ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  学校教育学研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  佐賀大学大学院学校教育学研究科規則 第2条 (研究科の目的) 

                  研究科は,学校教育現場の諸課題に対応し,課題を解決できるような「理論と実践の往還」による高度な専門性と実践的な指導力を備えた教員を養成することを目的とする。 

                  詳細URL https://kiteikanri2011.admin.saga-u.ac.jp/doc/rule/1046.html

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  学校教育学研究科は,学力問題への対応,多様な教育ニーズへの対応及び新たな学校づくりという地域の教育課題に対して中心的な役割を担う教員養成を使命としています。そのため,学部卒業生等(すでに教員免許を有している人を含む)は,学校課題を明確に把握しながら即戦力として活躍できる力を培うとともに,将来的に地域の学校改革の担い手となりうる高度専門職業人としての教員を養成します。また,現職教員については,地域の教育課題に応じた学校改革を担うリーダーを養成します。本研究科が求める学生像は以下の通りです。
                  (学部卒業生等)
                  ① 教育一般に関する基礎的な知識,理解力及び問題意識等を有する者
                  ② 学校教育現場が直面している諸問題に対して深い関心と明確な課題意識を有する者
                  ③ 諸課題に対して,実践的な専門性を培い,高度な実践的解決力の修得を目指す者
                  ④ 将来,地域の学校改革を担うリーダーとして必要な専門的知識や技術等の修得を目指す者
                  (現職教員等)
                  ① 教育一般に関する基礎的な知識,理解力及び問題意識等を有する者
                  ② 学校教育現場が直面している諸問題に対して深い関心と明確な課題意識を有する者
                  ③ 諸課題に対して,実践的な専門性を培い,高度な実践的解決力の修得を目指す者
                  ④ 即戦力として地域の学校改革を担うリーダーに必要な専門的知識や技術等の修得を目指す者
                  ⑤ 学校現場での指導経験と現場が抱える具体的な問題意識を有している者

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  学校教育学研究科の教育目的,学位授与の方針に基づき,教員としての資質・能力を総合的に高いレベルで高め,かつ各コースが目標としている特定の資質能力を高めるために,以下のような体系的なカリキュラムを編成する。
                  (1)目標設定・達成確認科目
                  本研究科での学びを確かなものとするための科目群である。1年次において,今日の教育課題を具体的に把握して,本研究科での学びを明確化し(実践研究と実習計画の作成),そして2年次において,2年間の学修の成果をまとめる(実践研究報告書の作成及び発表)。
                  (2)共通必修科目
                  「教育課程編成・実施」,「教科等の実践的指導方法」,「生徒指導・教育相談」,「学校・学級経営」及び「学校教育と教員のあり方」の5領域から構成される,理論と実践の往還の基盤となる科目群である。
                  (3)コース専門科目
                  各コースにおける学びを深めるための科目群で,以下の領域からなる。
                  ①授業実践探究コース:「授業と学習評価」,「授業の指導法」,「授業の内容開発」
                  ②子ども支援探究コース:「子ども理解」,「子ども支援」,「特別支援教育」,「生徒指導」,「教育相談」
                  ③教育経営探究コース:「教育経営」,「学校経営」,「教育組織・環境」
                  (4)実習科目
                  各コースにおける学部卒業生等学生と現職教員等学生のそれぞれについて,教育理念に沿った実践的指導力を高めるため,以下のような科目群(通年)を配置している。
                  ①学部卒業生等
                  ・基盤教育実習:すべてのコースにて1 年次に,教育実践の基本について実際的に学び,自己及び実習校の実践的な教育課題を発見することを目的とした実習を行う。
                  ・学校課題探究実習:すべてのコースにて2 年次に,実習校の課題に応じて,調査や授業実践その他の支援を試みるなどして,その分析や解釈と改善策の立案・実践を行うことを目的とした探究実習を行う。
                  ②現職教員等
                  ・異校種教育実習:授業実践探究コースの1 年次に,連携教育の視点や方法を明らかにするような異校種(例:小学校教員であれば幼稚園や中学校など)にて探究実習を行う。
                  ・関係機関実習:子ども支援探究コースと教育経営探究コースの1 年次に,コースの教育目標及び教育活動と関わりの深い関係機関(例;子ども支援探究コースであれば佐賀県教育センター,教育経営探究コースであれば教育委員会など)にて探究実習を行う。
                  ・学校変革試行実習:すべてのコースにて2 年次に,自らの所属学校等において,それぞれの学校課題に応じた変革の試行を中心とした探究実習を行う。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  学校教育学研究科の教育目的及び各コースの目的に掲げる育成する資質能力を身に付けさせることであり,本研究科の設定する授業科目(共通必修科目,コース専門科目,実習科目,目標設定確認科目,目標達成確認科目)を履修し,修了要件を満たすことが必要要件である。
                  とりわけ,本研究科の教育目的に沿った即戦力となりうる教員としての資質(学部卒業生等),あるいはリーダー教員としての資質(現職教員等)については,目標設定・達成確認科目群において重点的に判断される。
                  (1)目標設定・達成科目では、1年次において、今日の教育課題を具体的に把握して本研究科での学びを明確化し、2年次において、2年間の学修の成果をまとめる。
                  (2)共通必修科目は、「教育課程編成・実施」、「教科等の実践的指導方法」、「生徒指導・教育相談」、「学校・学級経営」及び「学校教育と教員のあり方」の5領域から構成され、実践と理論との往還の基盤となる科目を学修する。
                  (3)コース専門科目は各コースにおける学びを深めるための科目を学修する。
                  (4)実習科目は、各コースにおける現職教員学生と一般入学学生のそれぞれについて、教育理念に沿った実践的指導力を高めるための科目を学修する。

                  専攻の目的

                  専攻の目的は,各コースにおいて次に掲げるとおりとする。 

                  (1) 授業実践探究コース
                  現代的な学力育成の課題に応じて,授業実践において,学習指導に関する高度な資質を育成することを目的とする。
                   
                  (2) 子ども支援探究コース
                  特別支援や生徒指導・教育相談等の多様な教育ニーズに応じて,さまざまな場面において,きめ細かに子どもを指導する高度な資質を育成することを目的とする。
                   
                  (3) 教育経営探究コース
                  地域社会の変貌や少子化等の社会的課題に応じて,地域と連携した学校経営において,高度な資質を育成することを目的とする。