ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(修業年限4年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   本学部は、医学の基礎と高度な専門知識・技能及び態度を教授することにより、人間、自然、社会に対する豊かな感性と洞察力を持って、世界と地域の医学・医療の発展に貢献できる優れた医療人及び医療系研究者を育成することを目的とします。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  <教育理念・目標>
                   看護学科は,看護学をはじめ保健・医療・福祉の各分野に貢献できる人間性豊かで倫理観に富む資質の高い看護の専門職を養成するとともに,看護学の教育研究の推進も目指します。
                   少子高齢社会の到来や疾病構造の変化など,保健・医療・福祉分野が担う役割は複雑化,高度化しています。さらに活躍の場は医療施設にとどまらず,地域へと拡大しています。看護学科では,保健・医療・福祉に関する深い関心を持った学生を求めています。以下のような資質が必要となります。

                  <求める学生像>
                   ・看護学の修得に必要かつ十分な基礎的な知識・技能及び教養を持っている人
                   ・身につけている知識・教養をもとに多角的に物事をとらえ,論理的に思考し,判断ができる能力を持っている人
                   ・他者の意見や気持ちを理解できるように努め,自己の考えを的確に表現し,伝える能力を持っている人
                   ・看護をはじめさまざまな学問分野に興味・関心を持ち,真実を知ろうという科学的探求心に富み,自己学習意欲が旺盛である人
                   ・他者の意見を傾聴し,相手を尊重しながら互いに協力して学ぶことができる人
                   ・自己の心身の健康に留意し行動できる力を持っている人

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  <カリキュラムの概要>
                   カリキュラムは,入学時から卒業後までを見据えた一貫性・整合性をもった教育体制をとることにより,看護に関しては初学者である学生にも理解しやすいことを考慮したプログラムです。主体的で自律的な姿勢を尊び,人々の生活背景,社会・文化的背景に視点を向け,看護を必要とする人々に対して,人間性豊かな看護活動を展開する能力を身につけられるように教育課程を構成しています。また,看護学は実践の学問であることから実習を重視し,実践的かつ偏りのない知識と技術の修得ができることをめざしています。さらに,活動の場は医療機関にとどまらず地域へと拡大しています。そこで,医療機関に加えて,地域の保健・福祉施設での実習を行っています。
                   具体的には,すべての学生が,看護師の国家試験受験資格を得られる教育内容を基本的構成とし,選択により保健師・助産師の国家試験受験資格,養護教諭一種・二種(一種については平成30年度入学生まで)免許状も得られる教育課程です。
                  <カリキュラムの特徴>
                  1)授業科目は,その内容から教養科目,基礎科目,専門科目の3つに分類されています。
                  2)教養科目では,さまざまな学問分野のものの見方,考え方を学ぶことを通して,幅広い教養と豊かな人間性を育成するために,自己の形成を生涯にわたって図っていく基盤を作ります。このことは,看護を専門的に学ぶための基礎となる<人の尊厳と,生命を尊重する姿勢に基づいた倫理的配慮ができる能力>を身につけます。さらに,地域や他の職種と協働して,活動する際に,ものの見方や考え方を理解する基盤ともなります。
                  3)看護を,「人間の健康に焦点を当て,その人とその人を取り巻く環境に働きかけ,人間が健康に生き,安らかな死を迎え,さらに健全な次世代の育成を援助する実践である」と捉え,基礎科目から専門科目へと積み上げて学習できるように配慮しています。
                  4)基礎科目では,人々の保健・医療・福祉について学習し,<人間・環境・健康・看護に興味・関心が持てるよう>,看護学を学ぶ上で基礎的な内容を系統的に学びます。異文化を理解していくために,4年間を通して英語教育を導入しています。夏期休暇あるいは春期休暇を利用して,短期海外研修に参加することも可能です。
                  5)専門科目では,<人々の多様な考え方や文化的背景を持つ人々の特徴を理解する能力>が身につけられるよう,人を多角的に捉え,最も適した看護を実践する上で必要な知識・技術などを系統的に学びます。具体的には,生命機能学,基礎看護学,母性看護学,小児看護学,成人看護学,老年看護学,精神看護学,地域看護学の8分野で構成されています。授業の形態により,講義・演習・実習に分けられ,各分野で段階的に学習を深めます。
                  6)<看護を必要としている個人・家族・地域社会に対して,対象に応じた看護が実践できる能力>を身につけるために実習があります。実習は,看護を必要とする人々と向き合いながら,実践力を身につけます。授業で学んだ知識や技術を療養や生活の場で活かしながら身につけていきます。
                  7)人間は環境と相互に作用しながら,自らの健康を保持・増進・回復するためにさまざまな活動を行っています。看護専門職には,<変化する保健・医療・福祉システムの中で,チーム医療を担う一員として,他職種の役割を理解し,協同的関係を築き調整する能力>,<将来的な展望を持ち,自らを振り返りながら研鑽する態度や自律的に行動する能力>も求められます。そこで,社会の多様なニーズに応え,将来的に広い視野で新たな看護学の視点を模索できるよう発展看護学の科目を設置しています。また,それぞれの授業では,多様な価値観を持ち,総合的な判断ができる能力や,地域や他の職種と協働して活動できるようなコミュニケーション能力の向上を図り,主体的で自律的な姿勢が養えるよう、アクティブ・ラーニングを導入しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   岐阜大学医学部看護学科では,岐阜大学で育成していく基盤的能力を基礎として,以下のような能力を備えた人材育成に向けて,能力の修得・達成を保証するために,厳格な単位,卒業認定を行います。
                  1.人の尊厳と,生命を尊重する姿勢に基づいた倫理的配慮ができる能力
                  2.人間・環境・健康・看護に興味・関心を持ち,多様な考え方や文化的背景を持つ人々の特徴を理解する能力
                  3.看護を必要としている個人・家族・地域社会に対して,対象に応じた看護が実践できる能力
                  4.変化する保健・医療・福祉システムの中で,チーム医療を担う一員として,他職種の役割を理解し,協働的関係を築き調整する能力
                  5.看護専門職として,将来的な展望を持ち,自らを振り返りながら研鑽する態度や,自律的に行動する能力