ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する
ここから大学情報です
お気に入りリスト一覧へ

公立諏訪東京理科大学

 

基本情報

大学の基本情報

大学名
公立諏訪東京理科大学
本部所在地
長野県茅野市豊平5000-1 
設立年(設置認可年)
2018
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
0266-73-1201
平日8:30~17:15
連絡先ページへ
大学の種類
公立・大学(大学院大学を含む)
総学生数(学部)
1,324人
総学生数(大学院)
32人
総教員数(本務者)
55人

大学の教育研究上の目的や建学の精神

母体校である東京理科大学の建学の精神「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」を引き継ぎ、科学技術の発展に貢献することを通して、地元地域ひいては我が国の発展とそれを支える人材の育成に努めます。

―― 本学は、1990年に茅野市を中心とする諏訪圏の市町村、長野県及び地元産業界が出資し、学校法人東京理科大学が協力することによって短期大学として発足しました。その後2002年に4年制大学に転換し、2018年4月からは、諏訪圏6市町村の連合体(諏訪広域公立大学事務組合)立の公立大学となりました。

大学の特色等

 本学は、我が国でも有数のものづくり産業の集積地である長野県諏訪地域に立地しています。いま、ものづくりをめぐる環境は情報技術の発展により大きく変化しており、本学でも従来のものづくりに加え、AI(人工知能)をはじめとする情報通信技術を担うことの出来る人材の育成に重点を置いています。
 さらに、本学の伝統である技術系の学生にも経営学を学ばせる「工学と経営学の融合教育」により、技術を学ぶだけではなく、それを社会にどう役立てていくかを学ばせ、総合的な力や判断力を身につけさせる教育を行います。
 本学の立地する諏訪圏の企業も急速にグローバル化している中、地元企業の協力も得つつ、地域に貢献するとともに世界にも羽ばたく人材を育成します。
 研究開発においては、地域連携研究開発機構を設置し、最先端の技術開発に挑戦するとともに、地域の産業技術の発展にも貢献します。

教育研究上の基本組織

学部(短期大学の場合は学科)
工学部

 

研究科
工学・マネジメント研究科(修士課程)
工学・マネジメント研究科(博士課程(後期))

 

全てを表示する 折り畳む

その他の学内組織
共通・マネジメント教育センター
地域連携研究開発機構
図書館
学生部
地域連携総合センター
産学連携センター
生涯学習センター
高大連携センター
国際交流センター
学習支援室
学生相談室
自己点検・評価委員会
アドミッションセンター
教学マネジメントセンター
総合情報センター
キャリアセンター

教育研究上の基本組織に関する説明

キャンパス情報

所在地

長野県茅野市豊平5000-1 GoogleMapで参照

アクセス

■公共交通機関
JR茅野駅よりバス15分またはタクシー10分
(バスは茅野駅西口発 理科大線「理科大」または、白樺湖線「福沢入口」下車)
授業時間に合わせた通学バスを運行

■自家用車
中央道諏訪インターチェンジより約15分

外観

キャンパスの外観1

アクセス図

キャンパス アクセス図

周辺図

キャンパス 周辺図

校地・校舎等の施設及び設備その他の学生の教育環境(バリアフリー等の対応状況含む)

【校舎】
1号館:教室/実験室/コンピュータ教室
2号館:工学部研究室/共通・マネジメント教育センター研究室/事務室
3号館:学生食堂/売店/学生ホール
4号館:教室/共通・マネジメント教育センター研究室/学生ホール/地域連携プラザ
5号館:図書館/茅野市情報プラザ
6号館:特大教室/事務室
7号館:工学部研究室/オープンラボ(共同研究室)
8号館:工学部研究室/実験室

