ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

多文化社会学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

費用及び経済的支援

授業料、入学料、その他の徴収費用

授業料入学料その他の徴収費用(宿舎費用、教材購入費、施設利用料など)
学部学生 (年額)535,800円
研究生 (月額)29,700円
科目等履修生 (単位)14,800円
学部学生 282,000円
研究生 84,600円
科目等履修生 28,200円
任意加入のものを含めて次のような納付金があります。
学生教育研究災害傷害保険,学研災付帯学生生活総合保険,新入生合宿研修費,
合計70,000円程度(留学に係る費用は除く)

授業料、入学料、その他の徴収費用(費用に関する説明)

費用に関する説明
授業料

入学料

その他徴収費用
(宿舎費用、教材購入費、施設利用料など)

入学料,授業料のほか,任意加入のものを含めて次のような納付金があります。
学生教育研究災害傷害保険 1,400~4,800円
学研災付帯学生生活総合保険 11,310~67,870円
新入生合宿研修費 4,000~10,000円

入学料,授業料のほか,任意加入のものを含めて次のような納付金があります。
学生教育研究災害傷害保険 1,400~4,800円
学研災付帯学生生活総合保険 11,310~67,870円
新入生合宿研修費 4,000~10,000円

 

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度の対象校か確認年月
○ 2019年9月

※対象校とは、大学等における修学の支援に関する法律に定める授業料等減免実施のための要件を満たしていることについて確認を受けた機関を指す。 要件を満たさない機関及び対象校となるための申請をしていない機関は空欄で表示される。
※対象校であっても要件に合う学生のみが支援の対象になる。

学納金の延納・分納の可否

延納分納
授業料不可
入学料不可

休学及び復学に係る費用

休学時納付金休学時納付金(復学時返還の有無)休学時納付金(返還額)

休学及び復学に係る費用(費用に関する説明)

奨学金

制度名受給資格支給枠支給金額
【給付】多文化社会学部における海外短期留学奨学金

短期留学に参加し,短期留学を修了した者

短期留学に参加し,短期留学を修了した者

在学中1回限り

在学中1回限り

5万円

5万円

【給付】海外留学支援制度(協定派遣)  ※(独)日本学生支援機構(JASSO)

学生交流協定に基づいて,31日以上1年以内の留学を行う者

学生交流協定に基づいて,31日以上1年以内の留学を行う者

年度によって異なる

年度によって異なる

6~8万円(派遣地域により異なる)

6~8万円(派遣地域により異なる)

【貸与】日本学生支援機構第一種奨学金

特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な者

特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な者

年度によって異なる

年度によって異なる

自宅通学:月額2万円,3万円,4万5千円から所得額に応じて選択
自宅外通学:月額2万円,3万円,4万円,5万1千円から所得額に応じて選択

自宅通学:月額2万円,3万円,4万5千円から所得額に応じて選択
自宅外通学:月額2万円,3

続きを読む…

【貸与】日本学生支援機構第二種奨学金

第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者

第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者

年度によって異なる

年度によって異なる

月額2万円~12万円(1万円単位)の中から選択

月額2万円~12万円(1万円単位)の中から選択

【給付】日本学生支援機構 高等教育の修学支援新制度

・所定の学業基準、家計基準、その他(大学への入学時期、在留資格等)基準を満たしていること
・学ぶ意欲がある学生であること

・所定の学業基準、家計基準、その他(大学への入学時期、在留資格等)基準を満たしていること

続きを読む…

条件を満たす学生は全員

条件を満たす学生は全員

第一区分(自宅通学者 29,200円、自宅外通学者66,700円)、第二区分(自宅19,500円、自宅外44,500円)、第三区分(自宅9,800円、自宅外22,300円)※生活保護世帯は支給金額の加算あり

第一区分(自宅通学者 29,200円、自宅外通学者66,700円)、第二区分(自宅19,5

続きを読む…

【給付】長崎大学入学時給付奨学金

一般入試の前期日程を受験し、各学部の合否判定基準による順位が合格者数の上位から20%以内にある者で、かつ、次の(1)、(2)のいずれかに該当する者。
(1)長崎県内に所在する高等学校等を卒業または卒業見込みの者
(2)(1)以外の者

一般入試の前期日程を受験し、各学部の合否判定基準による順位が合格者数の上位から20%以内に

続きを読む…

学部ごとに上記受給資格に該当する者のうち、(1)、(2)のそれぞれ上位2名以内とする。

学部ごとに上記受給資格に該当する者のうち、(1)、(2)のそれぞれ上位2名以内とする。

30万円(入学した年の4月に支給)

30万円(入学した年の4月に支給)

長崎大学海外留学奨学金制度

学術交流協定等に基づく派遣プログラム及びカリキュラムに定められた1年以内の留学,海外実習等であり,学業成績基準を満たしている者

学術交流協定等に基づく派遣プログラム及びカリキュラムに定められた1年以内の留学,海外実習等

続きを読む…

予算の範囲内

予算の範囲内

月額6万円~10万円(派遣地域により異なり,給付上限は3ヶ月)

