ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  ここから大学情報です
                  お気に入りリスト一覧へ

                  基本情報

                  大学の基本情報

                  大学名
                  奈良女子大学
                  本部所在地
                  奈良県奈良市 
                  設立年(設置認可年)
                  1949
                  大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
                  0742-20-3204
                  大学の種類
                  国立・大学(大学院大学を含む)
                  総学生数(学部)
                  2,152人
                  総学生数(大学院)
                  529人
                  総教員数(本務者)
                  206人

                  大学の教育研究上の目的や建学の精神

                   本学は、女子の最高教育機関として、広く知識を授けるとともに、専門の学術文化を教授、研究し、その能力を展開させるとともに、学術の理論及び応用を教授、研究し、その深奥を究めて、文化の進展に寄与することを目的とする。

                  大学の特色等

                   奈良女子大学は、1908(明治41)年に女子教員の養成を目的として設置された奈良女子高等師範学校をその前身としています。1911年には附属小学校と附属高等女学校(現 附属中等教育学校の前身)が開校され、翌1912年に附属幼稚園が保育を開始しました。
                   1949(昭和24)年国立学校設置法の公布により、奈良女子高等師範学校を母体として奈良女子大学が発足しましたが、新制大学となってからは、「女子の最高教育機関として、広く知識を授けるとともに、専門の学術文化を教授、研究し、その能力を展開させるとともに、学術の理論及び応用を教授、研究し、その深奥を究めて、文化の進展に寄与すること」(本学学則より)を目的として教育研究活動を行なっています。
                   社会における女性の知的自立と知的展開能力の獲得をめざしてきた本学は、時代状況や社会の変化に柔軟に対応し、また、社会からの要請に応えるべく、2000(平成12)年11月に次の4つの基本理念を定めています。
                   理念1 男女共同参画社会をリードする人材の育成  ―女性の能力発現をはかり情報発信する大学へ―
                    理念2 教養教育、基礎教育の充実と専門教育の高度化
                    理念3 高度な基礎研究と学際研究の追究
                    理念4 開かれた大学  ―国際交流の推進と地域・社会への貢献―
                   本学は、歴史的遺産の宝庫でもある奈良市中心部の交通至便な場所に位置するキャンパスに、文学部、理学部、生活環境学部の文系理系がバランス良く配置された3学部を擁し、さらに、高度な教育研究を担う文理融合の学際的な研究を特色とする大学院人間文化研究科を配置して、小規模ながらも個性ある教育・研究を推進することを目指しています。
                   このほか、本学には、平成6年12月に歴史的建造物として国の重要文化財の指定を受けた記念館(奈良女子高等師範学校旧本館)があり、奈良女子高等師範学校時代から受け継がれてきた貴重な資料が保管されています。また、本学附属施設として、奈良女子高等師範学校時代の伝統を継ぐ附属中等教育学校、附属小学校、附属幼稚園のほか、学術情報センター(特に多くの女性問題関係資料が収められています)、アドミッションセンター、保健管理センター、臨床心理相談センター、国際交流センター、社会連携センター、環境安全管理センター、理系女性教育開発共同機構、やまと共創郷育センター、男女共同参画推進機構、共生科学研究センター、生涯学習教育研究センター、教育システム研究開発センター、古代学学術研究センター、アジア・ジェンダー文化学研究センター、岡数学研究所及び動物実験施設を有しています。

                  教育研究上の基本組織

                  学部(短期大学の場合は学科)
                  文学部
                  理学部
                  生活環境学部

                   

                  研究科
                  人間文化研究科(博士課程(前期))
                  人間文化研究科(博士課程(後期))

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  その他の学内組織
                  附属幼稚園
                  附属小学校
                  附属中等教育学校
                  学術情報センター
                  アドミッションセンター
                  保健管理センター
                  臨床心理相談センター
                  国際交流センター
                  社会連携センター
                  環境安全管理センター
                  理系女性教育開発共同機構
                  やまと共創郷育センター
                  男女共同参画推進機構
                  大和・紀伊半島学研究所
                  生涯学習教育研究センター
                  教育システム研究開発センター
                  アジア・ジェンダー文化学研究センター
                  岡数学研究所
                  動物実験施設

