ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  教育実践高度化 2年 専門職修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   教育実践高度化専攻では,【共通科目】,【分野別選択科目】,学校現場での長期実習としての【教育実践プロジェクト】,理論と実践を往還する省察としての【リフレクション】を通して,学校課題を見極め協働して解決する「学校改革力」,深い学びを追求し仲間と授業研究を組織する「授業力」,特別支援教育の考え方を学習指導や学級経営に生かす「個の対応力」の三つの力を育成します。
                   三つの力を備えた総合的な教育力を養うために,現職院生と学卒院生が同じコースで学び,異世代の交流をします。現職院生は,三つの力のうち,特に強みとなる分野を獲得させるために,各自の課題に応じた分野を中心とした履修をします。学卒院生は,広い視野に立って教育活動を俯瞰し,同僚と協働しながら学校改革や授業改善を牽引できる教員となるように,三つの力を総合的に履修します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   教育実践高度化専攻では,以下の学修・教育目標に掲げた能力を身につけ,かつ所定の課程を修めた者に対して学位を授与します。修了の認定は,所定の単位修得に加え,研究科の目的に応じて修学成果を審査します。
                  (A) 教育関係諸科学についての幅広い知識を有し,自らの教育実践に生かすことができる。
                  (B) 学校現場に関する教育的課題を適切に捉え,その解決に向けて理論と実践に基づいた協働的取り組みができる。
                  (C) 教育者としての使命感と責任感をもち,豊かな人間性と幅広い視野で社会に貢献できる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可849,015円

                  転学部・編入学情報補足


                  入学検定料(出願時):30,000円
                  入学料(入学手続時):282,000円
                  学生教育研究災害傷害保険及び学生教育研究賠償責任保険保険料(入学手続時):1,215円(1年間分。2年次に編入学した場合)
                  授業料(入学後):535,800円(年額)

                  上記金額のほか、別途振込手数料が必要。
                  入学料及び授業料については、免除及び徴収猶予の制度あり。

                  専攻分野

                  その他専攻分野

                  転研究科は、「宇都宮大学大学院学則(下記抜粋)」の定めるところによる。

                  (転研究科等)
                  第23条の2 学生が転研究科を志願するときは,同一の課程内に限り選考の上,当該研究科委員会の議を経て学長が許可する。