ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  外国語学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  <各学科の特徴>
                  【英米学科】本学の英米学科は少人数クラスによる高度な英語の運用能力の養成とともに、英語圏の言語・文学・文化・社会に関する専門知識の習得を目指します。また英米に限らず国際社会における異文化間理解・コミュニケーションに必要な視点・スキルを身につけると同時に、異文化に対する理解を深めることで、自分達の文化を新たな視点からとらえ直すことのできる人材を育成します。さらに少人数のゼミでは、専門分野のテーマについて研究し、論文にまとめ、発表する能力を育成するための指導を行います。
                  【ロシア学科】本学科は、専門的にロシア語が学習できる数少ない場です。ロシア語は英語と違って多様な語形変化を持った言語です。確実な文法理解ときれいな発音がロシア語学習の基礎になるという立場を取り、ロシア人教員と日本人教員が協力して細やかな指導を行うことで会話と文章読解との調和をはかり、学生たちの総合的なロシア語運用能力の向上を目指します。
                  【中国学科】中国語運用能力の基礎を固めたうえで、さらに言語学・文学・社会学・文化人類学・政治学・経済学などの専門知識を豊富にします。その過程で、課題探究能力、論理的思考能力の向上をめざします。
                  また、中国語という言語そのもののしくみ(音韻・文法)や表現(文学・演劇)、また都市と農村、方言、華人社会など、広大な中国および中国語圏の多様性に対して尖鋭な問題意識を持ちつつ、時代の変化や地域の差異に対応できる高度なコミュニケーション能力を身につけます。
                  【イスパニア学科】ネイティブの専任教員からシャワーのように浴びるイスパニア語。単なるあいさつだけではなく、自分の主張をしっかりと持ち、それを自分の言葉で表現することが求められる実践本位のカリキュラムを取り入れているため、在学生の誰もがイスパニア語をマスターしています。時流にあった文献、ビデオ、音声教材など各種教材が充実しており、最新のコンピュータやオーディオ教室を使い、効果的にイスパニア語がマスターできる環境も整えています。
                  【国際関係学科】国際関係学科では、国際社会の動きを幅広い視点からとらえ、国境を越えて広がる複雑多岐な課題に柔軟に対応する能力を養うために、英語を中心とする外国語とともに、法律・政治、経済・経営、社会・文化などの多様な専門領域についても広く学びます。現在、国際社会は、既存の理念や価値観の大きな揺らぎに加えて、ヒト、モノ、カネのグローバルな流動化に直面しています。21世紀に求められるのは、こうした状況に、学際的な知識と同時に、人間的叡知に裏付けられたバランス感覚に富む国際感覚をもって対処できる人材です。日本や世界の未来と自らの将来を切り開いていける場所、それが神戸市外国語大学国際関係学科です。

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  英米学科 4年 学士(外国学)
                  ロシア学科 4年 学士(外国学)
                  中国学科 4年 学士(外国学)
                  イスパニア学科 4年 学士(外国学)
                  国際関係学科 4年 学士(国際関係学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可0円

                  転学部・編入学情報補足

                  http://www.kobe-cufs.ac.jp/admissions/qa/faq2-9.html でご確認ください。
                  本学では、毎年3月に編入学試験を実施します。ただし、11月中旬~12月中旬の所定の期間に資格審査を申し込み、審査結果に合格した方のみ出願できます。

                  英米学科は3年次編入のみ、その他の学科は2年次及び3年次編入があります。ただし、学科に欠員がない場合募集しない年度がありますのでご注意ください。

                  毎年11月上旬に本学ホームページに「編入学試験要項」を掲載するとともに、編入学試験の募集学科や募集年次についてお知らせします。費用負担については、募集要項でご確認ください。

                  専攻分野

                  その他専攻分野

                  <コース制について>
                  英米学科・ロシア学科・中国学科・イスパニア学科では、3年次(国際関係学科のみ2年次)からコースを選択し、それぞれの言語圏での専門分野の実践的探求をします。また、国際関係学科では、世界の各地域を繋いで国際関係を総合的に学ぶことを目的に、学科専門科目を履修します。

                  【語学文学コース】
                  専攻する言語による文学史や語学概論といった講義を経て、ことばをその発生段階から科学し、発達した芸術として堪能します。本コースは、ことばのしくみ、背景、さらには思想などといった次元の高い研究により、最終的には言語、文学、文化について高い教養を身につけることを目指しています。

                  【法経商コース】
                  世界的な視野に立って物事を判断できる能力を修得するため、社会科学に関する理論的・実務的・総合的な専門知識を身につけることを目的としています。そのカリキュラムは、法律学・経済学・商学等の広範な領域にわたり、主要科目が体系的に配列されています。学年が進むにつれて、基礎から応用へと変わる科目内容の経緯も、スムーズに専門性を高めていけるよう工夫されたものです。 憲法や民法、経済学はもちろん、国際ビジネスに関する科目、専攻言語地域に関する講義など、動きの激しい国際社会にフレキシブルに対応できる、充実したカリキュラムを提供しています。

                  【総合文化コース】
                  文化とは、自然環境、宗教、歴史など、それぞれの国や社会の中に存在するさまざまな要因によって作用され、育まれていくものです。こうしたなかで人間が創り出す文化のかたちやその特徴を、それぞれの地域で使用されている言語を使って理解・研究しようとするのが本コースの目的です。

                  【国際コミュニケーションコース】※希望者選抜制、国際関係学科の学生も選択可能
                  国際社会における様々なコミュニケーションの現場を念頭に置きながら英語運用能力を強化するコースです。
                  本コースのプログラムは、高校までに学んできた英語の知識を、聞いたり話したりすることに十分結びつけられるかどうかを確かめることから始まります。授業は主として英語で行われます。

                  続きを読む… 折り畳む