ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  生命融合科学教育部(博士課程)(修業年限3年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  入試

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  【入学者受入れ方針】
                   人の生命そのものに関わる医学,薬学を中心とする医療,創薬,福祉の分野では、近年の生命科学の進展とともに、先端的な技術や機器開発が著しい。医療に不可欠な生命工学技術の発展や新薬開発、さらにプロテインチップ,細胞チップなど高度な医療バイオ機器開発,創薬に必要な計算化学や合成技術の進展には医学領域あるいは薬学領域単独では限界があり,理工学の認知情報科学,生命工学,電子情報・機器工学,ナノテクノロジーなどの先端技術が生命現象解明の科学的経験・知識とともに必要となる。そこで,理工学領域で行ってきた,医療に必要な電子計測システムや精密機械を開発する分野,脳・神経系における情報伝達処理方法を構築しその利点を応用する分野,創薬に関わる化合物の構造や作用を解析し計算予測する分野および合成する分野,そしてナノテクノロジーを駆使した生体機能を補助するに必要な新機能材料の開発を行う分野などを,最新の生命科学を基盤とする医学薬学領域と融合させ、医薬理工の関連教員が連携して生命システムの解明からヒトの健康維持,障害支援に関わる最先端の学際教育・研究を行う。生命融合科学教育部では、以上の方針をもとに、一つの到達目標として“こころ”の問題を取り上げ、認知・情動に関する脳・神経科学研究を押し進めるとともに、心の発達障害、精神疾患、さらには神経変性疾患の予防・治療及び障害支援・福祉を目指して、医療、創薬、機器・材料開発を領域横断的に推進できる教育・研究を推進する。

                  【求める人材】
                   生命融合科学教育部では、深い専門性と広い領域横断性を培える教育・研究を実践する。広い領域横断性を培うには基盤となる専門性が必要とされ、大学院修士課程あるいは相等の教育・研究組織において、一定水準の専門性を修めていることが前提として求められる。また、専門性を深めるとともに他の研究領域の知識・技術を講義、演習などで積極的に修得し、学際的な興味を持って活躍できる人材が望まれる。

                  【育成しようとする人材】
                   生命融合科学教育部では,生命システムの解明からその健康維持,障害支援に関わる物質,機能材料,情報・機械システムの開発までを広く見渡すことができる見識と専門分野に関する高度な知識及び先端技術を修得することによって,これからの高齢化福祉・高度医療,生命環境構築など社会的要請に応え得る人材を育成することを目的とする。
                   近年の生命科学の発展によって,既成の学問領域を統括し新たな領域の開拓に取り組める融合型の人材育成が重要となっている。このため,単に各分野の先端研究を移植するだけの従来型の人材育成に変えて,大学の特色とその地域の独自性を各自が組み合わせて学べる医薬理工融合分野の柔軟な教育体制を構築し,個人の適性を活かしながら、生命科学分野の各方面で国際的にも地域においても活躍できるリーダー的人材を育成する。
                   このような先端的な生命科学の展開と人材育成には,医学薬学分野と理工学分野の連携・融合が不可欠であり、生命融合科学教育部では、社会的要請に応えて以下のような人材育成を推進する。
                   ・最先端の生命科学を担いうる研究者・高度専門職業人
                   ・高度医療機器に詳しい,また最先端情報工学を修得した医師・薬剤師
                   ・高度医療や医薬品合成に貢献できる理工学研究者・高度技術者
                   ・生体や環境との関連を熟知した機能性材料開発研究者・高度技術者
                   ・ヒューマンインターフェイスに精通した高度技術者
                   ・バイオインフォマティクス時代のシステムエンジニア
                   ・異分野コミュニケーションによる学際的活動に関われる研究者・高度技術者
                   ・脳・神経障害のための支援・福祉に活躍できる医療人及び高度技術者
                   ・障害者支援を行いながら、障害者とともに知的生産活動に携われる高度技術者
                   ・プログラミングを駆使して、健常者とともに障害支援機器開発に携われる障害者

                  続きを読む… 折り畳む

                  入学者数

                  2016年度2017年度2018年度
                  9人2人4人

                  数値の説明(増減理由等)

                  実施している入試方法

                  一般
                  AO
                  推薦
                  帰国子女
                  社会人
                  附属校
                  編入学
                  その他 ※
                  留学生

                  ※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

                  障害のある入学志願者に対する合理的配慮

                  1.5 倍または1.3 倍の時間延長
                  点字での受験、文字サイズ1.4 倍、紙面2 倍に拡大した問題用紙、拡大鏡等の使用
                  回答方式(チェック解答、文字解答、代筆)
                  意思伝達装置やパソコンを使用した意思表出
                  手話通訳者、介助者の配置
                  リスニングの免除、またはリスニング音声聴取を制御する許可
                  試験室の場所(トイレやエレベータとの距離関係)
                  杖や補聴器、車いす、特製机の使用など

                  障害のある入学志願者に対するその他の合理的配慮

                  障害のある入学志願者に対しては,個々の申し出により配慮の内容を検討します。

                  入学者の構成(男女別)

                  2016年度2017年度2018年度
                  8人1人2人2人2人

                  数値の説明(増減理由等)

                  入学者の構成(入試方法別)

                  2016年度2017年度2018年度
                  入学者数入学者数入学者数
                  一般
                  AO
                  推薦
                  帰国子女
                  社会人
                  附属校
                  編入学
                  その他 ※
                  留学生

                  ※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

                  数値の説明(増減理由等)

                  数値の説明(増減理由等)
                  一般
                  AO
                  推薦
                  帰国子女
                  社会人
                  附属校
                  編入学
                  その他 ※
                  留学生