ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  看護学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  看護学 4年 学士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1.21世紀の市民としてふさわしい知性と態度を磨くために、充実した教養科目を設定する。
                  2.多様な場や対象の健康レベルにあわせた看護実践力を身につけるため、原則として専門教養科目から統合科目へと段階的に 配慮すると共に、教育効果を考慮し柔軟な配置も行なう。
                  3.科学的思考に基づく看護実践力を身につけるため、看護の専門職に必要な知識・技術・態度を,基礎から応用へと段階的に学習するよう科目を配置する。
                  4.看護の対象となる人間を成長・発達にそって身体的・精神的・社会的側面から理解するため,周産期から老年期へと段階的 に学習するような科目を配置する。
                  5.学習効果を高めるため、講義・演習及び実習など多様な学習形態の科目を組み合わせる。
                  6.本県が島嶼県であることや太平洋に開かれた地域であることを理解し、グローバルな視点とローカルな視点の両面から保健看護が実践できるよう科目を設定する。
                  7.学びを統合できる力と生涯学習能力を養うため統合科目を設定する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  〈統合科目〉
                  統合科目は、看護職者として倫理観を持ち、自らを律し、他者と連携し専門職者として看護の役割を担う能力を養うための科目群である。また、統合的な学習経験と創造的思考により質の高い看護を実践する能力を身につける。そして、看護職者として社会的責任を果たすために、生涯学習能力を養う。

                  〈生涯発達看護科目〉
                  生涯発達看護科目は、一人の人間が生を受けてから死ぬまでの生涯にわたる各発達段階、すなわち周産期、小児期、成人期、老年期の各期にある対象の特徴に応じて、家族も含めて適切な看護を実践する能力を養う科目群である。

                  〈広域・基盤看護科目〉


                  広域・基盤看護科目は、看護実践の基礎として、またあらゆる発達段階の人々の看護に共通して必要な知識・技術・態度を学ぶ科目群である。また、多様な生活や治療・療養の場における多様な対象者に健康へのアプローチを、身体的・精神的・社会的な側面から看護を実践する能力を培う。また、家族・集団を加えたコミュニティの特徴を学び、場と対象に応じた看護を実践する能力を培う。

                  〈専門教養科目〉
                  専門教養科目は、保健看護をより広く、科学的に学習していく準備として習得せねばならない科目群から構成されている。これらの科目は看護学周辺領域の学問、すなわち医学、保健学、社会学、心理学、リハビリテーション等の基礎的知識や技術であり、人間の健康を身体的・精神的・社会的な側面から多面的に捉え、科学的根拠に基づく判断力を養う科目群である。また、地域社会における健康を論理的に思考するために活用される知識・技術も学習する。

                  〈教養科目〉
                  教養科目は、広く人間を理解する科目、自然現象を理解する科目、社会のしくみを理解する科目、及び生命の尊厳を尊重する科目で構成され、幅広く学問を学ぶことにより、社会に求められる市民にふさわしい知性と感性を高め創造力を養う科目群である。また、沖縄の歴史、文化、芸能などを通して人間のおかれた地理的文化的特性を理解するとともに、情報化社会や国際社会に対応できるように学際的学びの基礎をつくる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  1生命の尊厳を尊重する倫理観を備えた豊かな人間性を身につけている。
                  2.常識ある社会人としての知性と豊かな感性、および創造力を有している。
                  3.看護の専門職に必要な知識・技術・態度を修得し、科学的な根拠に基づく判断と問題解決の能力を有している。
                  4.保健・医療・福祉の概念を共有し、関係職種との連携の中で専門職者としての看護の役割を担う事ができる。
                  5.自己の看護実践を振り返るリフレクション能力と生涯学習能力を有している。
                  6.人間のおかれた地理的文化的特性を理解し、地域に根ざした保健看護活動ができる能力とともに、国際的視野で保健看護活動ができる能力を有している。
                  7.研究的態度を身につけ、保健看護活動をとおして看護の発展に寄与する能力を有している。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野