ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  農学生命科学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  生物学科 4年 学士(農学生命科学)
                  分子生命科学科 4年 学士(農学生命科学)
                  食料資源学科 4年 学士(農学生命科学)
                  国際園芸農学科 4年 学士(農学生命科学)
                  地域環境工学科 4年 学士(農学生命科学)
                  生物資源学科 4年 学士(農学生命科学)
                  園芸農学科 4年 学士(農学生命科学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                  農学生命科学部は,農学および生命科学教育を通して課題探求・問題解決能力を備えた専門技術者・研究者の養成を目指すための科目を編成します。
                  1)教養教育について
                  専門分野における能力を活かすために必要な知識や、社会で活躍するに必要な教養知識の習得を導きます。
                  2)専門教育について
                  農学教育及び生命科学教育は、学部教育の根幹になります。
                  - 見通す力:農学および生命科学の各分野の学修を通して、自然や社会を見通す力を養います。
                  - 解決する力:専門教育での学修を基にして、地域社会や国際社会において必要な課題探求・問題解決能力を育む場を提供します。加えて専門教育を通して生命倫理、職業倫理も実践的に培います。
                  - 学び続ける力(学習習慣の持続):専門教育を通して勉学の楽しさと知識が人生を豊かにすることを伝え,生涯学習の考え方を伝えます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  「食」と「国際化(グローバル化)」をキーワードとし、地方創生を意識しつつ、食に関する基本知識を持って食産業等にイノベーションを起こせる学生や海外研修等を通じ国際的な農産物の取引に精通した学生を育成します。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
                  農学生命科学部は、国際化の中で刻一刻と変化する農業・食産業分野、生命科学分野における技術革新に対応し活躍できる能力、および高い生命倫理,職業倫理を併せ持つ専門技術者として以下の三つの力を身につけたものに対して学士(農学生命科学)の学位を授与します。
                  - 農学および生命科学の各分野の専門性を身につけ、原理や理論、実践に基づいて自然や社会を見通す力
                  - 学修した知識を具体的に活用し、専門技術者として地域社会や国際社会における問題を解決する力
                  - 創造性と主体性をもって生涯にわたって自らを成長させ学び続ける力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,350円

                  転学部・編入学情報補足

                  転学部希望先の学部の審査において、転学部可と認められた場合に限り転学部可能。
                  検定料:30,000円
                  返信用切手:350円
                  入学料:282,000円

                  専攻分野

                  その他専攻分野