ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  システム工学研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  システム工学 2年 修士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   工学の多様な分野でこれまでに生み出されてきた技術を発展させるとともに、それらを融合した新しい領域の工学の展開を図ることができる人材を育成するために、以下のようなカリキュラムを編成する。
                  1.専門科目
                  システム工学の各専門領域および複合領域を専攻し、学修するために設置する。既成の専門分野にとらわれずに分野横断的に学修するように履修することを求める。
                  2.システム工学特論
                  専門的知識に裏付けられた論理的な思考やその妥当性を専門の異なる他者にも平易かつ論理的に説明する発表力、議論力を培うために設置する。
                  3.システム工学研究
                  身につけた専門知識、技能を展開して問題解決にあたる能力を培うために設置する。
                  4.学部科目
                  複合領域であるシステム工学を展開するにあたり、学部において培った専門性と異なる専門領域の基礎を学修させるために、システム工学部開講の専門科目の履修を認める。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に「修士(工学)」の学位を授与する。
                  1.社会の複雑な問題の解決に取り組むための広範な知識とその応用能力
                  2.高度な専門知識を自主的に学習し獲得する能力
                  3.自らの思考やその妥当性を専門の異なる他者にも平易かつ論理的に説明する能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野