ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部(教員養成課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  教員養成課程では多様な教員養成プログラムを通して,平和な未来を築く子どもたちの教育を担う優れた教員の養成をめざしています。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  愛知教育大学は,広域の拠点的役割をはたす教育大学として,人間理解と真理探究に努め,教育が直面する現代的課題への対応力を有し,子どもたちの未来を拓くことができる豊かな人間性と確かな実践力を身に付けた専門職業人の養成を使命としています。

                  教員養成課程では,幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校等の教員として活躍できる専門的な知識・技能を有し,教育諸課題に適切に対応できる教員の養成をめざします。

                  教育支援専門職養成課程では,心理・社会福祉・教育行政等の専門的な知識と技能を有し,教育活動と子どもたちを支援することができる専門職の養成をめざします。

                  そこで,次のような人を求めています。
                   
                   子どもの成長に関わることに喜びを感じ,将来,教員や専門職として学校教育に携わる強い意欲を持つ人
                   確かな基礎学力を有し,関連する幅広い分野の学びに関心を持つ人
                   知的な創造力や探究心をみがくことに意欲を持つ人
                   多様な考えや価値観を持つ人を認め,協働できる人
                   学校と地域社会の関わりに関心があり,地域の活動に参加することができる人

                  (入学者選抜の基本方針)
                  大学入試センター試験を課さない推薦入試(推薦A)の他,大学入試センター試験を課す推薦入試(推薦B)及び一般入試(前期日程,後期日程)により入学者を選抜します。

                  推薦入試における大学入試センター試験を課さない推薦Aでは,教員や教育支援専門職となるにふさわしい知識,技能,適性,資質,意欲,態度を出身学校の調査書,小論文,面接,実技検査等ではかり,総合的に評価します。また,大学入試センター試験を課す推薦Bでは,大学入試センター試験の成績,出身学校の調査書,面接により総合的に評価します。

                  一般入試における前期日程では大学入試センター試験の成績とともに,個別学力検査(小論文(教員養成課程のみ),教科に関する問題または総合問題または実技検査または面接),出身学校の調査書により総合的に評価します。後期日程では,大学入試センター試験の成績とともに,面接,出身学校の調査書により総合的に評価します。

                  これらの選抜以外に,所定の出願資格を満たす人を対象とした帰国子女入試と外国人留学生入試があります。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   愛知教育大学は,広域の拠点的役割をはたす教育大学として,人間理解と真理探究に努め,教育が直面する現代的課題への対応力を有し,子どもたちの未来を拓くことができる豊かな人間性と確かな実践力を身につけた専門職業人の養成を使命としています。
                   この使命を達成し,ディプロマ・ポリシーに基づいた学生を育成するために,以下の科目等で教育課程を編成・実施します。

                  ◎大学での学びの入り口として,深い教養を身に付ける必要感や目指す教師及び専門職の価値を認識し,主体的な問題発見及び問題解決能力を育成するための基礎教養教育科目
                  ・多様な学修歴をもつ入学者に対応できるように,大学生活や社会に出る準備段階としての学修意欲を高め,学習規律を身に付ける【初年次演習】を設定します。
                  ・学校現場で求められている「課題を発見する力」「情報を読み取る力」「複眼的に物事をとらえる力」「他者と協働する力」「解決に導く力」等の主体的な問題発見及び問題解決能力や能動的な学修活動能力を育成する【課題探究科目】を設定します。
                  ◎教師及び教育を支える専門職等に必要な資質・能力の基礎を育成するための教師教養科目・教師教養科目として,特別支援教育,外国人児童生徒支援教育,危機管理等に関する【現代的教育課題対応科目】を設定します。
                  ・子どもの生活実態を知ったり,子どもとのコミュニケーション能力を養ったり,感性を磨くなど,教員等としての実践力を高めることを目的に,附属学校や国内外の連携協力校,地域社会等の協力を得て実施する【実践力育成科目】を設定します。
                  ◎各課程において教職または教育支援専門職としてのキャリアの形成及びその専門性を高めるための専門教育科目
                  ・学校教育とそれを支える分野の理論と実践に関わる知識と経験を修得する【専門教育科目】(「教科研究科目」「専攻科目」「教職科目」「教科又は教職に関する科目」「教育学基礎科目」「教育支援科目」等)を設定します。
                  ◎大学での学びと実践を結びつけるための実習科目
                  ・教員養成課程では,身に付けた専門性を試す場,自らを振り返る場として,3・4年次に【主免実習】【隣接校実習】等を設定します。
                  ・教育支援専門職養成課程では,支援の実際を学び,知識と技術を統合する場として【心理臨床・実践領域科目】【社会福祉実習】【学校・自治体インターンシップ】等を設定します。
                  ◎大学での学びの集大成としての卒業研究
                  ・専門分野に関わり,自ら研究テーマを設定し,文献調査,実地調査,質問紙調査,実験,制作などを通して学術的に探究し,まとめ,発表する【卒業研究】を設定します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   愛知教育大学は,広域の拠点的役割をはたす教育大学として,人間理解と真理探究に努め,教育が直面する現代的課題への対応力を有し,子どもたちの未来を拓くことができる豊かな人間性と確かな実践力を身につけた専門職業人の養成を使命としています。
                   そこで,規定の年限在学し,以下のような資質・能力を身に付けるとともに,所定の単位を取得した人に学士(教育学)の学位を授与します。

                  ◆教員養成課程
                  ◎教員として求められる基本的な資質・能力と実践的指導力
                   ・初等教員養成課程では,子ども理解に基づいて,生活指導や学級経営,学習指導,保育を適切に行うことができる力
                   ・中等教員養成課程では,綿密な教材研究に基づく的確な学習指導と,子ども理解に基づく適切な生徒指導を行うことができる力
                   ・特別支援教員養成課程では,多様な障がいのある子どもの状態と教育的ニーズを把握し,生活指導や学習指導,自立活動等の指導及び支援を適切に行うことができる力
                   ・養護教諭養成課程では,学校におけるすべての教育活動を通して,健康教育と健康管理を適切に行い,子どもの発育・発達の支援に向けてコーディネートすることができる力
                  ◎同僚,保護者や地域社会等と連携し協働しようとする態度
                  ◎自己を振り返り,絶えず向上心をもって学び続ける姿勢