ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部(教員養成)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  初等教育教員養成課程 4年 学士(教育学)
                  中等教育教員養成課程 4年 学士(教育学)
                  特別支援教育教員養成課程 4年 学士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   福岡教育大学は、学位授与の方針を実行・達成するため、初等教育教員養成課程では小学校教員や幼児教育に理解の深い教員、中等教育教員養成課程では中学校・高等学校教員、特別支援教育教員養成課程では特別支援学校教員としての基礎的・基盤的な資質・能力を確実に養成するべく、それぞれの課程において以下の方針で教育課程を編成・実施する。
                   また、教育課程外での学生の自発的、かつ有意義な体験活動等の機会を充実させ、それらと正規の授業科目との関連性を図ることに留意し、大学での教育活動全体によってディプロマ・ポリシーの実現を図る。

                  ○知性と人間性を高める教養教育を4年間にわたって行う。
                   国際的な視野、我が国の伝統文化、社会や自然に関する幅広い知識と深い洞察力を養い、豊かな人間性を涵養する教育課程を編成・実施し、情報化やグローバル社会の進展に伴う諸問題への理解に資する、情報活用力、論理的思考力・判断力、コミュニケーション力を培う教養教育を実施する。大学における学修への円滑な移行を促す初年次教育を基礎として、4年間にわたって、人文科学、社会科学、自然科学や学際的・総合的な領域からなる教育課程を編成・実施する。

                  ○教員に必要な専門教育科目を体系的に編成する。
                   各学校の教員として必要な教科等の基礎、教科内容と教科横断的内容、幼児・児童・生徒の指導と評価に関する深い専門的な知識・技能の習得や理解力を育てるため、階層的で体系的な教育課程を編成・実施する。

                  ○主体的な学びを引き出す教育方法により実践力を身に付けさせる。
                   学校教育の場において、専門的な知識・技能を活用して幼児・児童・生徒の多様性に応える教育活動を創造的・計画的に、かつ的確に行う資質・能力を育てるため、双方向的な授業、課題解決・探求型の授業、ICTを活用した授業等、学生の主体的な学びを最大限に引き出す教育方法により、次代の教員に求められる確かな実践力を育む教育課程を編成・実施する。また、教職への意欲を育み、実践的指導力を身に付けることができるように系統的な教育実習を編成・実施する。

                  ○社会性を高める職業観の育成と体験の機会を提供する。
                   教員としての役割や使命感について認識し、他者と協働して課題の解決に向かう態度を磨くことができるように、学校現場や地域社会での体験の機会を提供する。

                  ○課題の省察と克服の取組を促す機会を幅広く確保する。
                   教員になることに向けて、また、教員となった後も継続して学び続けて資質・能力を向上させていくことに向けて、自らの課題の省察とその克服に向けた取組を行えるように、きめ細かな履修指導と振り返りの機会を設け、大学が定める評価方法(※)の中から複数選択して行うことにより多元的かつ厳正な成績評価を行う。

                  ※大学が定める評価方法として想定するもの
                  ・筆記試験
                  ・討論への参加
                  ・レポート作成
                  ・プレゼンテーション
                  ・調査、実験、制作、実技、実演 など

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  ○初等教育教員養成課程
                   初等教育教員養成課程では、各教科、道徳、外国語活動、総合的な学習の時間及び特別活動での指導、学級経営、生徒指導を行うために必要な基礎的・基盤的な資質・能力を全般的に確実に身につけたスペシャリストとしての小学校教員を養成します。本課程では、履修基準に定められている卒業要件単位を修得することにより、小学校教諭一種免許状を取得することができます。
                   1年次から4年次にかけて、小学校教育の動向や小学校教員としての職責、業務の理解、小学校教員として必要な力の修得に必要な授業科目を共通的に履修できるよう、教育課程の変更、教職教育院や英語習得院による指導体制整備、学校支援ボランティア活動の機会の充実等を行っています。
                   幼児教育選修は、就学前の幼児への教育について深く理解する教育課程によって、卒業と同時に所定の単位修得により小学校教諭免許状(一種)及び幼稚園教諭免許状(一種)を取得します。

                  ○中等教育教員養成課程
                   中等教育教員養成課程では、特に中学校教員の養成を重視して、担当教科、道徳、総合的な学習の時間及び特別活動での指導、学級経営、生徒指導を行うために必要な基礎・基盤的な資質・能力を確実に身につけて中学校及び高等学校教諭免許状を取得する課程として、各専攻別に募集します。
                   1年次から4年次にかけて、中等教育の動向や中学校・高等学校教員としての職責、業務の理解、中学校・高等学校教員として必要な力の修得に必要な授業科目を全般的に履修できるよう、教育課程の変更、教職教育院による指導体制整備、学校支援ボランティア活動の機会の充実等を行います。

                  ○特別支援教育教員養成課程
                   特別支援教育教員養成課程では、入学者選抜段階から初等教育部(特別支援学校の小学部の教員を目指して、特別支援学校教諭免許状及び小学校教諭免許状を取得)、中等教育部(特別支援学校の中学部又は高等部の教員を目指して、特別支援学校教諭免許状及び中学校教諭免許状を取得)に分けて募集を行います。
                   入学後は、特別支援学校小学部や中学部・高等部で児童生徒の障害に応じつつ教育活動を行うために必要な基礎・基盤的な資質・能力を確実に身につけるため、1年次から4年次にかけて、特別支援教育の動向や特別支援学校小学部や中学部・高等部の教員としての職責、業務の理解、必要な指導力の修得に必要となる授業科目を全般的に履修できるよう、教育課程の編成、教職教育院による指導体制整備、学校支援ボランティア活動の機会の充実等を行います。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   福岡教育大学は、教員養成の広域拠点大学として、以下の事項を重点とする学士力を身に付け、かつ所定の単位を修得した学生に対して、卒業時に「学士(教育学)」の学位を授与する。

                  ○幅広い視野と豊かな教養
                   グローバル社会の中で自ら適応できるとともに、子どもに必要な力を指導できるよう、国際的な視野をもつとともに我が国の伝統文化を理解し、様々な分野にわたる知識、情報活用力、論理的思考力・判断力、コミュニケーション力を身に付け、自律的に行動する人間性を有している。

                  ○高い専門性
                   学校教育を担うために必要な教科等、教育内容の選択と配列及びその本質や幼児・児童・生徒の発達特性を踏まえた指導と評価に関する知識・技能を備えた高い専門性を有している。

                  ○確かな実践力
                   これからの時代や社会が要請する学校教育の諸課題について、主体的に考え、判断し、よりよい解決に向けて自主的・協働的に、かつ創造的・計画的に取り組むことのできる確かな実践力を有している。

                  ○責任を担う社会性
                   地域社会や学校において教員としての果たすべき役割を自覚し、他者と協力しながらその役割を遂行できる社会性を有している。

                  ○将来にわたる自己実現力
                   教員として働くことへの誇りをもち、時代や状況の変化を主体的に受け止め、自ら設定した目標の価値を認識して、その達成のために努力を惜しまず、将来にわたって我が国の教育の充実と発展に寄与しようとする志向性を有している。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足

                  転課程可能
                  【内訳(支払期日)】
                  検定料 30,000円(出願時)
                  入学料 282,000円(入学手続時)

                  専攻分野

                  その他専攻分野