ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

生活環境学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

入試

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

【生活環境学部の教育理念】
 生活環境学部は、生活に根ざした理論と実践の総合的学知を提供し、主体的でリーダーシップを発揮できる人材の育成をはかることを目指しています。教育内容は、身体や性にはじまって、衣食住に関わるあらゆる問題に及び、さらには地域や世界の環境問題までも射程に収めています。このような幅広い教育を提供するために、生活環境学部は文理融合型学部として、食物栄養学科・心身健康学科・住環境学科・文化情報学科の4学科から構成されています。学科の性格が多様であることに伴い、教育方法もまた理論・比較・調査・実験と多岐にわたります。しかし、生活環境学の総合的教育という学部理念に即して、つねに生活者の視点を失わないことを重視しています。生活者の視点とは、利用者・消費者といった立場からの批判と改善の視点であり、わたしたちの生活の質の向上に向けた新しい発見と創造を生み出す視点です。生活環境学部は、各学科の教育目的に応じて専門性を高めるだけでなく、学科を超えた学際的な教育を通じ、領域横断的でグローバルな視野をもって問題解決をはかる人材を育成したいと考えています。

【生活環境学部の求める学生像】
 上記の教育理念にもとづき、生活環境学部は次のような資質および意欲をもつ学生を求めます。
(1)幅広い関心と各学科が必要とする基礎的学力をもつ人
(2)生活者の視点をもつリーダーあるいは主体的・能動的な生活者になることを目指している人
(3)日常生活に対する感受性と洞察力にすぐれ、豊かな想像力をもって他者との共生・協働をはかり、社会的弱者や文化的背景を異にする他者への共感をもつ人
(4)社会のリーダーあるいは主体的生活者となるために、課題発見能力・問題解決能力・論理的思考力の開発に積極的に取り組む意欲をもつ人
(5)各学科の教育理念に即したカリキュラムを真摯な姿勢で学び、学んだ成果を、専門職・企業人・公務員・教員等として積極的に地域や社会に還元したいという意欲をもつ人

【生活環境学部における入学者選抜の基本方針】
 生活環境学部では、一般選抜前期日程、一般選抜後期日程、学校推薦型選抜、総合型選抜 探究力入試「Q」、高大接続カリキュラム開発プログラムに基づく特別入試、私費外国人留学生入試、第3年次編入学入試を行います。
 一般選抜前期日程、一般選抜後期日程、学校推薦型選抜では、高等学校における学習の基本的達成度を評価する大学入学共通テスト※と、求める学生像にふさわしいかどうかを評価する個別学力検査(一般選抜後期日程と学校推薦型選抜は面接)※によって合否を判断します。
 総合型選抜 探究力入試「Q」では、第1次選考(書類選考)と第2次選考(小論文、プレゼンテーション、質疑応答など)によって合否を判断します。
 高大接続カリキュラム開発プログラムに基づく特別入試では、奈良女子大学附属中等教育学校を含む対象校※※において、新しい高大接続のあり方のモデルを開発・発信すべく設置された高大接続文理統合探究コースを受講し修得見込みの者を対象に、文理を統合した視点や、探究に必要な能力を身につけた人を選抜するために、探究活動の発表、探究活動に関する論文、調査書、志望理由書、高大接続文理統合探究コースの履修状況等によって、基礎的学力、論理的思考力、課題発見・解決能力等を総合的に評価します。
 私費外国人留学生入試では、留学生に必要な基礎学力を評価する日本留学試験の成績とTOEFLのスコアおよび求める学生像にふさわしいかどうかを評価する個別学力検査によって合否を判断します。
 第3年次編入学入試では、専門分野を学ぶのに必要な基礎学力を身につけているかを評価する筆記試験(英語、小論文)と、求める学生像にふさわしいかどうかを評価する口述試験によって合否を判断します。

※令和7年度入学者選抜以降における実施教科・科目(大学入学共通テスト利用教科・科目及び個別学力検査の出題教科・科目等)は,別途公表した教科・科目の内容となります。
※※対象校については本学ホームページ「学部入試(学生募集等)」に別掲。

続きを読む… 折り畳む

入学者数

2020年度2021年度2022年度
182人191人161人

数値の説明(増減理由等)

