ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

体育学研究科(修士課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
体育学 2年 修士(体育学)
スポーツ国際開発学共同 2年 修士(スポーツ国際開発学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

鹿屋体育大学大学院体育学研究科修士課程体育学専攻では、スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野において、専門的知識・技術の教育研究、高度な専門性が求められる職業を担うことのできる研究者や指導者の養成及び社会人の再教育を目的として、学術の理論並びに応用と実践が一体となった教育研究の展開が可能な教育課程を編成する。
1 スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野における教育研究能力及び高度の専門性を要する職業等に必要な基礎的能力を養うため、「共通科目」を必修科目又は選択科目として配置する。 
○スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野で求められる基礎的なリテラシー及びマネジメント力を涵養するための科目を配置する。
○スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野で求められる基礎的な研究実践力及びディスカッション能力を涵養するための科目を配置する。
○スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野で求められる基礎的な英語力を涵養するための科目を配置する。
◯キャリアを形成するための科目を配置する。
2 スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野における専門的知識・技術の教育研究能力及び高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うため、スポーツ総合科学、スポーツ文化・社会科学、スポーツ生命科学の3領域について、基礎科目及び応用科目を学生の志向性に応じて選択できるよう配置する。
なお、基礎科目は主に理論を展開し、応用科目では理論の応用や実践を展開する。
○スポーツ総合科学領域:スポーツ・武道及び体育・健康づくりの実践的側面に関する専門的知識・研究法を追究するための科目を配置する。
○スポーツ文化・社会科学領域:スポーツ・武道及び体育・健康づくりの文化的、社会的側面に関する専門的知識・研究法を追究するための科目を配置する。
○スポーツ生命科学領域:スポーツ・身体活動への生体応答メカニズムに関する専門的知識・研究法を追究するための科目を配置する。
3 スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野における総合的な教育研究能力及び高度の専門性を要する職業等に必要な能力を活かし、修士学位論文をまとめるための科目を必修科目として配置する。
○スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野における専門的知識・研究法を活かし、修士学位論文としてまとめるための科目を配置する。

大学院体育学研究科修士課程スポーツ国際開発学共同専攻は、次の①〜④の能力を獲得した人材を養成するための教育課程を編成する。
1.多様な文化や歴史観を理解できる国際感覚と国際開発・平和構築に関する知識をもった上で、他者や社会の自立・成長、変化・発展、目標達成に対する価値観と使命感
2.多角的・俯瞰的な視点をもった上で、目的達成志向の能力
3.スポーツ・体育・健康に関する総合的な知識の上に、政策立案・事業経営等の知識
4.コミュニケーション、コーチング、マネジメント、分析等に関する能力

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 鹿屋体育大学大学院体育学研究科修士課程体育学専攻では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得し、学位論文の審査及び最終試験に合格した学生に「修士(体育学)」の学位を授与する。
1 スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野において、専門的知識・技術の教育研究能力及び高度の専門性が求められる職業を担うために必要な能力を身につけている。
2 我が国におけるスポーツ・武道文化の発展及び国民の体力・健康の増進に寄与する能力を身につけている。

 鹿屋体育大学大学院体育学研究科修士課程スポーツ国際開発学共同専攻では、以下のような知識・能力を身につけ、定められた要件(授業科目の履修30単位以上及び研究指導等)を充足した上で、修士論文または特定課題に関する実践レポートを提出し、学位審査に合格し、以下の要件を満たすことが最終試験等において認定された者に修士(体育学)の学位を授与する。
1) 国際情勢と政策に関する知識とともに、他者や社会の自立・成長、変化・発展、目標達成に対する意志、価値観、そして使命感を有する
2) グローバルな俯瞰力と地域社会で生活する人々へのまなざしをもって、実践現場でリーダーシップを発揮できるプラクティショナーとしての突破力を有する
3) 世界の平和と友好を構築し、人々の生活を豊かにするスポーツ・体育・健康に対する深い理解力を有する
4) 国際社会に貢献できるコミュニケーション力とマネジメント力(スポーツ・体育・健康に関連した事業における実践能力、語学力)を身につけている
(修得すべき知識・能力等)
1) 国際情勢と政策及び地球規模課題に対する知識と分析力、使命感
2) グローバルな俯瞰力と実践現場で発揮できるリーダーシップ能力
3) スポーツ・体育・健康に関する基礎的知識と実践力
4) 国際貢献のためのコミュニケーション力とマネジメント力

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
体育学・スポーツ科学・健康科学

専攻分野に関する説明