ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する
ここから大学情報です
お気に入りリスト一覧へ

基本情報

大学の基本情報

大学名
九州歯科大学
本部所在地
福岡県北九州市小倉北区真鶴2-6-1 
設立年(設置認可年)
1914
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
093-582-1131
【FAX】093-582-6000
大学の種類
公立・大学(大学院大学を含む)
総学生数(学部)
669人
総学生数(大学院)
77人
総教員数(本務者)
122人

大学の教育研究上の目的や建学の精神

【大学の理念】
九州歯科大学の理念を以下のとおり定め、九州歯科大学がどのような人材の養成、社会貢献、研究活動を志すのかをここに明らかにします。
・高度な専門性を持った歯科医療人の育成
・地域医療の中核的役割を果たす
・歯科医学を支える研究の推進
【教育研究目標】
九州歯科大学は、基本理念の実現に向けて、以下のような教育・研究を行います。
1 プロフェッションとしての人間性、豊かな教養、専門知識および技能の備わった歯科医療人を育成する。
2 科学的情報を正しく解釈し、根拠に基づいた歯科保健医療活動が行える人材を育成する。
3 全身の健康という視点に立ち、いかなる社会構造の変化にも対応できる歯科医療人を育成する。
4 多職種と連携し、歯科保健医療を通じて地域社会に貢献することができる歯科医療人を育成する。
5 国際連携交流活動を強化し、国際的な視野に立って歯科保健医療活動が行える人材の育成を推進する。
6 学際領域の学問分野と協働し、地域社会の発展に寄与する国際的な研究を展開する。

続きを読む… 折り畳む

大学の特色等

【学長のあいさつ】
九州歯科大学は、全国に29校ある歯科大学および歯学部の中で唯一の公立大学として長い歴史と伝統を持ち、歯科医学および歯科医療の発展に大きく貢献してきました。2014年には創立100周年を迎えましたが、「口腔医学の総合大学」としてさらに充実した教育・研究・臨床活動を展開していきます。

現在、医学および歯学教育の現場では、専門的職業人(プロフェッション)の育成が重要視されています。本学では、プロフェッショナリズムとヒューマニズムの精神を備えた歯科医療人の育成を目指し、時代に即した教育改編を行っています。

また、他大学との連携も推進しており、2009年度に九州工業大学と歯学・工学を融合した大学院教育をスタートさせました。2012年度から、文部科学省補助金事業「地域連携による『ものづくり』継承支援人材育成協働プロジェクト」を展開し、他分野との連携を視野に入れた研究環境の整備に努めています。

本学での学びを通して巣立った人たちが、国内外問わず、歯科医学および歯科医療界のフロントランナーとして活躍することを期待しています。

教育研究上の基本組織

学部(短期大学の場合は学科)
歯学部 口腔保健学科
歯学部 歯学科

 

研究科
歯学研究科 口腔保健専攻(修士課程)
歯学研究科 歯学専攻(博士課程(一貫))

 

全てを表示する 折り畳む

その他の学内組織
附属病院
附属図書館
口腔保健・健康長寿推進センター
地域医療調査研究センター
寄附講座(歯周医学)
国際連携推進室

教育研究上の基本組織に関する説明

キャンパス情報

真鶴キャンパス

所在地

福岡県北九州市小倉北区真鶴2丁目6-1 GoogleMapで参照

アクセス

1.JR小倉駅から
西鉄バス22・23・43・46・143番系統で「歯大前」下車(約20分)バス停から大学まで徒歩約1分

2.JR南小倉駅から
西鉄バス22・23・26・43・46・143番系統で「歯大前」下車(約5分)バス停から大学まで徒歩約1分

3.JR八幡駅から
西鉄バス1番系統「到津三又路」下車(約25分)バス停から大学まで徒歩約3分
西鉄バス22・43番系統「歯大前」下車(約25分)バス停から大学まで徒歩約1分