                  キャンパス一覧

                  キャンパスの外観1

                  キャンパスの外観1

                  評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

                  全てを表示する 折り畳む

                  評価機関評価年月
                  大学機関別認証評価及び選択的評価事項に係る評価独立行政法人大学評価・学位授与機構2008年3月
                  評価機関評価年月
                  国立大学法人評価(第1期)国立大学法人評価委員会2011年5月
                  評価機関評価年月
                  大学機関別認証評価独立行政法人大学評価・学位授与機構2014年3月
                  評価機関評価年月
                  国立大学法人評価(第2期)国立大学法人評価委員会2017年6月

                  学生支援

                  就学支援

                  (入学料免除)
                  入学前1年以内において、本人の学資を負担している者が死亡し、又は本人若しくは本人の学資を負担している者が風水害等の災害を受けたことなどにより、入学料の納付が著しく困難な者で入学料の免除を希望する者については、選考の上、入学料の全額又は半額が免除される制度があります。

                  (授業料免除)
                  授業料は、前期分と後期分の2期に分けて納付することになっていますが、経済的理由によって納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められた者で、授業料の免除を希望する者については、選考の上、それぞれの期の授業料について、全額又は半額が免除される制度があります。

                  (学内奨学金)
                  2年次以上の学部学生を対象として、特別な事情により経済的に特に困窮している者に給付される廣岡奨学金や、3年次以上の学部学生及び大学院生を対象として、学業優秀者に授与される広部奨学金および佐保会奨学金があります。また、育児中の学生を支援する育児奨学金も運用しています。

                  (学生寄宿舎)
                  本学には学生寄宿舎として寄宿寮と国際学生宿舎があり、学生に安定した生活の場を提供し、修学上の便宜を図っています。
                  (下宿紹介)
                  自宅から通学が困難な学生のために、下宿情報を提供しています。また本学Webページからも下宿情報が検索できるようにしています。

                  心身の健康に係る支援

                  学生生活全般についての相談、健康についての相談、セクシャルハラスメント、アカデミック・ハラスメントなどの相談、母性にかかわる健康相談といった様々な相談制度を設けています。

                  留学生支援

                  (チューター制度)
                  本学では留学生に指導教員を配置しているほか、本学の学生が学習上のことから日常生活のことまで助言を行い、留学生が一日も早く環境に馴染み、勉学・研究の向上を図るためのチューター制度を設けています。

                  (日本語科目)
                  日本語の授業科目が設けられており、全学部の外国人留学生が受講することができます。
                  学部の外国人留学生がこの授業科目を履修し、単位を修得した場合は、卒業に必要な単位のうち外国語科目の単位に代えることができます。

                  (留学生賃貸住宅連帯保証制度)
                  留学生が民間アパート等の契約をする際、その契約において、本学が連帯保証人となる制度があります。

                  (奨学金)
                  学業成績、人物ともに優秀な留学生には、なでしこ基金外国人留学生奨学金を支給しています。

                  留学生支援(日本人学生への支援)

                  (交換留学)
                  交換留学制度は協定大学のうち授業料等を不徴収とする学生交流協定を締結している大学に、半年もしくは1年間、本学に在学したまま留学する制度です。
                  留学に必要な費用については、留学先国・大学により異なりますが、留学先大学での授業料は必要ありません。ただし本学での授業料は支払の必要があり、留学に係る航空運賃、生活費、保険料等は自己負担となります。

                  (短期留学)
                  毎年、夏季・春季の長期休業期間中に、海外での研修プログラムを実施しています。
                  1.グローバル女性人材養成プログラム(ベトナム)(14日間)
                  ベトナムについての授業、企業訪問、博物館見学、学生交流、チャリティー活動、その他ベトナム文化体験・見学など(ベトナム料理体験、ハロン湾見学、チャンアン・ニンビン見学など)
                  2.グローバル女性人材養成プログラム(中国)(4週間)
                  中国語の授業、その他中国文化体験・見学など(太極拳等中国文化体験、南京市内見学、南京大学学生との交流、上海見学など)
                  3.グローバル女性人材養成プログラム(ニュージーランド)(4週間)
                  English for Academic and Professional Purposesの受講、カンタベリージャパンデーへの出展、リンカーン大学プチ留学体験(特別授業)、現地学生との交流、日帰り旅行(予定)など
                  4.グローバル女性人材養成プログラム(フィリピン)(3週間)QQEnglishセブ島シーフロント校にて英語レッスンを受講
                  5.アメリカ学生研修旅行(10日間)
                  平成29年度は以下の機関で研修を実施しました。平成30年度についても同様の研修を予定しています。
                  スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校、Google、NASA、Intel、オラクル、Plug&Play、Apple、Augodesk Gallery、ヨセミテ国立公園等

