ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部(教員養成)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  広く教育に関する理論と実践を深めることによって、豊かな人間性と高い教養を備え、教育の理論と実践に関する能力を有する教員及び教育者を養成することを目的とする。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  奈良教育大学は、未来を担う子どもの育ちを支援し、学ぶ喜びを伝え、自らも人として成長したいという学生が集い、互いに学び合う場です。また、世界遺産をはじめ、数多くの貴重な文化財や豊かな自然に恵まれた環境のもと、小規模大学ならではのメリットを生かして、深い学びを実現します。
                  教員を目指し、ともに学ぶ仲間として、奈良教育大学教育学部では、次のような意欲と能力をもつ学生を求めます。
                  1.子どもの成長と発達に寄り添い関わっていく意欲をもつ人
                  2.教育を通じてよりよい社会を築いていく意欲をもつ人
                  3.文化、科学、芸術に魅力を感じ、その価値を子どもに伝えるための思考力と表現力を磨きつづける意欲をもつ人
                  4.他者の意見や気持ちを受けとめ、自分の意見や思いを表現し、他者と協働しながら課題の解決に立ち向かうことができる人
                  5.教育学部で主体的に学ぶために必要な基礎的学力や技能をもつ人

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育学部では、「人を育てる」という教職の素晴しさや魅力を感じながら、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた「5つの能力」を身に付けていくことができるように、以下の方針に基づいた教育課程を編成し、実施します。
                  (1)本学の特色を軸に据えた教育課程
                  本学の特色である「持続可能な開発のための教育」と、世界遺産をはじめ、数多くの貴重な文化財や豊かな自然に恵まれた奈良の地でこそ得られる学修とを、教育課程編成の軸とします。それにより、「5つの能力」を身に付け、「持続可能な社会の創り手」を育てることのできる教員を養成します。
                  (2)スコープ(範囲)に関すること
                  ①「学び続ける教員」としての基盤を形成するために、主として「現代社会と学校教育の基礎的理解に関する内容」をもつ授業科目を設定します。
                  ② 専門的知識・技能に裏付けられた教育実践力を育成するために、主として「子ども理解と専門的指導に関する内容」をもつ授業科目を設定します。
                  ③ 「社会人としての教員」に求められる素養を育成するために、主として「教員としての成長に関する内容」をもつ授業科目を設定します。
                  (3)シーケンス(配列)に関すること
                  4年間の学修を以下の4つの学修ステージに区分し、学生の学びの道筋に沿った授業科目の系統的な配列を行います。
                  【導入期】教員を志す者として、主体的な学習者として意識を確立するとともに、教員として学び続けるための方向性を定めるステージです。
                  【展開期】「教える専門家」としての教員の専門性を身に付けるステージです。
                  【実践期】教育実習等で教育現場での実践を積み重ねることにより、自己の中に確かな教員像を構築するステージです。
                  【発展期】学校現場で即戦力として通用するための実践的指導力を身に付けるとともに、教職生活への移行を図るステージです。
                  ① 「現代社会と学校教育の基礎的理解に関する内容」をもつ授業科目は、【導入期】を中心に配列します。
                  ② 「子ども理解と専門的指導に関する内容」をもつ授業科目は、【導入期】においては基本的な知識を、【展開期】においてはより専門的で深い知識・技能を学べるよう配列し、教育実習につなげます。教育実習後の【発展期】においては教育実習での学びや卒業論文のための研究と関連づけられるよう配列します。また、各教科の指導法に関する科目と教科内容に関する科目との内容・方法面での融合・架橋を図ります。
                  ③ 「教員としての成長に関する内容」をもつ授業科目は、4年間を貫いて配列します。同時に、教育課程に定めた授業科目以外の諸活動を含めて、幅広い学修機会の中で「社会人としての教員」に求められる素養を育みます。
                  ④ 「持続可能な開発のための教育」に関する内容についても、4年間を貫いて配列します。
                  (4)学修方法の在り方
                  「5つの能力」を身に付け、学生自らが「主体的・対話的で深い学び」を実現できる学修方法を各科目の特質に応じて導入します。
                  また、学生が教職の素晴しさや魅力を感じ、教職を目指す意欲を高め続けられるようにするために、教育行政の担当者(指導主事など)や学校の管理職・教職員等をゲストスピーカーとして招くことで、教育現場の最新情報を学生に提供します。
                  (5)評価の在り方
                  「5つの能力」の向上について、学生自らが学びの軌跡と蓄積を評価するとともに、資質能力基準に基づいた適正な評価及び単位認定を実施します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  教育学部では、次の5つの能力を規準に各授業科目の単位認定を行い、必要単位数を取得した者に学位を授与します。

                  1.現代社会の課題を把握し、教育を構想する力【教育構想力】
                  現代日本の社会と学校教育に関する幅広い知識をもとに、現代的な教育課題に対応した教育活動を構想することができる
                  2.子どもの発達と学習を理解する力【子ども理解力】
                  人間の成長・発達と学習に関する基礎的な知識をもとに、幼児児童生徒の成長・発達を促す教育実践のあり方をイメージすることができる
                  3.専門的に指導をする力【専門的指導力】
                  集団と個に対する指導・支援に関する基礎的な知識・技能及び各教科等の内容・教材に関する専門的な知識・技能をもとに、学校現場における適切な指導・支援の方法を計画・実施することができる
                  4.多様な人とつながる力【コミュニケーション力】
                  学校関係者(保護者・地域住民・同僚教員・管理職など)に関する基礎的な知識をもとに、幼児児童生徒の教育を巡って適切に関わることができる
                  5.自らの教職キャリアを切り拓く力【職能成長力】
                  教員としての使命感と子どもに対する愛情にもとづき、自らの教員としての生き方・あり方を自己決定するとともに、教職をめぐる新たな課題に粘り強く立ち向かいながら、自己実現をはかることができる

                  続きを読む… 折り畳む