実施している入試方法

一般
総合型(旧区分名:AO)
学校推薦型(旧区分名:推薦)
帰国子女
社会人
附属校
編入学
その他 ※
留学生

※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

障害のある入学志願者に対する合理的配慮

1.5 倍または1.3 倍の時間延長
点字での受験、文字サイズ1.4 倍、紙面2 倍に拡大した問題用紙、拡大鏡等の使用
回答方式(チェック解答、文字解答、代筆)
意思伝達装置やパソコンを使用した意思表出
手話通訳者、介助者の配置
リスニングの免除、またはリスニング音声聴取を制御する許可
試験室の場所(トイレやエレベータとの距離関係)
杖や補聴器、車いす、特製机の使用など

障害のある入学志願者に対するその他の合理的配慮

上記の配慮も含めて、出願開始前に入学志願者からの申請を受け、その都度配慮内容を協議の上、可能な限り対応します。

入学者の構成(男女別)

2020年度2021年度2022年度
0人182人0人191人0人161人

数値の説明(増減理由等)

入学者の構成(出身高校所在地別)

2020年度2021年度2022年度
都道府県学生数都道府県学生数都道府県学生数
大阪府 28人 大阪府 32人 大阪府 38人
愛知県 20人 奈良県 18人 奈良県 17人
京都府 15人 愛知県 17人 愛知県 14人
奈良県 13人 京都府 17人 兵庫県 12人
静岡県 12人 兵庫県 16人 静岡県 9人
兵庫県 11人 三重県 7人 京都府 8人
富山県 8人 静岡県 6人 埼玉県 5人
北海道 5人 和歌山県 6人 東京都 5人
東京都 5人 石川県 5人 滋賀県 5人
石川県 5人 滋賀県 5人 富山県 4人
岡山県 4人 北海道 4人 三重県 4人
広島県 4人 東京都 4人 茨城県 3人
福岡県 4人 福井県 4人 福井県 3人
神奈川県 3人 岐阜県 4人 岐阜県 3人
新潟県 3人 徳島県 4人 新潟県 2人
岐阜県 3人 香川県 4人 石川県 2人
三重県 3人 富山県 3人 山梨県 2人
滋賀県 3人 長野県 3人 岡山県 2人
和歌山県 3人 島根県 3人 福岡県 2人
徳島県 3人 その他 3人 宮崎県 2人
愛媛県 3人 秋田県 2人 北海道 1人
茨城県 2人 茨城県 2人 宮城県 1人
群馬県 2人 千葉県 2人 福島県 1人
埼玉県 2人 新潟県 2人 栃木県 1人
長野県 2人 岡山県 2人 千葉県 1人
香川県 2人 福岡県 2人 神奈川県 1人
宮崎県 2人 長崎県 2人 長野県 1人
その他 2人 熊本県 2人 和歌山県 1人
青森県 1人 群馬県 1人 鳥取県 1人
宮城県 1人 埼玉県 1人 島根県 1人
千葉県 1人 神奈川県 1人 広島県 1人
山梨県 1人 広島県 1人 山口県 1人
鳥取県 1人 山口県 1人 徳島県 1人
山口県 1人 愛媛県 1人 香川県 1人
高知県 1人 高知県 1人 愛媛県 1人
佐賀県 1人 佐賀県 1人 長崎県 1人
大分県 1人 宮崎県 1人 熊本県 1人
鹿児島県 1人 鹿児島県 1人 大分県 1人
岩手県 青森県 鹿児島県 1人
秋田県 岩手県 青森県
山形県 宮城県 岩手県
福島県 山形県 秋田県
栃木県 福島県 山形県
福井県 栃木県 群馬県
島根県 山梨県 高知県
長崎県 鳥取県 佐賀県
熊本県 大分県 沖縄県
沖縄県 沖縄県 その他

全て表示 折り畳む

※その他は外国の学校卒、高卒認定等

数値の説明(増減理由等)

入学者の構成(入試方法別)

2020年度2021年度2022年度
入学者数入学者数入学者数
一般143人144人128人
総合型
(旧区分名:AO)
0人7人3人
学校推薦型
(旧区分名:推薦)
35人34人26人
帰国子女0人0人0人
社会人0人0人0人
附属校2人3人4人
編入学13人14人8人
その他 ※0人1人0人
留学生2人2人0人

※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

数値の説明(増減理由等)

数値の説明(増減理由等)
一般

2022年度より募集人員の変更あり。

2022年度より募集人員の変更あり。

総合型
(旧区分名:AO)

2022年度より募集人員の変更あり。

2022年度より募集人員の変更あり。

学校推薦型
(旧区分名:推薦)

2022年度より募集人員の変更あり。

2022年度より募集人員の変更あり。

帰国子女

社会人

附属校

編入学

その他 ※

2021年度には国費留学生を計上している。

2021年度には国費留学生を計上している。

留学生