ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する
ここから大学情報です
お気に入りリスト一覧へ

基本情報

大学の基本情報

大学名
山梨県立大学
本部所在地
山梨県甲府市 
設立年(設置認可年)
2004
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
055-224-5261
大学の種類
公立・大学(大学院大学を含む)
総学生数(学部)
1,115人
総学生数(大学院)
29人
総教員数(本務者)
122人

大学の教育研究上の目的や建学の精神

○グローカルな知の拠点となる大学
 山梨県立大学は地域に開かれた大学であり、グローカルな知(Global+Local、地球的と地域的、総合的と個別的な視点を兼ね備えた知)を創造・継承・活用することを通じて、豊かで生き生きとした社会の発展に寄与することを目指します。グローバル化が急速に進み、地域社会にも地球規模での課題解決が迫られています。環境問題の深刻化や市場原理の多様性、情報革命の明と暗、高度医療と生命倫理等々、グローバルな視野で現実をとらえながら、生活の場である地域で行動していく実践的な知が求められています。ローカルな現場でのグローバルな問題を解決するために必要なのが、グローカルな視点なのです。人類のより良い生存のためには、こうした知の創造が欠かせません。基礎的な学問研究を重視しながら、同時に、地域に生きる人々のための現代的・地域的・生活的課題に取り組む実践的研究を、県民の専門分野の人々と協働しながら促進します。

○未来の実践的担い手を育てる大学
 大学には、社会の実践的な担い手を育成することが求められています。本学が社会の第一線で活躍する有為な人材を教員スタッフに揃えたのも、大学と社会との有機的連関を重視したからにほかなりません。しかし、大学が目指す実践的人材の養成とは、すぐに役立つことを必ずしも意味しません。必要なことは、長期の広い視野で眺めたときに真価を発揮する実践的人材の養成です。このような観点に立って本学は、生命の尊厳や自己形成に不可欠な教養教育を、専門教育と同様に重視します。また、外国語を含む言語的能力を高めるためのコミュニケーション教育や、コンピュータ・情報教育の充実にも配慮しています。専門教育では、地域の現代的・地域的・生活的課題についての学習や問題を解決する実践力の養成に努めます。そこでは、専門的知識や技術の習得に止まらず、専門的科学的方法を体得し、全体を総合的に見ることが大切です。そのため、本学のカリキュラムでは、各学科ごとにコアとなる必修科目が配置され、各人が主体的に時間割を作成することによって、学問的体系が段階的にできあがるように工夫されています。また、本学では、自治会やクラブ活動などの正課外教育を重視します。学生達がそれらの自主的活動に参加することによって、自立心が高められ、様々な価値観をもつ人々と幅広く連携することを通して、社会で主体的に生きていく力が培われると考えているからです。

○地域に開かれ地域と向き合う大学
 地域の問題を解決するためには、大学と地域とが問題を共有し、協働して解決にあたることが必要です。また、大学の知的資源を地域に広く開放し、地域社会の発展に役立てたいと考えます。そのために、「地域研究交流センター」を設け、地域のニーズと大学の知的資源をコーディネートしながら、地域文化の創造、地域の貴重な文化遺産の発掘、保存、伝承に努めるとともに、生涯学習機能の充実のためにリカレント教育や社会人入学、科目履修生制度を実施します。本学は、山梨県民の強い支援によって作られた大学です。その期待に応え、山梨県の発展に寄与するとともに、山梨県から日本へ、さらに世界への貢献を目指します。

