ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学部(第二部)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  物質工学科(第二部) 5年 学士(工学)、学士(学術)
                  機械工学科(第二部) 5年 学士(工学)、学士(学術)
                  電気情報工学科(第二部) 5年 学士(工学)、学士(学術)
                  社会開発工学科(第二部) 5年 学士(工学)、学士(学術)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  名古屋工業大学では,「『ものづくり』『ひとづくり』『未来づくり』を理念として,将来にわたって人類の幸福や国際社会の福祉を達成する方向を示し,同時にそれに対応できる人材を育成する。」ことを教育理念としています。
                   この実現のため,以下のような観点から,教育課程を編成しています。

                  1 現象の理解・操作のための数理的基礎知識と科学的素養を身に付ける。
                  2 歴史,文化,社会への理解と技術的観点から考察する能力と技術を新しい生活につなぐ強い使命感,責任感,高い倫理観を身に付ける。
                  3 国内外の人々と対話をできるコミュニケーションカと論理的思考力を身に付ける。
                  4 基幹となる専門分野の基盤的な知識・技術と新たな知識・技術を習得する能力を身に付ける。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  第二部(夜間学部)においては、昼間働きながら大学で学びたい人たちのために設けられた5年制の大学で、第一部と同じ教員スタッフによる教育が行われ、卒業認定単位を取得すれば学士(工学)または学士(学術)が授与されます。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   名古屋工業大学学則で定める卒業認定の要件を満たすとともに,学士課程を通じて修得すべき次の知識及び能力を有する者に学士の学位を授与します。

                  1 現象の理解・操作のための数理的基礎知識と科学的素養
                  2 歴史,文化,社会への理解と技術的観点から考察する能力と技術を新しい生活につなぐ強い使命感,責任感,高い倫理観
                  3 国内外の人々と対話をできるコミュニケーションカと論理的思考力
                  4 基幹となる専門分野の基盤的な知識・技術と新たな知識・技術を習得する能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足

                  本学は単科大学のため転学部制度はありませんが、第二部から第一部への異動は認めています。ただし、審査に合格する必要があります。

                  専攻分野

                  その他専攻分野