ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  経済学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  入試

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  経済学部は,経済学・経営学・法律学を柱として社会科学上の知識と教養を授け,経済や社会における課題を分析し,解決できる人材を育成することを教育の目的とします。その目的を達するためのカリキュラム編成,並びにそのために必要な入学時の能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組みは以下の通りです。

                  【教育目的と入学後の学習に必要な能力や適性等】
                  カリキュラム編成・カリキュラムに適応するために必要な入学時の能力や適性等
                  ・教養教育科目
                  文化・自然,現代社会と生活だけでなく,社会科学系以外の分野に関する幅広い知識を修得するために高等学校で履修する幅広い教科や科目の知識や考え方を身に付けておくとともに,外国語科目(英語)を履修するための基本的な英語の学習力が必要です。
                  ・インターフェース科目
                  大学での「学び」と現代社会との接続を意識した問題発見能力や解決能力を修得するために,現代的な課題や事象に対する興味・関心だけでなく,学生同士のグループ学習やプレゼンテーションなどを含むアクティブ・ラーニングを積極的に行っていくための主体的な行動力や学習態度が必要です。
                  ・学部専門科目
                  経済学・経営学・法律学の分野を総合的に学ぶとともに,所属学科の専門分野の知識,並びに社会や経済に関する課題を発見し,その課題に向けて専門知識を活用する能力を修得するために,高等学校で履修する国語,地歴,公民,数学,英語といった幅広い教科・科目の基礎的理解だけでなく,資料や情報を読み解く力,自分の考えを論理的に展開し表現する力が不可欠です。また,専門分野での情報収集・コミュニケーション能力を高めるための外国語科目を配置しているため,英文の資料を理解するための基本的な英語の学習力が必要です。さらに,少人数による演習を1年次から行うため,積極的に議論へ参加する態度や,周囲とのコミュニケーションを通じて,学習・研究活動を活性化できるような能力や姿勢を持っていることも重要です。

                  〈入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み〉
                  ■経済学科
                  経済や社会で生起している問題を理解するためには幅広い基礎知識が必要です。様々な知識や情報をもとに自分なりの考えをまとめるためには,文章の読解力だけでなく,論理的に展開し記述する国語力も求められます。また,経済学には,数学的な思考が必要な分野も含まれます。したがって,高等学校の教科書レベルの知識を十分に習得していることが重要です。専門高等学校から進学する場合には,普通科の科目だけでなく,商業科目等の基本的な知識と技能を習得しておくことが求められます。さらに,国際性が求められる現代においては,英語を中心とした外国語だけでなく,歴史や地理などの幅広い知識が国際経済や国際政治などの理解を深めるために必要です。また,社会問題への関心と情報収集能力も必要です。経済や経営,法律に関連する社会現象に目を向け,関心のあるテーマについては,図書館やインターネットなどを利用して自主的に調べる能力と習慣を身につけておくことは,入学後の学修にとって有益です。
                  上記のことに加え,自らの学習活動や取り組みなどを通して,本学科の教育・研究活動を活性化できる「主体的に学ぶ態度」を持った学生を歓迎します。

                  ■経営学科
                  企業の経営や会計を理解するためには幅広い基礎知識が必要です。様々な知識や情報に基づいて,自分なりの考えをまとめるためには,文章の読解力だけでなく,論理的に展開し記述する国語力も求められます。また,経営学や会計学には,高等学校の教科書レベルの数学の知識や考え方を応用する分野も含まれます。専門高等学校から進学する場合には,普通科の科目だけでなく,商業科目等の基本的な知識と技能を習得しておくことが望まれます。さらに,国際性が求められる現代においては,英語を中心とする外国語だけでなく,歴史や地理などの幅広い知識が国際経済や国際ビジネスに対する理解を深めます。また,社会問題への関心と情報収集能力も必要です。経済や経営,法律に関連する社会現象に目を向け,関心のあるテーマについては,図書館やインターネットなどを利用して自主的に調べる能力と習慣を身につけておくことは,入学後の学修にとって有益です。
                  上記のことに加え,自らの学習活動や取り組みなどを通して,本学科の教育・研究活動を活性化できる「主体的に学ぶ態度」を持った学生を歓迎します。

                  ■経済法学科
                  経済と社会の規範である法律について理解するためには,十分な国語力だけでなく,経済や社会,さらには政治についての知識が必要であり,そのためには,歴史や地理などの幅広い知識も重要なものとなります。また,国際性が求められる現代において,英語を中心とする外国語が重要であることは言うまでもありません。そのうえ,本学部では経済学や経営学も含めた幅広い学修が求められるため,高等学校の教科書レベルの数学の知識が必要となります。また,社会問題への関心と情報収集能力も必要です。
                  経済や経営,法律に関連する社会現象に目を向け,関心のあるテーマについては,図書館やインターネットなどを利用して自主的に調べる能力と習慣を身につけておくことも,入学後の学修にとって有益です。
                  上記のことに加え,自らの学習活動や取り組みなどを通して,本学科の教育・研究活動を活性化できる「主体的に学ぶ態度」を持った学生を歓迎します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  入学者数

                  2017年度2018年度2019年度
                  273人285人269人

                  数値の説明(増減理由等)

