ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  文化教育学部(教員養成以外)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  入試

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  文化教育学部は,学校教育課程,国際文化課程,人間環境課程及び美術・工芸課程により構成し,各々の課程の持つ特質を融合させたカリキュラムを整え,特定の専門知識に偏らない「総合知」を有する人材を育成することを目的とします。各課程の目的と求める学生像は以下の通りです。

                  ■国際文化課程
                  文系専門分野に関する幅広い学識を持ち,徹底した外国語教育を通して,豊かな語学力と幅広い国際的視野を備える人材を育成します。そのために,以下に示すような学生を求めています。
                  ① 国際的な広い視野からものごとを考え,学び,それを将来自分や社会のため活かそうという志を持つ人
                  ② 外国語を含む言語運用能力およびそれを活用したコミュニケーション能力の修得に意欲を持つ人
                  ③ 日本やアジア,欧米の言語・文化・歴史・社会等について学び,海外の大学への留学,公務員・旅客業・情報通信業・金融保険業など国際的な視野を必要とする業種への就職,中学校・高等学校の国語科・社会科・英語科の教員を志望する人

                  [国際文化課程で学ぶために必要な能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み]
                  国際文化課程が目標とする語学力と国際的視野を身につけるためには,入学前に,基本となる教科を広く履修しておく必要があります。まず,文献の読解,発表,討論,レポートの作成などのために充分な国語力が求められます。次に,社会科の科目を学ぶことにより,現代の社会とそれにつながる歴史に対する理解を深めておくことは,国際的視野を身につけていく上で役立ちます。このように国語や社会科の科目をよく勉強することは,異文化交流を行う上で必要な他者と自己の文化を理解することにもつながります。また,英語の学力は,入学後,英語で書かれた文献を読み,英語によるコミュニケーションを行うために必要であり,英語以外の外国語を修得するときにも助けとなります。ほかに,歴史・思想・文化などに関する幅広い読書を通して自分自身で考え,さらに友人などと意見交換を行うことは,自分で問題を発見,分析し,解決する力と高いコミュニケーション能力を養う上で有益です。なお,コミュニケーションには論理的な思考力も必要ですので,数学・理科など理系の教科の学習も役に立ちます。

                  ■人間環境課程
                  心身の成長と特性,地域の生活と文化及び環境の理論と技術に関する幅広い学識を身に付け,より豊かな生活を実現するための主導的役割を果たすことができる人材を育成します。そのために,以下に示すような学生を求めています。
                  ① 幅広い教養と基礎学力を有し,自然環境,地域社会,人間の文化に強い関心を持っている人
                  ② ①に示す領域に関する高度な知識と先見性,実践力を身につけていく意欲のある人

                  [人間環境課程で学ぶために必要な能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み]
                  人間環境課程は,生活,地域社会や自然環境との関わり,福祉,健康とスポーツなど,人間と環境に関係する諸問題を学問対象としています。そのため,高等学校で学ぶ様々な教科や科目の基本的事項を幅広く修得しておくことが必要です。具体的には,授業で学んだ内容および実習や演習等での実践記録や調査内容についてレポートを作成する場合には,文章の読解力と記述力を中心とする国語の能力が必要となります。また,専門書の読解や日本以外の事柄について調べる場合には,基礎的な英語力も不可欠です。さらに,多様な分野で構成される本課程にとって,高等学校で履修する社会や理科に関わる基本的知識は,物事を幅広く捉え,多様な観点から考察するために必要な知識となります。また分野によっては家庭科や保健体育に関わる基本的知識や技能を修得しておくことが望まれます。

                  ■美術・工芸課程
                  美術・工芸分野の理論・実践について学び,あわせて当該分野の教育について考究することを通して,美術教育者若しくは造形作家として,又は企業等において活躍できる人材を育成します。そのために,以下に示すような学生を求めています。
                  ① 日本画,西洋画,彫刻,デザイン,窯芸,木工工芸,染織工芸,金工工芸,美術理論・美術史及び美術教育の各分野に興味と意欲をもっている人
                  ② 基礎的学力や技能を備え,制作・学習に意欲的に取り組み,表現や理論的な思考などの能力を自ら育てようとする熱意を持って学び,優れた教育者や専門家,企業人などを目指す人

                  [美術・工芸課程で学ぶために必要な能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み]
                  美術工芸を学ぶにあたって大きく分けて3つの事を意識して下さい。1つ目は「活力」です。美術工芸が果たして来た役割を学びつつ,これからの社会とどのようにつながることが出来るかを想像してください。主体的な自己が生まれ,同時に活力を生みだす事ができます。2つ目は「理知」です。身の回りの現実に起こる出来事に興味を持ち,気になる事に少し立ち止まりながら知識を深めてください。さまざまな分野の事が複雑に関係している世界のさまざまな兆候を見逃さない感性が育まれ,理知へと発展します。3つ目は「発信」です。自分の好きなものや気になることを誰かに積極的に伝えて下さい。それは活力と理知を伴って社会への発信へと変わります。これらの事を入学前から意識する事で,より有意義な大学生活が送れるはずです。

                  続きを読む… 折り畳む

                  入学者数

                  2017年度2018年度2019年度

                  数値の説明(増減理由等)

