ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

造形学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
建築・環境デザイン 4年 学士(造形)
美術・工芸 4年 学士(造形)
視覚デザイン 4年 学士(造形)
プロダクトデザイン 4年 学士(造形)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

•地域・社会や企業と連携した実践的なデザインプロジェクトにより、社会人基礎力を養成する「地域・社会連携系」科目を拡充します。
•構想力を重視したデザインプロセスを総合的に学ぶ演習・実習科目を強化します。
•複合的な造形力修得のための横断的科目の充実を図ります。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

社会の要請を的確に認識し様々な課題に対して創造的な解決策を提示するための3つの力 「社会人基礎力」「構想力」「造形力」を養うことを教育の目標とします。
 これらの能力の獲得を目的とする授業科目を履修し、卒業要件単位を修得した者に学士課 程学位を授与します。

[教育目標に揚げる3つの能力]
▶社会人基礎力
自然・人、社会・人との関わりに関心を持ち、主体的、自律的、継続的な学修ができ、論理的、多面的に物事を考え抜き、状況を判断し、責任感と協調性をもって行動できる。

▶構想力
人と造形との関係を追及する専門的・横断的な知識を身につけ、「問題の発見、原因の究明、解決への構想、試行及び検証」を行うことができる。

▶造形力
人・もの・自然に対する豊かな感性を備えて、「思い」を形にする伝達技術としての表現ができる。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
建築学
環境デザイン・都市デザイン
デザイン工学
被服学・服飾・ファッション
美術
工芸
デザイン
視覚・映像・CG(アニメ・マンガ・声優以外)

専攻分野に関する説明