ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  学校教育学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  初等教育教員養成課程 4年 学士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1 教育課程編成・実施の方針の定義
                   ディプロマ・ポリシーの達成のために,どのような教育課程を編成し,どのように教育内容・方法を実施し,学修成果をどのように評価するのかを定める基本的な方針である。

                  2 教育課程編成・実施の方針
                  (1) 学校教育学部の目標達成に資するよう,カリキュラムは以下の科目で編成・実施する。
                  ア 教員の原点である人間理解を,体験と観察・参加を通じて実践的に深めることを目的とする科目(人間教育学関連科目)【基礎力・教育実践力・学び続ける力・人間力】
                  イ 初等教員として求められている教育的情報処理能力と表現能力を育成するための科目(相互コミュニケーション科目)【基礎力・人間力】
                  ウ 十分な基礎学力を補習するとともに初等の教科専門性を培い,更に専門科目への橋渡しをするための科目(ブリッジ科目)【基礎力・思考力・教育実践力】
                  エ 各教科の指導法,ガイダンス及び教育実習によって教育実践力を養成することを目的とする科目(教育実践科目)【基礎力・思考力・実践力・教育実践力・学び続ける力】
                  オ 教員として必要な知識技能を修得したことを確認するための科目(教職実践演習科目)【基礎力・思考力・実践力・教育実践力・学び続ける力】
                  カ 各専修・コースごとに専門科目,専門セミナー及び実践セミナーから構成され,総合的かつ専門的な問題解決能力の形成を目指すための科目(専門科目)【基礎力・思考力・実践力・教育実践力】
                  キ 専修・コースの専門科目に関する修業を集約発展させて,その成果をまとめ上げるための科目(卒業研究)【思考力・学び続ける力】

                  (2) 学修成果の評価については,スタンダードやルーブリックをもとに,各科目の評価基準をシラバスにおいて明示するものとする。

                  3 教育課程の保証
                  学生の入学時の教育課程は,原則として当該学生が卒業するまでは保証するものとする。

                  4 教育課程編成の体制
                  教育課程の編成については,カリキュラム企画運営会議が定める教育課程の編成基準等に基づき,全教員が協力体制の下で行うものとする。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  【特色のある教育課程】
                  ■人間教育学関連科目
                  教員の原点である人間理解を体験的に深めると同時に、その理解を自然・社会・異文化・芸術・生活の各領域の視点から捉えていきます。

                  ■相互コミュニケーション科目
                  子どもの学習活動を、言語・芸術・情報等のメディアを通した表現やコミュニケーションから理解し、その具体的な支援の方法を学びます。

                  ■ブリッジ科目
                  専門領域に関する、高等学校教育との橋渡し、並びに専門教育への橋渡しをします。

                  ■教育実践科目
                  実践的指導力を向上させるため、教職関連の実習関係科目を重視し、各教科に関する指導法、生徒指導の方法を学びます。

                  ■教職実践演習科目
                  教員として必要な知識技能を修得したことを確認します。

                  ■専門科目
                  現代社会の複雑な諸課題に立ち向かうための総合的な問題解決能力、及び教育場面における応用力を養います。

                  ■卒業研究
                  専修・コースの専門科目に関する修業を集約発展させて、その成果をまとめます。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  1 卒業認定・学位授与の方針の定義
                   教育の理念・目的及び学校教育学部の目標に基づき,どのような力を身に付けた者に卒業を認定し,学士(教育学)の学位を授与するのかを定める基本的な方針であり,学生の学修成果の目標となるものである。

                  2 卒業認定・学位授与の方針
                    学校教育学部で所定の単位を修得することにより,以下に示す資質・能力を満たした者に対して,卒業を認定し,学士(教育学)の学位を授与する。
                  ア 教職に求められる専門的知識を実践的に習得し,豊かな学識と優れた技能を身につけている。【基礎力】
                  イ 学校教育の様々な課題について,各領域で習得した幅広い知識をもとに,解決策を提案できる。【思考力】
                  ウ 一人一人の子供の学習と生活を支援できる,実践的指導力を有している。【実践力】
                  エ 教職に求められる専門的知識ばかりでなく,人間として求められる豊かな教養を身に付けている。【教育実践力】
                  オ 教育に対する熱意を持ち,教育者としての使命を自覚している。【教育実践力】
                  カ 人間の成長や発達についての深い理解と教育的愛情を備えている。【教育実践力】
                  キ 学校における教育実践を省察し,自らの専門性を高めていくことができる。【学び続ける力】
                  ク 善いものや美しいものに憧れる感性を備え,よりよい社会を目指して多様な人々と協働することができる。【人間力】

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  編入学可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  編入学については、欠員のある場合に限り、選考の上、相当年次に入学を許可することがある。ただし実績はない。

                  専攻分野

                  専攻分野
                  教育学(教員養成課程)

                  その他専攻分野