大学の特色等

本学は、地域特性や基本理念を踏まえ、社会の実践的な担い手や指導的な人材の育成、地域連携を重視し、かつ地域が抱える諸課題への対応や地域貢献の実現を目指し教育研究活動を推進している。富士箱根伊豆国立公園、南アルプス国立公園、秩父多摩甲斐国立公園と八ヶ岳中信高原国定公園に囲まれた、山紫水明の地全域をキャンパスと考え、大自然の中に身を置いて古今東西の知を学び、それを現実の社会に適用するための実践力を養っている。
 また、3学部1研究科からなる収容定員1,100人という小規模大学であることから、その特徴を活かし、きめ細かな教育を実践している。実学を重視し、専門職業人の育成を目指す人間福祉学部と看護学部、看護学研究科では、社会福祉士、幼稚園教諭、看護師、保健師、専門看護師等の優秀な人材を輩出し、地域の保健・医療・福祉等に多大な貢献をしている。また、国際政策学部では、行政機関、金融機関、優良企業等に人材を輩出し、未来の実践的担い手として関係者の期待に応えている。
 現在本学では、独自予算の他、内閣府の「地方と東京圏の大学生対流促進事業」補助金を活用し、地域研究交流センターを核として、県内各地の課題解決に取り組む教育体制を構築するとともに、若者の県内定着に取り組んでいる。
 これまでにも、人間福祉学部と看護学部の学生を対象にした「学際統合型専門職連携教育開発プロジェクト」や、国際政策学部の実践的学習を「サービス・ラーニング」という共通概念で体系化した「課題対応型SLによる公立大学新教育モデル」、「地(知)の拠点大学による地方創生事業(COC+)」、「大学による地方創生人材教育プログラム構築事業(COC+R)」が文部科学省の補助事業として採択されている。
 このように本学は地域(自治体、企業、NPO、団体等)を教育・研究のフィールドとして実践的な教育、研究活動を展開している。

教育研究上の基本組織

学部(短期大学の場合は学科)
人間福祉学部
国際政策学部
看護学部

 

研究科
看護学研究科(修士課程)
看護学研究科(博士課程前期)
看護学研究科(博士課程後期)

 

全てを表示する 折り畳む

その他の学内組織
図書館
地域研究交流センター
キャリアサポートセンター
保健センター
看護実践開発研究センター
国際教育研究センター
福祉・教育実践センター

教育研究上の基本組織に関する説明

キャンパス情報

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度の対象校か確認年月
○ 2019年9月

※対象校とは、大学等における修学の支援に関する法律に定める授業料等減免実施のための要件を満たしていることについて確認を受けた機関を指す。 要件を満たさない機関及び対象校となるための申請をしていない機関は空欄で表示される。
※対象校であっても要件に合う学生のみが支援の対象になる。

評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

全てを表示する 折り畳む

評価機関評価年月
大学機関別認証評価 独立行政法人 大学評価・学位授与機構2019年3月
評価機関評価年月
公立大学法人山梨県立大学令和2年度年度計画評価 山梨県公立大学法人評価委員会2021年9月
評価機関評価年月
公立大学法人山梨県立大学第2期中期目標期間の業務実績事前評価 山梨県公立大学法人評価委員会2020年11月

学生支援

修学支援

○学生支援メニュー
緊急情報、教育・厚生担当理事あいさつ、学生便覧、学生安全マニュアル、奨学金情報、入学料・授業料減免制度、各種手続き、情報システム利用案内、キャリアサポートセンター、図書館、後援会、同窓会のご紹介、人権委員会からのお知らせ