                  平成28年度に芸術地域デザイン学部が設置され、また教員養成課程は教育学部へと改組を行ったため、文化教育学部は平成27年度をもって募集停止となりました。(編入学試験のみ平成29年度入試まで実施した。)

                  実施している入試方法

                  一般
                  AO
                  推薦
                  帰国子女
                  社会人
                  附属校
                  編入学
                  その他 ※
                  留学生

                  ※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

                  障害のある入学志願者に対する合理的配慮

                  1.5 倍または1.3 倍の時間延長
                  点字での受験、文字サイズ1.4 倍、紙面2 倍に拡大した問題用紙、拡大鏡等の使用
                  回答方式(チェック解答、文字解答、代筆)
                  意思伝達装置やパソコンを使用した意思表出
                  手話通訳者、介助者の配置
                  リスニングの免除、またはリスニング音声聴取を制御する許可
                  試験室の場所(トイレやエレベータとの距離関係)
                  杖や補聴器、車いす、特製机の使用など

                  障害のある入学志願者に対するその他の合理的配慮

                  入学者の構成(男女別)

                  2017年度2018年度2019年度
                  0人0人0人0人0人0人

                  数値の説明(増減理由等)

                  入学者の構成(出身高校所在地別)

                  2017年度2018年度2019年度
                  都道府県学生数都道府県学生数都道府県学生数
                  北海道 0人 北海道 0人 北海道 0人
                  青森県 0人 青森県 0人 青森県 0人
                  岩手県 0人 岩手県 0人 岩手県 0人
                  宮城県 0人 宮城県 0人 宮城県 0人
                  秋田県 0人 秋田県 0人 秋田県 0人
                  山形県 0人 山形県 0人 山形県 0人
                  福島県 0人 福島県 0人 福島県 0人
                  茨城県 0人 茨城県 0人 茨城県 0人
                  栃木県 0人 栃木県 0人 栃木県 0人
                  群馬県 0人 群馬県 0人 群馬県 0人
                  埼玉県 0人 埼玉県 0人 埼玉県 0人
                  千葉県 0人 千葉県 0人 千葉県 0人
                  東京都 0人 東京都 0人 東京都 0人
                  神奈川県 0人 神奈川県 0人 神奈川県 0人
                  新潟県 0人 新潟県 0人 新潟県 0人
                  富山県 0人 富山県 0人 富山県 0人
                  石川県 0人 石川県 0人 石川県 0人
                  福井県 0人 福井県 0人 福井県 0人
                  山梨県 0人 山梨県 0人 山梨県 0人
                  長野県 0人 長野県 0人 長野県 0人
                  岐阜県 0人 岐阜県 0人 岐阜県 0人
                  静岡県 0人 静岡県 0人 静岡県 0人
                  愛知県 0人 愛知県 0人 愛知県 0人
                  三重県 0人 三重県 0人 三重県 0人
                  滋賀県 0人 滋賀県 0人 滋賀県 0人
                  京都府 0人 京都府 0人 京都府 0人
                  大阪府 0人 大阪府 0人 大阪府 0人
                  兵庫県 0人 兵庫県 0人 兵庫県 0人
                  奈良県 0人 奈良県 0人 奈良県 0人
                  和歌山県 0人 和歌山県 0人 和歌山県 0人
                  鳥取県 0人 鳥取県 0人 鳥取県 0人
                  島根県 0人 島根県 0人 島根県 0人
                  岡山県 0人 岡山県 0人 岡山県 0人
                  広島県 0人 広島県 0人 広島県 0人
                  山口県 0人 山口県 0人 山口県 0人
                  徳島県 0人 徳島県 0人 徳島県 0人
                  香川県 0人 香川県 0人 香川県 0人
                  愛媛県 0人 愛媛県 0人 愛媛県 0人
                  高知県 0人 高知県 0人 高知県 0人
                  福岡県 0人 福岡県 0人 福岡県 0人
                  佐賀県 0人 佐賀県 0人 佐賀県 0人
                  長崎県 0人 長崎県 0人 長崎県 0人
                  熊本県 0人 熊本県 0人 熊本県 0人
                  大分県 0人 大分県 0人 大分県 0人
                  宮崎県 0人 宮崎県 0人 宮崎県 0人
                  鹿児島県 0人 鹿児島県 0人 鹿児島県 0人
                  沖縄県 0人 沖縄県 0人 沖縄県 0人
                  その他 0人 その他 0人 その他 0人

                  全て表示 折り畳む

                  ※その他は外国の学校卒、高卒認定等

                  数値の説明(増減理由等)

                  入学者の構成(入試方法別)

                  2017年度2018年度2019年度
                  入学者数入学者数入学者数
                  一般0人0人
                  AO0人0人
                  推薦0人0人
                  帰国子女0人0人
                  社会人0人0人
                  附属校0人0人
                  編入学21人0人
                  その他 ※0人0人
                  留学生0人0人

                  ※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

                  数値の説明(増減理由等)

                  数値の説明(増減理由等)
                  一般
                  AO
                  推薦
                  帰国子女
                  社会人
                  附属校
                  編入学平成28年度に芸術地域デザイン学部が設置され、また教員養成課程は教育学部へと改組を行ったため、文化教育学部は平成27年度をもって募集停止となりました。これに伴い、編入学試験も平成29年度をもって募集停止となりました。
                  その他 ※
                  留学生