外観

キャンパスの外観1

校地・校舎等の施設及び設備その他の学生の教育環境(バリアフリー等の対応状況含む)

九州歯科大学では、附属図書館をはじめ、電子顕微鏡室、コンピューター関連施設、動物実験施設など、充実した学習・研究施設を整備しており、学生が歯科医学を学ぶために理想的な学習環境を用意しています。
また、平成19年度の新本館と新講堂棟への移転により、新施設のバリアフリー化、車いすでも支障なく移動できる十分な空間の確保、手すりの取り付けなどの整備が行われ、障害のある方にもほとんど問題の無い環境となっています。

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度の対象校か確認年月
○ 201909

※対象校とは、大学等における修学の支援に関する法律に定める授業料等減免実施のための要件を満たしていることについて確認を受けた機関を指す。 要件を満たさない機関及び対象校となるための申請をしていない機関は空欄で表示される。
※対象校であっても要件に合う学生のみが支援の対象になる。

評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

全てを表示する 折り畳む

評価機関評価年月
大学機関別認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構2017年3月
評価機関評価年月
公立大学法人九州歯科大学業務実績評価 福岡県公立大学法人評価委員会2020年8月

学生支援

修学支援

九州歯科大学は、スチューデントアワー制度、後援会・同窓会などの組織、福利・厚生制度など、学生生活をサポートするさまざまなサービスを提供しています。それらを上手に活用し、皆さんが充実したキャンパスライフを過ごせることを期待しています。

心身の健康に係る支援

楽しい学生生活を過ごすためには、第一に心身ともに健康であることが重要です。九州歯科大学では、さまざまな悩みを相談できる学生相談室や心と身体の健康をサポートする健康管理室を設置し、皆さんが健やかな学生生活を送れるようバックアップを行っています。

留学生支援

九州歯科大学では留学生の受け入れを行っています。留学生に対しては、生活面での相談は、「何でも相談室」および各年次の主任・副主任教員あるいは指導教員などが対応し、学習面の相談は、科目担当の教員がスチューデントアワー制度や電子メールなどで相談に応じる体制を整えています。また、経済面については、事務局が奨学金の獲得に向けた支援を行っています。

留学生支援(日本人学生への支援)

障害者支援

九州歯科大学では、附属図書館をはじめ、電子顕微鏡室、コンピューター関連施設、動物実験施設など、充実した学習・研究施設を整備しており、学生が歯科医学を学ぶために理想的な学習環境を用意しています。
また、平成19年度の新本館と新講堂棟への移転により、新施設のバリアフリー化、車いすでも支障なく移動できる十分な空間の確保、手すりの取り付けなどの整備が行われ、障害のある方にもほとんど問題の無い環境となっています。

就職・進路選択支援

歯学部歯学科を卒業した後の進路は、臨床研修後の病院や歯科診療所への勤務、大学院に進んでの研究・指導能力の研さん、歯科医療に関係した行政機関への関与など、さまざまな道があります。先輩の声も参考にして、自分の進むべき道を見つけ、その目標に向かって有意義な学生生活を送ってください。

歯学部口腔保健学科を卒業した後の進路は、保健医療機関をはじめ、医療関連会社、食品会社などの一般企業、口腔保健医療に関係した行政への関与など、さまざまな道があります。2014年、歯学部口腔保健学科の第一期生が卒業しました。さまざまな分野でこれからの活躍を期待します。

課外活動

クラブ活動の状況

九州歯科大学では、学生の自主運営によるクラブ・同好会の活動が活発です。
思い切り体を動かす体育系はもちろん、芸術や学問を楽しむ文化系のクラブも多数あり、それぞれ大会やコンテンストに参加したり、発表会や演奏会を開催したりしています。クラブ・同好会は、共通の趣味や価値観を持つ仲間と出会える絶好のチャンスの場です。

ボランティア活動の状況

学生寮一覧

学生寮の有無

財務諸表等