心身の健康に係る支援

保健センターは、学生の健康増進を図るために設けられています。精神的及び身体的な健康上の相談や健康診断を通じ、病気の予防や早期発見につとめたり、疾病の応急措置を行い、皆さんがよりよい学生生活が送れるように援助を行うところです。
◆開室時間
月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(昼休み午後1時~2時)
◆具体的内容
①定期健康診断
<意義>
・病気、身体の異常を早期に発見し早期に治療できます。(早期発見・早期治療)
・自分の健康状態を客観的に把握できます。(自己健康管理のデータ)
・健康の維持、増進のため日常生活を見直すきっかけになります。(健康学習)
<診断項目>
身体測定・検査(血圧・尿・視力・聴力・血液)・内科検診・胸部レントゲン撮影
②健康相談・健康教室
身体の相談(病気や身体の異常)、こころの健康(個人や人間関係などの問題、悩み、不安、その他なんでも気になること)について相談に応じます。個人の秘密は厳守します。また、AED講習会・栄養教室など、学生生活のヒントが得られる教室を開催しています。
③応急処置
一時的な処置のできる薬品が備えてあり、いつでも利用できます。保健センターで処置できない病気や病態については、専門医、病院を紹介します。クラブ活動で野外活動をする時など救急薬品の貸し出しも行っています。
④休養
身体の不調などで休養をとりたい時には、ベッドの用意がありますので利用してください。
⑤自己の健康管理
保健センターには、身長計・体重計・体脂肪計・血圧計・その他書籍や参考図書等があります。健康チェックや健康づくりに役立ててください。

学生メンタルヘルス相談(カウンセリング)
大学生活においてこころの健康を保つことは大切なことです。気持ちが不安定で落ち着かない、イライラしやすい、日常生活がうまくいかない、対人関係(家族、友人、恋人など)でストレスを感じる、自分の気持ちや考えを整理したいなど、誰に相談したら良いか分からない時など、常勤の臨床心理士が対応します。

続きを読む… 折り畳む

留学生支援

○留学生チューター制度
本学(飯田キャンパス)では留学生への支援として、留学生チューター制度を実施しています。
来日したばかりの留学生を、先輩の日本人学生が履修、事務手続き、生活などさまざまな側面でサポートするシステムです。
○留学生の住まいについて
本学には留学生専用の宿舎はありません。
なお、大学から1kmほどの距離に山梨県立国際交流センターがあり、審査の上で留学生が入居できます。
光熱費込みで家賃34,000円、キッチンは共有ですが、部屋にはバス、トイレ、エアコン、机、イス、テレビ、ベット等がついています。施設内には図書スペースもあります。
詳しくは、山梨県知事政策局国際戦略グループホームページを参照してください。
(http://www.pref.yamanashi.jp/kokusai/)
○留学生交流など
山梨県立大学は小規模な大学ですが、その分教員と学生、学生同士の交流が大変活発です。留学生はチューターの他にも、クラス担任や1年次から始まるゼミの教官に、学業や生活など困ったことをいつでも気軽に相談することができます。また、日本人学生と留学生との交流を図るさまざまな催しが企画されています。

続きを読む… 折り畳む

留学生支援(日本人学生への支援)

学部や学科には、その特性に応じて、国際交流の機会があります。例えば、国際政策学部では、海外研修型の授業科目(外国語現地演習、国際理解演習)を設け、比較的に安価で簡易な海外での学習機会を提供します。
 また、海外の大学等への留学を希望する学生には、留学先や留学資金等の情報提供やアドバイスのほか、留学先の大学等で履修した科目について、一定の範囲内で単位認定を行う制度もあります。
 本学独自の制度として、本学後援会による「学生留学等資金貸付制度」が設けられており、海外留学や海外研修授業のための資金の無利子貸付(貸付金額の上限有り)を学部・学科に関係無く、受けることができます。