                  実施している入試方法

                  一般
                  AO
                  推薦
                  帰国子女
                  社会人
                  附属校
                  編入学
                  その他 ※
                  留学生

                  ※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

                  障害のある入学志願者に対する合理的配慮

                  1.5 倍または1.3 倍の時間延長
                  点字での受験、文字サイズ1.4 倍、紙面2 倍に拡大した問題用紙、拡大鏡等の使用
                  回答方式(チェック解答、文字解答、代筆)
                  意思伝達装置やパソコンを使用した意思表出
                  手話通訳者、介助者の配置
                  リスニングの免除、またはリスニング音声聴取を制御する許可
                  試験室の場所(トイレやエレベータとの距離関係)
                  杖や補聴器、車いす、特製机の使用など

                  障害のある入学志願者に対するその他の合理的配慮

                  文書による伝達、試験場への車での入構許可、試験時間中の薬の服用、試験時間中の水分補給
                  大学として今までに配慮を行った内容は上記のとおりですが、別の内容について申請があった場合も配慮を行います。

                  入学者の構成(男女別)

                  2017年度2018年度2019年度
                  149人124人167人118人156人113人

                  数値の説明(増減理由等)

                  入学者の構成(出身高校所在地別)

                  2017年度2018年度2019年度
                  都道府県学生数都道府県学生数都道府県学生数
                  福岡県 106人 福岡県 113人 福岡県 95人
                  佐賀県 78人 佐賀県 69人 佐賀県 74人
                  長崎県 25人 長崎県 19人 長崎県 28人
                  熊本県 13人 宮崎県 16人 熊本県 18人
                  宮崎県 12人 熊本県 14人 宮崎県 10人
                  大分県 6人 鹿児島県 10人 鹿児島県 8人
                  兵庫県 5人 大分県 9人 大分県 6人
                  その他 5人 その他 7人 兵庫県 5人
                  広島県 4人 兵庫県 6人 東京都 4人
                  鹿児島県 4人 山口県 4人 広島県 4人
                  山口県 3人 京都府 2人 その他 4人
                  北海道 2人 島根県 2人 大阪府 2人
                  愛知県 2人 広島県 2人 岡山県 2人
                  静岡県 1人 愛媛県 2人 北海道 1人
                  三重県 1人 北海道 1人 山梨県 1人
                  京都府 1人 茨城県 1人 静岡県 1人
                  大阪府 1人 富山県 1人 三重県 1人
                  島根県 1人 長野県 1人 京都府 1人
                  岡山県 1人 岐阜県 1人 和歌山県 1人
                  高知県 1人 静岡県 1人 香川県 1人
                  沖縄県 1人 愛知県 1人 愛媛県 1人
                  青森県 0人 奈良県 1人 沖縄県 1人
                  岩手県 0人 鳥取県 1人 青森県 0人
                  宮城県 0人 岡山県 1人 岩手県 0人
                  秋田県 0人 青森県 0人 宮城県 0人
                  山形県 0人 岩手県 0人 秋田県 0人
                  福島県 0人 宮城県 0人 山形県 0人
                  茨城県 0人 秋田県 0人 福島県 0人
                  栃木県 0人 山形県 0人 茨城県 0人
                  群馬県 0人 福島県 0人 栃木県 0人
                  埼玉県 0人 栃木県 0人 群馬県 0人
                  千葉県 0人 群馬県 0人 埼玉県 0人
                  東京都 0人 埼玉県 0人 千葉県 0人
                  神奈川県 0人 千葉県 0人 神奈川県 0人
                  新潟県 0人 東京都 0人 新潟県 0人
                  富山県 0人 神奈川県 0人 富山県 0人
                  石川県 0人 新潟県 0人 石川県 0人
                  福井県 0人 石川県 0人 福井県 0人
                  山梨県 0人 福井県 0人 長野県 0人
                  長野県 0人 山梨県 0人 岐阜県 0人
                  岐阜県 0人 三重県 0人 愛知県 0人
                  滋賀県 0人 滋賀県 0人 滋賀県 0人
                  奈良県 0人 大阪府 0人 奈良県 0人
                  和歌山県 0人 和歌山県 0人 鳥取県 0人
                  鳥取県 0人 徳島県 0人 島根県 0人
                  徳島県 0人 香川県 0人 山口県 0人
                  香川県 0人 高知県 0人 徳島県 0人
                  愛媛県 0人 沖縄県 0人 高知県 0人

                  全て表示 折り畳む

                  ※その他は外国の学校卒、高卒認定等

                  数値の説明(増減理由等)

                  入学者の構成(入試方法別)

                  2017年度2018年度2019年度
                  入学者数入学者数入学者数
                  一般209人221人200人
                  AO0人0人0人
                  推薦60人58人65人
                  帰国子女0人0人0人
                  社会人0人0人0人
                  附属校0人0人0人
                  編入学0人0人0人
                  その他 ※0人0人0人
                  留学生4人6人4人

                  ※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

                  数値の説明(増減理由等)

                  数値の説明(増減理由等)
                  一般
                  AO
                  推薦
                  帰国子女
                  社会人
                  附属校
                  編入学
                  その他 ※
                  留学生