ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  観光学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  観光学 3年 博士(観光学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   和歌山大学大学院観光学研究科博士後期課程では、以下の方針に従ってカリキュラムを編成する。
                  1.観光事象を理論的・実践的に研究・創造する能力を備えた実践的・社会的リーダー(「高度学術的イノベーター(highly philosophic tourism innovator)」)の養成を目指すカリキュラム編成とする。
                  2.博士論文に結実する「特別研究」を、主指導教員及び専門分野を異にする副指導教員2名以上からなる「チーム研究指導」により実施することで、観光学を構成する3つの分野(観光経営・地域再生・観光文化)から研究の到達点や水準を俯瞰することができる能力を養成する。
                  3.「特別研究」を補完する「観光学研究方法論演習(オムニバス形式)」により多様な方法論の具体的な内容と観光学研究の全体像を修得するとともに、「観光教育研究アドバイザリーボード」との連携により博士論文の完成に導く。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   和歌山大学大学院観光学研究科博士後期課程では、以下のすべての要件を備える者に対して、博士(観光学)の学位を授与する。
                  1.学際的(interdisciplinary)な学問分野である観光学の確立に向けて、従来型のリサーチワークにありがちな専門化・思考の硬直化を克服し、高度な専門性と併せて包括的な課題対応能力(ジェネリック・スキル)を備えた者。
                  2.観光学に関する真摯な学修・研究活動を行い、その成果を独自性、先見性、創造性を備えた博士論文として結実させた者。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野