                  (奨学金)
                  海外の協定校へ派遣留学する学業成績、人物ともに優秀な学生には、なでしこ基金派遣留学奨学金を支給しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  障害者支援

                  本学では、身体等に障害のある学生を教育・学生生活等の面から広くサポートする障害学生支援制度があります。

                  就職・進路選択支援

                   本学では教員と事務職員が協力して皆さんの就職活動を支援するために学生支援室 就職支援部門を設置して、就職支援行事の企画・実施を行うなど、就職活動を全学的に支援しています。
                   また、就職・進学に関するいろんな悩みには、キャリアカウンセラー資格を持つ「キャリアアドバイザー」が個別に相談を行っています。
                   さらに、キャリアサポートルームを設置し、就職活動に欠かせないツールを揃えています。

                  課外活動

                  クラブ活動の状況

                  本学では、多数の体育系団体、文化系団体、音楽系団体が活動しています。

                  ボランティア活動の状況

                  本学では「国際交流ボランティア制度」を設けており、学生・教職員・卒業生等が、自らの意志に基づき、本学が受け入れる留学生及び外国人研究者等の学習・研究・日常生活の援助を無償で行っています。主な活動は、留学生・外国人研究者の生活サポート、 日本語パートナー、広報等の支援、国際会議等の支援等です。

                  学生寮一覧

                  学生寮の有無
                  所在地奈良市半田横町14 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  学生寮は正門の前にあり、キャンパスに直結している好ロケーションです。

                  定員340人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)4,700円
                  入寮条件

                  通学に片道2時間以上を要する者で、学部学生のみ。入寮希望者が募集人員を上回る場合は、経済状況等を考慮して入寮者を決定します。 (留学生は別対応) 

                  特色

                  学生寮は正門の前にあり、キャンパスに直結している好ロケーションです。安心して通学することが可能です。
                  学生寮は、学部1・2回生が入居する「寄宿寮」と学部3・4回生と外国人留学生が入居する「国際学生宿舎」から構成されています。居室は全て個室となっており、各室に設備として机・椅子、ベッド、書棚、クローゼット、冷凍冷蔵庫、下駄箱、照明器具、エアコン、ユニットバス、ベランダ、物干し竿が備えられています。
                  毎年4月の募集人員は約80人で、近年の平均倍率は、約1.8倍となっています。

                  ※寄宿寮建替えのため、2020年度新入生にかかる入寮者募集はおこないません。

                  所在地奈良市北小路町官有地 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  キャンパス近接地にあり、大学南門から徒歩5分です。

                  定員
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)
                  入寮条件

                  留学生(私費の研究生を除く)、外国人研究者、日本人博士前期課程学生

                  特色

                  定員:単身室36室、夫婦室1室、家族室1室(外国人留学生用)
                      単身室 4室、夫婦室1室、家族室1室(外国人研究者用)
                      単身室 6室(日本人博士前期課程学生用)

                  寮費(食費込):

                  寮費(食費無):(学生用)単身室5,900円、夫婦室11,900円、家族室14,200円
                            (研究者用)単身室7,500円、夫婦室21,000円、家族室29,700円
                  ※この他、光熱水料を使用状況に応じ請求します。

                  留学生、外国人研究者及びその家族、日本人博士前期課程学生のための宿舎です。
                  生活をサポートするための日本人学生(チューター)を配置しています。
                  居室は単身室、夫婦室、家族室となっており、各室に設備として机・椅子、デスクスタンド、ベッド、書棚、クローゼット、冷凍冷蔵庫、カーテン・レースカーテン、下駄箱、照明器具、エアコン、ユニットバス、トイレ、ベランダ、電気掃除機等が備えられています。

                  所在地  GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス
                  定員
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)
                  入寮条件
                  特色

                  全て表示 折り畳む