障害者支援

学務課を中心に、各学部・各学科、保健センター、キャリアサポートセンターが連携を取りながら支援をしています。入学後、当事者と学務課及び学部・学科とで相談を行い、支援の内容・方法について検討、準備をします。その後は次のような項目について確認しつつ、個別の支援をしています。
① 授業保障や学生生活をおくる上での支援事項
・ 履修や手続きの援助、語学・演習・実習科目における必要な配慮
・ 必要物品やその保管場所の確保、教室等の物理的環境の整備(座席の位置や教室間移動時の環境確認を含む)
・ 大学内(キャンパス間を含む)のアクセスの確認と移動手段の確保
・ 授業担当教員への配慮事項の具体化・伝達
・ 必要な試験配慮(試験場所の工夫や時間延長の必要性、文字の拡大化等)についての調整
② 支援に関連する各部所や教職員との連携・調整
授業を担当する教員や学部・大学院の関係者へ必要な支援・配慮について説明を行い協力を依頼します(担当教員等には学部から配慮依頼文書を渡す)。
・ 障害についての説明と留意事項
・ 授業を受けるに当たって必要な準備への支援
・ 座席の位置や教室間移動について
・ 授業時間中に必要な配慮について(板書の仕方や話し方について)
・ 他の学生との公平性に配慮した成績評価を受けるための支援についての調整
③ 担任・チューターの役割
・ 履修相談等の助言
・ 当事者及び保護者との連絡・調整、学部・学科の教員や各部所との連携、支援に関する助言
④ 保健センター・キャリアサポートセンターとの連携事項
・ 健康診断時の検診項目での必要なサポート
・ 健康上の相談・支援、医療機関への紹介
・ 休養を必要とする場合の支援(緊急時の対処方法の情報共有)
・ 服薬や治療を継続中の場合の相談・支援
・ 就職活動相談
⑤ 支援に関する研修と方法の蓄積
・ 支援に関する各種研修会の開催(発達障害に関する研修会など)
・ 支援スキルアップ(学務課・総務課等での具体的支援方法の勉強会)

続きを読む… 折り畳む

就職・進路選択支援

○本学のキャリアサポート体制
本学では、各学部の専門的教育と並行して、生涯においてどのように職業を持ち社会に貢献していくかを配慮したキャリアサポート体制をとっています。学生の多様な進路ニーズに応えるためのキャリア形成支援、就職支援、卒業後の支援事業をキャリアサポートセンターで行っています。
人生キャリアは職業キャリアでもあります。職業選択によってある程度、人生の方向が決められると言ってもよいほど、学生時代の職業選択は大きな人生の転換点でもあります。
本学のキャリアサポートセンターは個々人のニーズに応えられるように個人指導や様々な方法でサポートする体制をとっています。とりわけ、「就職するための基本的な心得」「働くことの意味」「職業意識の醸成」などはキャリキュラムの中にも組み込み学ぶようになっています。
今、社会では、「コミュニケーション能力、実行力、チームワーク・協調性、論理的思考力、課題解決能力」などが求められています。当センターではそれら基本的な力から実践力が身につけられる体制をとっています。自分にあった職業選択ができ、社会で活躍することによって皆さん自身が成長できることを期待しています。

課外活動

クラブ活動の状況

現在、下記のようなクラブ・サークルが活動を行っています。気の合う仲間と学生生活をエンジョイしてください。クラブ・サークルの情報は自治会や学務課(または池田事務室)で入手できます。
<体育系クラブ・サークル>
ダンス、野球、女子バスケットボール、バレーボール、バドミントン、サロンフット、少林寺拳法、SWISH、Arrows、空手、バスケットボール、バレーボール部池田、弓道、フーディ(バスケットボール)

<文化系クラブ・サークル>
軽音楽、吹奏楽、和楽、茶道、山梨エコユースフォーラム、アート、アカペラ、おはなしくらぶ、IVC(国際ボランティアクラブ)、和太鼓、文芸、MOTTAINAI、ホームレス支援及び子どもの学習支援サークル、現代服装研究会、Kids、田園を楽しむ会、YPU Gaming Circle、さえずりの木、Yamanashi Environment Social Sustainability、在宅看護研究会、ヘルスプロモーションクラブ、メディっこ(医療についてディスカッションし、全国医学生ゼミナールに参加)、アロモア、PHIZZ(ダンス)

ボランティア活動の状況

学生の自主的活動に対する奨励・支援策
1.学生に対する学内のボランティア活動等の機会の提供をしています。
2.ボランティア活動等において、顕著な功績が認められた場合には、学生表彰をしています。

学生寮一覧

学生寮の有無

財務諸表等