ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

工学研究科博士前期課程

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育研究上の目的と3つの方針

学部・研究科等ごとの目的

(1) 機械システム工学専攻
 環境に配慮した安全で安心な社会の構築を目指した、先端的で高度な機械工学とその周辺分野の専門知識を身につけ、斬新な創造力と思考力を発揮することができる高度専門技術者および研究者を養成する。
 この目標に向かって、基礎技術の高度化、エネルギーの変換と有効利用、材料の力学特性の解明、設計生産技術の向上、新材料の生産と加工等を中心に、①熱流体工学部門、②固体力学・設計生産工学部門、③材料設計加工学部門の3部門を軸として教育、研究を行う。
(2) 知能デザイン工学専攻
 機械工学・電子工学・情報工学のいずれかの学問領域に軸足を置きつつ、三領域にまたがる広範な知識と幅広い視野をもって賢いシステムを設計できる、多才な人材を育成することを目標としている。そのために、本専攻では軸足を置く領域の高度な専門知識を身につけるとともに周辺領域の関連知識を学び、マクロからミクロレベルまで幅広い視野で次世代のさまざまな技術を開発する能力を育む教育と研究を行っている。
 具体的には、賢いロボットについて考究する知能システム工学部門、賢いヒューマン・インタフェースについて考究する知的インタフェース工学部門、マイクロ・ナノ領域の賢い計測・加工法を考究するマイクロ・ナノシステム工学部門、賢い機能デバイスについて考究する電子ナノデバイス工学部門の4部門を柱として、機械工学・電子工学・情報工学にまたがる高度な教育・研究カリキュラムを定め、大学院教育を行っている。
(3) 情報システム工学専攻
 私たちを取り巻く環境は、コンピュータによる情報処理技術やネットワーク技術を活用した高度な情報システムの普及によって、日ごとに複雑化、多様化、高度化し、急激に変化している。また、一方では誰でも情報化の恩恵を享受出来る事が求めらる。こうした社会や時代の要請に応えていくために、高度な人間支援システムを構築する情報技術の研究・開発や、その応用を推進していく事ができる広い視野と広範な専門的応用力を有し、柔軟な発想の出来る人材を育成していく。
(4) 環境工学専攻
 環境問題は、対象となる物質の多様化、規模の拡大、多くの事象間の相互関係の複雑化などが進んでいることから、対策には俯瞰的な視野と高度な技術が必要とされ、また国際的な対応も求められている。本専攻では、創造力と実践力に基づいて、このような複雑かつ多様な環境問題に対して解決策や循環型社会の構築のための技術や政策を提案できる人材の養成を教育の理念とする。
 具体的に、環境問題には、各種物質による環境汚染、エネルギー資源、廃棄物処理、生物多様性保全、および自然環境と人間生活との調和など多くの側面があり、これらに対処する社会の仕組みとも密接に関連する。これらの問題に対処できる高度な環境技術の開発力、環境ビジネスや行政におけるマネジメント能力を身につけるための教育・研究を展開する。
(5) 生物工学専攻
 本専攻では、「生命現象を分子レベルで解析し、それを確実に応用へと繋げる」能力の養成を目標に教育・研究を行っている。具体的には、微生物・植物バイオによるファインケミカル・基礎化学品・バイオ医農薬などの有用物質生産、ゲノム情報利用技術の開発、幅広い生物素材を用いた健康維持増進のための機能性食品の開発や、医薬品及び製剤技術の開発などを行っている。このため、省エネルギーで環境にやさしいバイオプロセスやバイオプロダクト開発を志向した、グリーンバイオテクノロジー分野における先端的・革新的な技術開発を行う世界水準の研究拠点形成を目指した活動を通して、次代を担う専門的能力を身に付けた研究者の育成を目標にしている。したがって、応用微生物学・分子生物学を中心とする応用微生物系、植物・機能性食品系、有機化学系、生物情報系、医薬品工学系に特色を持った教育・研究カリキュラムを定め、特に、実験と技術英語を重要視した少人数教育による大学院教育を行う。

