ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

体育学研究科(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
体育学 3年 博士(体育学)
大学体育スポーツ高度化共同 3年 博士(体育スポーツ学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 鹿屋体育大学大学院体育学研究科博士後期課程体育学専攻では、スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野における諸科学等の研究の成果を学際的・統合的に把握し、新たな学際的複合領域の研究の開発及び研究の成果を実践に結びつけることのできる研究者や指導者の養成を目的として、学術の理論と応用及び実践とが一体となった教育研究の展開が可能な教育課程を編成する。
1 スポーツ・武道及び体育・健康づくりに関する異なる専門領域の観点から、独創的な研究テーマの設定や研究をデザインする能力を高めるための共通科目を配置する。
2 スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野において、自立した研究活動や学際的複合領域の研究の開発及び研究の成果を実践に結びつけることのできる高度な学識・能力を養うため、スポーツ総合科学、スポーツ文化・社会科学、スポーツ生命科学の3領域について、学生の志向性に応じて選択できるよう専門科目を配置する。
   ○スポーツ総合科学領域:スポーツ・武道及び体育・健康づくりの実践的側面に関する高度な専門的知識と研究能力を高めるための科目を配置する。
   ◯スポーツ文化・社会科学領域:スポーツ・武道及び体育・健康づくりの文化的、社会的側面に関する高度な専門的知識と研究能力を高めるための科目を配置する。
   ◯スポーツ生命科学領域:スポーツ・身体活動への生体応答メカニズムに関する高度な専門的知識と研究能力を高めるための科目を配置する。


 鹿屋体育大学大学院体育学研究科3年制博士課程大学体育スポーツ高度化共同専攻及び博士後期課程高度大学体育スポーツ指導者養成共同学位プログラムは、大学体育や大学スポーツ(以下「大学体育スポーツ」という)現場の教育指導と研究の循環を効果的に行える、学術的職業人としての体育教員を養成することを目的として、教育目標を達成するために、従来の教育課程における博士論文作成だけでなく、コースワークも重視した教育課程を編成する。また、両大学の定める必修および選択科目を履修することにより、単独の大学ではなし得ない教育効果を狙う。
1.大学体育スポーツを先導する確かな専門的知識と実技教育能力を身につけるための科目「実践的教育能力育成科目」を配置する。
2.大学体育スポーツの実践知を探求し、その研究成果を教育・指導へと循環させることができる実践的研究能力を身につけるための科目「実践的研究能力育成科目」を配置する。
3.大学体育スポーツを先導する高度指導者に必要な教養を身につけるための科目「高度指導者教養育成科目」を配置する。
4.実践的研究論文や博士論文研究計画書の作成力やプレゼンテーション力、高度な大学体育や大学スポーツの指導者として求められる実践的教育力を身につけさせるために「博士論文研究能力育成科目」を配置する。
5. 博士論文審査の条件としてQE(=Qualifying Examination:博士論文研究能力審査)を設定する。
6. 学生の状況に応じて柔軟に科目選択できるように、科目配置や必修単位数を配慮する。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 鹿屋体育大学大学院体育学研究科博士後期課程体育学専攻では、以下のような学識・能力を身につけ、かつ所定の単位を修得し、学位論文の審査及び最終試験に合格した学生に「博士(体育学)」の学位を授与する。
1 スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野において、自立した研究活動を行うことができ、新たな学際的複合領域の研究の開発及び研究の成果を実践に結びつけることのできる高度な学識・能力を身につけている。
2 我が国における身体運動文化の発展及び国民の体力・健康の増進に寄与する高度な学識・能力を身につけている。

 鹿屋体育大学大学院体育学研究科3年制博士課程大学体育スポーツ高度化共同専攻及び博士後期課程高度大学体育スポーツ指導者養成共同学位プログラムでは、大学体育や大学スポーツ(以下「大学体育スポーツ」という)現場の教育指導と研究の循環を効果的に行える、学術的職業人としての体育教員を養成するために定められた要件(授業科目の履修単位および研究指導等)を充足したうえで博士論文を提出し、学位審査に合格し、以下のような知識・能力を身につけ、所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受け学位論文の審査及び最終試験に合格した学生に学位を授与する。
 1.大学体育スポーツを先導する確かな専門的知識と実技教育能力を身につけている。
 2.大学体育スポーツ現場の実践知を探究し、その研究成果を教育・指導へと循環させることができる実践的研究能力を身につけている。
 3.大学体育スポーツの質保証を先導する高度指導者に必要な教養を身につけている。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
体育学・スポーツ科学・健康科学

専攻分野に関する説明