1年次に設置します。
                    ・第1メジャー科目:主たる専門知識・技能を修得させるために設置します。
                    ・第2メジャー科目:分野を横断する専門知識・技能を修得させるために設置します。
                    ・専門選択科目・その他メジャー科目・自由選択科目:視野を広げ、広範な専門的知識を修得させるために設置 します。
                  3.卒業研究
                    主体的な活動によりこれまでに身につけた専門知識と技能の応用力を高め、専門知識に裏付けられた論理的思考力を培うとともに、その思考過程や作業過程および得られた結論の妥当性を論理的に説明する能力を修得させるために設置します。
                    教養科目については、全学が定める基準と方法により評価します。専門科目と卒業研究については、シラバス等に記載された到達目標に応じて、試験、レポート、審査、口頭試問、研究発表などを通じて評価します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   和歌山大学ディプロマ・ポリシーに基づき、システム工学部では、以下の能力を修得し、学部の定める審査を経た者に対して学士(工学)の学位を授与します。
                  1.理工学における複数分野を横断し俯瞰する専門的な知識を身につけ、時代の要請に応えるためにその知識を活用する能力
                  2.基礎学力および獲得した専門知識を活かした主体的な学修により自らの専門的思考力や技能を高めていく能力
                  3.自らの思考過程、作業過程、成果およびそれらの妥当性を論理的に説明する能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可30,000円

                  転学部・編入学情報補足

                  欠員のある場合に限り、選考のうえこれを許可
                  3年次編入試験入学検定料

                  専攻分野

                  その他専攻分野