ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

文学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
人文社会学 4年 学士(文学)
言語文化学 4年 学士(文学)
人間科学 4年 学士(文学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 【文学部のカリキュラム構成】
 奈良女子大学文学部では、入学後に学生自らが学科・コースを選択していく制度をとっています。2年次から学科に分属し、3年次にコースを選択します。
 文学部の専門科目として「学部共通科目」「学科科目」を開講します。「学部共通科目」(基礎演習、概論等)では、専門分野の基礎的な知識を獲得するとともに、情報リテラシーやコミュニケーション・スキルを養います。2年次以降に履修する「学科科目」(特殊研究、講読、演習、実習等)では、自身の課題を探求するための深い専門性を身につけます。
 最終年次に、これらの学びの集大成として卒業論文を作成します。

【文学部の教育内容と方法】
・異文化に対する理解を深め、国際社会を視野に入れた思考ができるよう、2 カ国語以上の外国語を習得します。
・大学における多様な学問に触れ、幅広い教養を身につけるため、大学の教養教育の理念に基づき、4年の学修期間を通して教養科目を履修します。
・文学部での学びの導入として、1年次での「基礎演習」や「学ぶことと女性のライフスタイル」の履修を通じて、自ら問題を発見し論理的に思考する力を養います。
・演習、実習等では、少人数の履修者による主体的・協働的な深い学びをつみ重ねながら、専門的スキルを高めます。
・幅広い視野を獲得し、学際的な研究テーマに取り組むことを可能にするため、「学科科目」の大部分は、他学科の学生も自由に履修することができます。
・文学部が取り組む「なら学プロジェクト」「ジェンダー言語文化学プロジェクト」関連科目の履修により、さまざまな学問的アプローチによる最新の研究成果に触れることができます。
・「卒業論文」は、全学科・全コースで必修です。
・「卒業論文演習」では、専門的知識に基づいて課題を発見・解決するプロセスを履修者全員で共有し、ひとりひとりが的確な「ことば」で論理的に説明する能力を高めます。
・6 年一貫教育プログラムでは、学部から大学院博士前期課程まで継続的に研究を行うとともに、留学などの学外での学修を自ら柔軟に設計することが可能です。

【学修成果の評価】
 学修成果の評価は、それぞれの開講科目のシラバスに示された成績評価の方法(定期試験、レポート、授業での発表等)に従い、公正かつ厳格に行います。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

 文学部では、学生自らが進路を選択決定していく「コース制度」を導入しています。
 入学後、1回生は文学部という大きな幹のもとに集い、基礎演習や概論をとおして幅広い知識と視野を学びます。2回生になるときに、そこで芽生えた興味関心に沿って人文社会学科・言語文化学科・人間科学科の3学科に枝分かれしていきます。3回生では更に専門のコースに分かれ、疑問の芽を蕾へと育む専門知を吸収していきます。そして4回生時、卒業論文を通して自身の花を咲かせるのです。回生があがるにつれて専門化していきますが、ほとんどの授業科目は学科や学部に開かれていますので、自身の疑問をさまざまな視野から検証することができます。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【学位授与の前提となる教育理念と目的】
 奈良女子大学文学部は、人間という存在を深く理解し、社会を総合的に鋭く認識する女性の育成を目指します。幅広く深い教養をもとに、人文社会学科、言語文化学科、人間科学科で展開する諸分野に関する学修を通じて、専門的知識や技能を身につけ、主体的に課題を発見、分析、解決する実践力を養います。そして、グローバルな視点から自分の考えを的確に表現、発信できる積極的な人材を育成します。
【学位授与の要件】
 本学部で定めた在学期間内に上記の目的に沿った授業科目を履修し、所定の単位を修得のうえ、卒業論文を提出して審査に合格した学生を、上記の力を身につけたものと認め、「学士(文学)」の学位を授与します。
【身につけるべき力】
・豊かな感受性と鋭い洞察力をもち、人間とは何かについて深く考える力
・社会における諸事象を俯瞰し、批判的にとらえ、的確に判断する力
・歴史・文化・言語・地域についての確かな認識をもとに、自らの考えを発信する力
・主体的に課題を発見・分析し、解決に取り組む力

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学847,800円

転学部・編入学情報補足

検定料30000円、入学料282000円、授業料年額535800円

専攻分野

専攻分野
日本文学
外国文学
言語学
日本語
英米語
中国語
外国語(英米・中国語以外)
文化学
地理学
日本史
外国史
科学史
考古学
文化人類学・民俗学
哲学・倫理・宗教
心理学
コミュニケーション学
図書館情報学
社会学
放送・新聞・メディア・マスコミ
教育学(教員養成課程を除く)
教育学(教員養成課程)
児童・子ども・保育
人間科学
地域社会学

専攻分野に関する説明