ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

健康科学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
看護学科 4年 学士(看護学)
地域福祉学科 4年 学士(地域福祉学)
健康保育学科 4年 学士(保育学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

■健康科学部

健康科学部では、幅広い教養を学ぶための教養分野の科目と、それぞれの専門領域において学位授与に必要な基礎分野、専門基礎分野、専門分野の科目で教育課程を体系的に構成し、講義・演習・実習の形により教育目標の達成を目指す。また、3学科共通科目を配置し、福祉・保育・看護の各専門職が連携・協働して地域の健康に関する課題解決能力の育成を目指す。

1) 豊かな教養と人間性を育むための学部基礎分野(教養科目)の科目を配置する。

2) 健康科学の基礎的な考え方と論理的思考力を培うための科目、並びに地域の特性を理解するための科目を配置する。

3) 健康に関する地域課題の抽出と解決手法について、地域をフィールドとして3学科が協働して多職種連携を実践的に学修する科目を配置する。

4) 専門職としての生涯教育力を身に付け、キャリア形成を目指す科目を配置する。

5) 専門知識を生かし、新たな課題を探究する力を養うために専門科目として卒業研究を配置する。

■看護学科

看護学科では、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、以下のような学部共通科目、教養科目、専門基礎科目、専門科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を組み合わせた授業を実施する。本学科では、看護師国家試験受験資格に加えて、選択制により保健師国家試験受験資格又は養護教諭一種免許状を取得するために所定の科目を履修する教育課程を設置する。また、訪問看護・地域看護コースを設置する。

1) 豊かな教養と人間性、高い倫理観を育成するために、学部共通科目(基礎科目)と専門基礎科目を配置する。看護職として必要な知識・技能を修得できるように、あらゆる成長・発達段階、健康レベル、生活の場に応じた看護に関する看護専門科目を配置する。また、保健師教育課程と養護教諭教育課程では、それぞれ所定の専門科目を配置する。さらに訪問看護・地域看護の専門科目を配置する。

2) 看護、保健、医療に関する知識、技術、理論と倫理を体系的に学ぶための講義、演習、実習に関する科目を配置する。

3) コミュニケーション力を身に付けるため、地域をフィールドとした科目や少人数で行うゼミ形式の演習、臨地実習などを配置する。

4) 課題解決力や自己教育力を育成するために、テュートリアル教育などのアクティブ・ラーニング型授業の科目を配置する。

5) 地域の諸課題に関心をもち、その解決に向けて主体的に取り組むことができる能力を育成するため、地域医療連携や多職種連携に関する科目を配置する。

6) 進路決定や社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育成するため、キャリア形成に関する科目を配置する。

7) 看護学の知識を総合的に活用し、新たな知識や技能を探究し、創造していく力を育成するため、専門科目として卒業研究を配置する。

■地域福祉学科

地域福祉学科のカリキュラムは、地域共生社会の構築のために多様な職場で活躍する地域福祉人材を育成するため、以下のような教育課程を体系的に編成する。

1) 豊かな教養と高い倫理観を育成するために、学部共通科目(基礎科目)との連携を図りながら、専門科目を配置する。

2) 社会福祉、介護福祉に関する知識、技術、理論と倫理を体系的に学ぶための講義、演習、実習に関する科目を配置する。また、福祉専門職養成課程のみに留まらず、政策科学、法学、防災学などの多彩な科目を配置する。

3) 対人援助の基本となるコミュニケーション能力を身に付けるため演習科目を配置する。

4) 個人と家族、並びに地域社会の福祉的課題を発見し支援する視点を涵養するために、地域文化や地域課題を学ぶための講義・演習科目を配置する。

5) 主として保健医療福祉の多職種と連携及び協働することができるよう、各専門科目を配置する。

6) 地域共生社会の基盤を創る社会福祉士、介護福祉士の専門性と実践力を高めるため、主専攻とは別に副専攻を設置し、講義・演習科目を配置する。

7) 専門知識を総合的に活用し、探究心と論理的思考、創造力を養うため、卒業研究科目として地域福祉研究を配置する。

■健康保育学科

健康保育学科では、幅広い教養の上に高い専門性、実践的指導力、地域共生社会への貢献力を兼ね備えた「地域ぐるみで支え合う保育を牽引する人材」を育成する。「教養と感性」、「思考の深化」、「主体的課題解決力」、「地域共生社会での協働力」を基盤とした科目を配置する。