【図書館】一般書籍や専門書のほか、多数の視聴覚資料も所蔵。グループワークができるスペースもあります。
【コンピュータ教室】パソコン環境を整え、夜まで開放しています。
【コンピュータ自習室】コンピュータ教室が授業中でも、ここで自習することができます。
【学生ラウンジ】情報コンセントが設置してあり、自分のノート型パソコンを持ち込んでレポートを作成したり、インターネットも利用できます。
【学生相談室・保健管理センター】学生生活の悩みや健康上の不安などの相談に応じています。
【学生食堂】栄養とカロリーのバランスを考えたメニューをそろえています。
【売店】文具、日用品、雑誌、軽食など、 日常生活に必要なものがそろっています。
【体育館】大アリーナは、バスケット、バレーボールそれぞれ1面が確保できます。小アリーナでは、卓球などができます。市民に開放しています。
【グラウンド】ナイター設備を完備。市民に開放しています。
【テニスコート】グラウンドに隣接した場所に3面のテニスコートがあります。市民に開放しています。
【トレーニングルーム】体育館の中には大小アリーナの他、トレーニングルームも完備。
【セミナーハウス】100人収容でき、ゼミ合宿やサークルの合宿に活用されています。
【地域連携プラザ】地域の方々と教職員・学生がコラボし、地域の課題に取り組む開放型スペース。「地域連携総合センター」が運営。
【茅野市情報プラザ】地域住民の方に学びの場を提供するため、施設を開放しています。
【バリアフリー】階段に車椅子の自動昇降機を設置するなど、対策を行っています。

続きを読む… 折り畳む

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度の対象校か確認年月
○ 201909

※対象校とは、大学等における修学の支援に関する法律に定める授業料等減免実施のための要件を満たしていることについて確認を受けた機関を指す。 要件を満たさない機関及び対象校となるための申請をしていない機関は空欄で表示される。
※対象校であっても要件に合う学生のみが支援の対象になる。

評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

評価機関評価年月
大学機関別認証評価 公益財団法人日本高等教育評価機構2018年3月

学生支援

修学支援

奨学金制度、授業料減免制度、学生表彰制度、学習支援室の設置

心身の健康に係る支援

■学生相談室
専門カウンセラーを配置し、学生のあらゆる相談ごとに応じています。

■保健管理センター
健康相談・健康診断を通して、病気の予防や早期発見をし、より良い学生生活を送れるように支援します。校医が月2回来校しており、診察・相談を受けることができます。また、応急処置や病院の紹介なども行います。

留学生支援

■国際交流センターおよび事務部における学生相談の受付
■留学生を対象とした日本語の授業科目の設置
■外国人留学生親睦会の実施 ■留学生に対する入学金・授業料減免及び奨学金給付

留学生支援(日本人学生への支援)

■海外研修等支援奨学金制度
■海外インターンシップ

障害者支援

「文部科学省所管事業分野における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応指針」に則り、合理的配慮の考えに基づき、障害のある学生を支援しています。

就職・進路選択支援

■キャリア支援について
各学科の就職幹事教員およびキャリア支援係職員が、就職や進学などの進路に関する相談に応じています。また、1年生から将来のキャリアについて意識させ、段階的に理解を深めさせるための行事や授業を開講しています。
・初年次導入教育(キャリア形成講座) ・キャリア開発1・2(授業科目) ・就職活動対策講座
・公務員試験対策講座 ・企業見学バスツアー ・インターンシップ ・学内合同企業研究セミナー 
・学内個別企業説明会

課外活動

クラブ活動の状況

本学には、スポーツ系・文化系ともに多くのサークルがあります。学生たちは自分に合ったサークルを見つけて、青春のひとときを輝かせています。
大学では、課外活動の旅費・活動費等の援助を行っています。
また、特徴ある課外活動をサポートする「学生チャレンジプラン」という制度を設けています。

ボランティア活動の状況

ボランティアサークル「ボランティ」が活動しています。
また、地域連携総合センターが中心となり様々な地域イベントに参加しているほか、地域から要請があった場合には、その内容に応じて学生ボランティアを派遣しています。

学生寮一覧

学生寮の有無

財務諸表等

財務情報等の法人情報を公表しています。