ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

健康福祉学研究科(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
健康福祉学専攻 3年 博士(健康福祉学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

◯ 基層講究・健康福祉学の基礎的な理論と方法を修得させるとともに、ライフサイクル全般における対人援助に関する深い知識の修得を目指す科目群である。
◯ 専門講究・ 豊かな生活を支えるために必要な、健康福祉学を構成する「社会福祉領域」「看護領域」「栄養領域」のいずれかにおいて、高い水準の専門知識と研究・分析能力を確立させるとともに、総合的・学際的(複眼的)な視点を育成するために構成されている。
1 健康福祉理論系・健康福祉に関する諸課題を、多面的・総合的な視点から、論理的・理論的に検討する科目である。
2 健康福祉実践ケア系・健康福祉に関する諸課題を、実践的に検討する科目である。
◯ 特別研究・基層講究、専門講究を修得し、新規かつ独創的な問題視座から、外部評価に耐える博士論文を作成するとともに、自立した研究能力を育成していく科目である。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【知識の系統的・統合的理解】・健康福祉に関する学問領域の専門知識を深め、健康福祉学を系統的・統合的に理解する能力を身につけている。
【高度な論理的思考力】・健康福祉学に関する課題を解決するための高度な論理的思考力を身につけている。
【高度な実践的研究力】・健康福祉学に関する課題を解決するための高度な実践的研究力を身につけている。
【創造力】・健康福祉学の発展に寄与する創造力を身につけている。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野に関する説明