1) 幅広い教養と豊かな感性、保育・教育における倫理、責任と使命感を育成するために学部共通科目(基礎科目)と専門科目を配置する。

2) 保育・教育の専門職として必要な論理的思考力・分析力を修得できるように、保育・教育・福祉に関する専門的な知識と技術を体系的に学ぶ専門科目を配置する。

3) コミュニケーション力を身に付けるため、対話中心の実習科目を配置する。

4) 向上心を基盤とした課題解決力や自己教育力、保育・教育・福祉の現場に根ざした高い実践力を修得できるよう、個別指導に基づいた実習科目を体系的に配置する。

5) 保育・教育・福祉に関する地域の諸課題を分析、考察し、協働的に解決する力を養成するために、地域連携・地域貢献型科目を配置する。

6) 多様な障がいのある子どもの発達と教育的ニーズを把握し、実践的かつ適切な指導・支援を行う力を修得するために特別支援教育に関する専門科目を配置する。

7) 保育・教育・福祉の知識を総合的に活用し、創造的視点から新たな知識や技術を探究する力を養うために、専門科目として卒業研究を配置する。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

■健康科学部

健康科学部では、所定の期間在学し、卒業要件に必要な単位を修得し、以下の能力を備えたと認められる者に学士号を授与する。

1) 人間の尊厳を尊重し、専門職としての高い倫理観を身に付けていること。

2) 健康科学を追究し、専門職として必要な知識・技能を身に付けていること。

3) 健康支援に携わる専門職として必要なコミュニケーション能力を身に付けていること。

4) 地域の健康課題に取り組み、解決に向けて地域連携、多職種連携を図ることができること。

5) 生涯を通じて学び続け、専門職としてのキャリア形成を実践できる能力を身に付けていること。

■看護学科

看護学科の教育目標に沿って設定された課程を修め、“心と体の健康を支える看護”の専門職にふさわしい以下の能力を備えたと認められる者に学士(看護学)を授与する。

1) 人間の生命や尊厳、権利を尊重する高い倫理観を身に付けていること。

2) あらゆる成長・発達段階、健康レベル、生活の場を持つ人々に適切な看護を提供するために必要な知識及び技能を身に付けていること。

3) 多様な人々の価値観を尊重し、看護の対象者並びに関連職種と積極的にコミュニケーションを図り、良好な関係性を築くことができること。

4) 個人・家族・集団・地域社会の健康課題を認識し、看護専門職として、その解決に向けて必要な役割を見出し、実践することができること。

5) 保健・医療・福祉、養護教育に携わるチームの一員として、地域共生社会の実現に向けて多職種連携に取り組むことができること。

6) 看護専門職として自らの実践を振り返り、その質の向上を目指して、生涯にわたり学び続けることができること。

■地域福祉学科

地域福祉学科の教育目標に沿って設定された課程を修め、以下の能力を備えたと認められる者に学士(地域福祉学)を授与する。

1) 豊かな教養と人間の尊厳や権利を尊重する高い倫理観を身に付けていること。

2) 地域福祉学を追究し、専門職として必要な知識・技能を身に付けていること。

3) 福祉専門職として必要なコミュニケーションを身に付けていること。

4) 個人と家族、並びに地域社会の福祉的課題を発見し、その解決に向けて支援する力を身に付けていること。

5) 地域共生社会の実現に向けて、多職種と連携・協働していくことができる力を身に付けていること。

6) 生涯を通じて学び続け、専門職としてのキャリア形成を実践できる能力を身に付けていること。

■健康保育学科

健康保育学科の教育目標に沿って設定された課程を修め、以下の能力を備えたと認められる者に学士(保育学)を授与する。

1) 保育・教育が子どもの健全な発達、人格形成に関わることを理解し、保育・教育の専門職としての倫理、責任、使命を自覚していること。

2) 保育・教育・福祉の各分野においてその本質を理解し、保育・教育活動を支え実現する上で不可欠な専門的知識と技能を身に付けていること。

3) 多様な価値観を受容、尊重し、協働的に保育・教育活動を営むのに必要なコミュニケーション能力とリーダーシップを身に付けていること。

4) 地域の特性に即して、保育・教育に関する課題を発見し、その解決に向けて多角的視点から取り組むことができること。

5) 地域共生社会の実現に向けて、地域及び他職種と連携・協働し、地域コミュニティに根ざした保育者の役割を理解する。

6) 理論と実践を結ぶ力を身に付け、保育・教育の専門職として生涯にわたり向上心を持って学び続ける姿勢を身に付けていること。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可0円
編入学不可0円

転学部・編入学情報補足

単科大学で単一学部である
制度を定めていない。

専攻分野

専攻分野
社会福祉学
看護
介護・福祉
児童・子ども・保育

専攻分野に関する説明