月額6万円~10万円(派遣地域により異なり,給付上限は3ヶ月)

「葉國璽」私費外国人留学生奨学金

葉國璽奨学金の支給を受けることができる者は,本学大学院又は本学医学部医学科及び多文化社会学部に在籍する私費外国人留学生で,次の各号のすべてに該当する者とする。
(1) 学業,人物ともに優れ経済的理由により修学又は研究が困難な者
(2) 私費外国人留学生が所属する研究科の長,医学部長又は多文化社会学部長(以下「所属研究科長等」という。)の推薦のある者
(3) 他の奨学金(貸与奨学金,奨学一時金及び研究助成金を除く。)を受給していない者又は受給予定がない者
(4) 葉國璽奨学金を申請する者に配偶者がいる場合は,当該配偶者に別に定める一定額以上の収入がない者
(5) 長崎大学の基本目標に関連する領域について,学修又は研究する者

葉國璽奨学金の支給を受けることができる者は,本学大学院又は本学医学部医学科及び多文化社会学

続きを読む…

13名(平成27年度より)

13名(平成27年度より)

月額5万円

月額5万円

長崎大学田添グローバル交流推進基金奨学金

学術交流協定等に基づく派遣プログラム及びカリキュラムに定められた1年以内の留学,海外実習等であり,学業成績基準を満たしている者

学術交流協定等に基づく派遣プログラム及びカリキュラムに定められた1年以内の留学,海外実習等

続きを読む…

予算の範囲内

予算の範囲内

月額6万円~10万円(派遣地域により異なる。)

月額6万円~10万円(派遣地域により異なる。)

授業料減免

制度名減免資格対象人数減免額
長崎大学授業料免除

① 経済的理由により納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる者
② 次に掲げる事項のいずれかに該当する特別の事情により,授業料の納付が著しく困難であると認められる者
(1) 授業料の各期ごとに納期前6月以内(新入学者に対する入学した日の属する期分の免除に係る場合は,入学前1年以内)において,学資負担者が死亡し,又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた者
(2)  (1)に準ずる場合であって,学長が相当と認める理由がある者

① 経済的理由により納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる者
② 次に掲げる事項のい

続きを読む…

予算の範囲内(令和2年度実績:前期381名、後期393名)

予算の範囲内(令和2年度実績:前期381名、後期393名)

授業料の全額又は半額

授業料の全額又は半額

長崎大学入学料免除

次に掲げる事項のいずれかに該当する特別な事情により,入学料の納付が著しく困難であると認められる者
① 入学前1年以内において,学部等に入学する者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し,又は学部等に入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた者
② ①に準ずる場合であって,学長が相当と認める理由がある者

次に掲げる事項のいずれかに該当する特別な事情により,入学料の納付が著しく困難であると認めら

続きを読む…

予算の範囲内(令和2年度実績:0名)

予算の範囲内(令和2年度実績:0名)

入学料の全額又は半額

入学料の全額又は半額

長崎大学入学料徴収猶予

本学に入学する者で,次に掲げる事項のいずれかに該当する者
① 経済的理由により納付期限までに入学料の納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる者
② 入学前1年以内において,学資負担者が死亡し,又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け,納付期限までに入学料の納付が困難であると認められる者
③ その他やむを得ない事情があると認められる者

本学に入学する者で,次に掲げる事項のいずれかに該当する者
① 経済的理由により納付期限まで

続きを読む…

対象者全員(令和2年度実績0名)

対象者全員(令和2年度実績0名)

大規模災害による被災学生に対する長崎大学入学料,授業料免除等の特例措置

本学に入学を予定している者及び在学している者で,次に掲げる事項のいずれかに該当する者
① 大規模な災害により本人が被災した者
② 大規模な災害により学資負担者が被災し,又は死亡した者
③ ①②に準ずる場合であって,学長が相当と認める理由がある者

本学に入学を予定している者及び在学している者で,次に掲げる事項のいずれかに該当する者
① 

続きを読む…

対象者全員(令和2年度実績:前期8名,後期7名)

対象者全員(令和2年度実績:前期8名,後期7名)

入学料,授業料の全額又は半額

入学料,授業料の全額又は半額

【給付】日本学生支援機構 高等教育の修学支援新制度(令和2年度開始)

・所定の学業基準、家計基準、その他(大学への入学時期、在留資格等)基準を満たしていること
・学ぶ意欲がある学生であること

・所定の学業基準、家計基準、その他(大学への入学時期、在留資格等)基準を満たしていること

続きを読む…

条件を満たす学生は全員(令和2年度実績 866名)

条件を満たす学生は全員(令和2年度実績 866名)

第一区分(入学料・授業料全額免除)、第二区分(入学料・授業料2/3額免除)、第三区分(入学料・授業料1/3額免除)

第一区分(入学料・授業料全額免除)、第二区分(入学料・授業料2/3額免除)、第三区分(入学

続きを読む…