ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学研究科(博士前期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  生命・応用化学専攻(博士前期課程) 2年 修士(工学)、修士(学術)
                  物理工学専攻(博士前期課程) 2年 修士(工学)、修士(学術)
                  電気・機械工学専攻(博士前期課程) 2年 修士(工学)、修士(学術)
                  情報工学専攻(博士前期課程) 2年 修士(工学)、修士(学術)
                  社会工学専攻(博士前期課程) 2年 修士(工学)、修士(学術)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育理念に従って人材を育成するため,以下の観点から,教育課程を編成しています。 
                  大学院博士前期課程は,学士の能力と工学の基礎知識・使命感の上に,高度な専門知識を身につけると同時に研究に取り組み,未来社会をつくりだす人材を育成します。

                  1 人間,文化,社会の課題を技術的観点から理解・考察する能力を身につける。
                   そのため,共通科目において人間,文化,社会の諸問題や工学を俯瞰的に学ぶ科目,また技術を産業や社会に結びつける科目を学習させる。
                  2 専門的課題・技術に関し,国内外の研究者・技術者と意見を交わすことのできるコミュニケーション力を身につける。
                   そのため,専門分野のセミナー,国内外での研究インターンシップ,企業実務者による講義,外国人研究者を含む英語による授業によって広い視野と高いコミュニケーション力を身につけさせる。
                  3 基幹となる専門分野の高度な知識・技術と,専門的課題を発見し,専門性の深化によってこれを解決する能力を身につける。
                   そのため,高度な専門知識・技術を身につける授業と,修士研究において専門分野の新規で有用な研究に取り組ませる。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学院博士前期課程では、「工学分野の専門知識を持ち、新たな技術を創出する高度専門技術者」を育成します。
                  社会工学専攻には、社会人を対象とした短期在学コース(修業年限が1年以上2年未満)を設けています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  大学院博士前期課程は,教育理念に従って次の高度な専門知識及び能力を有する,新たな技術創出のための技術者を輩出します。
                  名古屋工業大学大学院規則で定める修了要件を満たした学生に修士の学位を授与します。

                  1 人間,文化,社会の課題を技術的観点から理解・考察する能力
                  2 専門的課題・技術に関し,国内外の研究者・技術者と意見を交わすことのできるコミュニケーション力
                  3 基幹となる専門分野の高度な知識・技術と,専門的課題を発見し,専門性の深化によってこれを解決する能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足

                  本学は単科大学のため他の研究科への異動制度はありませんが、審査合格することにより、転専攻を認めています。

                  専攻分野

                  その他専攻分野