ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

創成科学研究科(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育研究上の目的と3つの方針

学部・研究科等ごとの目的

本研究科は,理学,工学及び農学の各分野における教育研究の特色や強みを活かし,イノベーション創出に貢献できる理工系人材を一体的に養成することを目的とする。

博士後期課程の教育研究上の目的は,次のとおりとする。
専攻分野に関して高度な専門的知識を持ち,自立した研究者として研究を遂行できる幅広い知識や能力・技術を身につけ,イノベーションの創出と進展に役割を果たすことができ,国際的に活躍できる研究者・高度専門職業人を育成すること。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

自然科学系専攻
●求める学生像
本専攻は,数理科学,物理学,情報科学,化学,地球科学の先端分野および先端技術に関する高度な学修並びに研究を通して総合的研究能力を備えた,自立した研究者または高度技術者を養成することを目的としています。このため,本専攻では以下に述べるような学生を求めています。
① 大学院修士課程に相当する専門的知識や経験をもとに,自然科学の基礎的な分野並びに関連する幅広い分野で,問題を発掘し,創造しようとする意欲のある人
② 自然科学の研究を自然と人類の共生という視点で眺め,新たな問題を解決する方法と道筋を開拓し,自立した研究者または技術者となることを目指す人

システム・デザイン工学系専攻
●求める学生像
本専攻は,グローバルに活躍する技術者に必須の高い倫理観と,知的財産に関する知識を有し,機械工学,電子システム工学,電力システム工学,知能情報メディア工学,情報システム工学における自らの専門分野に関する高い問題発見および解決能力を有するばかりでなく,専門周辺分野に関しても幅広い知見を有し,長期的な展望をもってプロジェクト全体を牽引してイノベーション創出を遂行する能力を有する人材を育成することを目的としています。このため,本専攻では以下に述べるような学生を求めています。
① 機械工学,電子システム工学,電力システム工学,知能情報メディア工学,情報システム工学のいずれかの分野において高度な専門能力を有する技術者・研究者を目指す人
② 自ら研究課題を発見・設定し,自主的に問題解決に取り組める人
③ 革新的な技術開発や独創性の高い研究成果,また,実際に役立つ研究成果に基づき,国際社会や地域社会の発展に貢献できる技術者・研究者を目指す人
④ 研究を通じて国際連携や産学連携などを経験し,当該分野においてリーダシップを発揮できる技術者・研究者を目指す人

環境共生系専攻
●求める学生像
本専攻は,安全・安心で低炭素な持続可能社会を実現するために環境調和型の科学技術体系を俯瞰でき、先進的な課題を通してグリーンイノベーションに貢献できる人材、ならびに、人間活動と自然環境とが共生した循環型社会実現のために,都市,地域,家庭や個人を基礎単位とした安全で快適な生活空間および社会基盤を築きあげる総合的な技術分野を俯瞰でき国際社会に貢献できる人材の育成を目的としています。このため,本専攻では以下に述べるような学生を求めています。
① 機械工学,社会建設工学,建築学,環境系のいずれかの分野において高度な専門能力を有する技術者・研究者を目指す人
② 自ら研究課題を発見・設定し,自主的に問題解決に取り組める人
③ 革新的な技術開発や独創性の高い研究成果,また,実際に役立つ研究成果に基づき,国際社会や地域社会の発展に貢献できる技術者・研究者を目指す人
④ 環境系の科学者・技術者・研究者に求められる社会的責任に関する意識を持ち,グローバルな環境問題に取り組む意欲と資質のある人

物質工学系専攻
●求める学生像
本専攻は,進展の速い材料・デバイスの技術革新に対応でき,ナノ・テクノロジーに基づく高度な専門性,研究能力を有する人材,材料・デバイス開発に必要な一連の知識,技術を幅広く身につけ,それらを俯瞰的にマネジメントできる人材及びオープン・イノベーション時代において,グローバルな視点を持ち,英語に堪能で,自分の研究以外にも世界中の英知を利用し,タイプの異なる研究者のチームで,スピーディーに新しいものを生み出す人材を育成することを目的としています。このため,本専攻では以下に述べるような学生を求めています。
① 博士前期課程での量子デバイス工学,材料・エネルギー工学,応用化学の専門分野の基礎知識と英語の語学力を備え,最先端の研究に熱意と意欲をもって遂行する人
② 物質工学分野において,革新的な技術開発を行い,国際社会の発展に貢献する意欲のある人
③ 工学的専門分野と同時に,工学倫理,知的財産権,技術経営,地球環境問題等にも興味をもち,広い視野をもつ研究者,技術者を目指す人

ライフサイエンス系専攻
本専攻は,個性ある学際的教育研究を推進するため,従来の専門分野に限定されない理学,工学,農学,医学の連携のもと,医工学,分子生命科学,農学生命科学の分野における先端的な専門的知識や技術を修得し,医療・製薬・バイオ・食品関連の企業や各種研究機関で活躍できる高度専門技術を有する人材を養成することを目的とします。

○応用医工学コース
生体情報のデジタル化を基盤にして医療・福祉の新しい動向に即した理論と先端的医療機材の開発研究に必要な創造的で幅広い視野の人材を育成します。
●求める学生像
① 生体情報のデジタル化を基盤にして, 生命現象や病態の解析、治療法や先端的医療機材の研究・開発について学ぶために必要な基礎知識を有する人。
② 医学・医療の領域に対する知的好奇心が旺盛で,創造的能力の高い人。
③ 医・工学の融合した新分野の研究者指導者となるための資質を有する人。

○応用分子生命科学コース
分子・細胞レベルの生命機能解析,バイオインフォマティクス,化学合成および先端バイオ技術に基づいた研究開発などを行うことができ,応用にも貢献できる創造的で幅広い視野をもった人材を育成します。
●求める学生像
① 化学,生命科学,生物学などの分野において基盤的な知識を修得し,将来は有用分子の研究開発,化学・製薬・バイオ関連産業分野で活躍を目指す人。
② 微生物及び動植物などの代謝や分子機能を中心に基盤的な知識を修得し、将来は化学・製薬・バイオ関連産業分野で活躍を目指す人。

○農学生命科学コース
食料,生命,環境およびそれらの複合事象を,ミクロからマクロまでさまざまな視点で分析・評価することができ,フードサイエンス,生物生産,環境制御に関する研究開発を通じて農学生命科学における多様な問題解決に貢献しうる創造的で幅広い視野の人材を育成します。
●求める学生像
① 食料,生命,環境に関する総合的かつ専門的基礎知識を有し,農学生命科学のさまざまな課題に強い関心と取り組む熱意のある人。
② 高度な専門的および学際的な知識と技術を意欲的に修得し,食品,バイオ,アグリビジネス,環境保全などの分野において指導的立場で活躍を目指す人。

続きを読む… 折り畳む

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

カリキュラム・ポリシーについては,下記のリンク(URL)をご覧ください。

http://www.yamaguchi-u.ac.jp/education/cp.html

※本学では専攻毎にカリキュラム・ポリシーを設定しており,詳細については文字数制限のため省略させていただきます。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

ディプロマ・ポリシーについては,下記のリンク(URL)をご覧ください。

http://www.yamaguchi-u.ac.jp/education/dp.html

※本学では専攻毎にディプロマ・ポリシーを設定しており,詳細については文字数制限のため省略させていただきます。