続きを読む… 折り畳む

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

大学院工学研究科(博士前期課程)入学者受入れ方針[アドミッション・ポリシー]
 富山県立大学は、視野が広く人間性が豊かで、創造力と実践力を兼ね備え、地域および社会に貢献できる人材を育成するとの目的に沿って、学部から大学院への一貫した教育体制を築いています。特に、大学院工学研究科では、時代のニーズに適合した研究・開発により成果をあげ得るような、創造力と実践力を備えた高度の専門技術者および研究者を養成することに力を注いでいます。
 以上のような教育方針のもと、大学院工学研究科では、学生の成長を確かなものにするため、次のような心構えや意欲を持った学生の受入を選抜の基本方針としています。
1.専門分野における基礎学力を備え、最先端の知識や技術を学ぶ熱意がある。
2.幅広い視野をもって、新しい技術課題や研究課題にチャレンジする意欲がある。
3.自然・環境を大切にし、高度の専門技術者または研究者として、地域及び国際社会に貢献しようとする意欲がある。
●機械システム工学専攻では特に次のような人を求めます
 環境に調和する循環型社会の実現に向けて、幅広い視野と高度な機械工学分野の専門能力を身につけ、モノづくりの視点から資源・エネルギーなどの今日的課題に立ち向かう意欲のある人
●知能ロボット工学専攻では特に次のような人を求めます
 機械工学・電子工学・情報工学のいずれかの学問領域に軸足を置き、3領域にまたがる広範かつ高度な専門知識を身につけて、 幅広い視野をもって次世代ロボットを支える賢いシステムとそれに関する新技術の開発や設計ができる技術者や研究者になる意欲のある人
●電子・情報工学専攻では特に次のような人を求めます
 電気電子工学、情報システム工学に関連した分野の高度な専門能力を身につけ、幅広い視野を持つ専門技術者または研究者として、持続可能で豊かな社会向けた最先端の課題に立ち向かう意欲のある人
●環境・社会基盤工学専攻では特に次のような人を求めます
 環境工学、社会基盤工学の各分野における高度な専門知識と技術、マネジメント能力を身につけ、安心・安全で持続可能な循環型社会の構築に取り組む意欲のある人
●生物・医薬品工学専攻では特に次のような人を求めます
 生物工学及び医薬品工学分野の基礎知識を基盤とした革新的な研究開発を通して、高度な専門能力を身につけ、持続可能社会及び健康長寿社会の実現に取り組む意欲のある人
<入学者選抜の基本方針>
 本学の求める学生像に合致した人材を幅広くかつ的確に見出すために、一般選抜、外国人留学生特別選抜、社会人特別選抜を実施し、筆記試験、口述試験、面接を組み合わせた試験を行い、出願書類の内容等を総合して選抜します。

続きを読む… 折り畳む

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

<工学研究科>
 工学研究科では、学部教育で育んだ専門性をより深化させつつ、グローバル化や知識基盤社会の進展にも対応できる技術者の育成を教育目標に掲げている。これらを達成するために、次の観点から教育課程を編成している。
1.先端技術を含むより高度な専門知識を身につけさせ、活用する能力を育む。
2.論理的記述力、口頭発表力、討議能力をより一層向上させる。
3.博士前期課程においては、研究開発を進める上での一般的手法を理解させ、自ら研究を進め、より困難な課題に挑戦し解決する能力を身につけさせる。
4.博士後期課程においては、自立的研究経験と高度の専門知識および俯瞰的視野を持ち、自ら問題を設定して研究開発を企画・立案し、遂行できる能力を身につけさせる。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

工学研究科
 建学の理念と目的に則り、以下の要件を満たす学生に対し修了を認定し、「修士(工学)」又は「博士(工学)」の学位を授与します。
1 高度な専門知識を持ち、それらを活用できる。
2 論理的に思考・記述し、的確に発表・討議できる。
3 博士前期課程にあっては、研究方法を理解し自ら研究を進め、困難な課題に挑戦し、解決できる。
4 博士後期課程にあっては、自立的研究経験と高度の専門知識および俯瞰的視野を持ち、独立して研究開発を遂行できる。