ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

保健医療学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
看護学科 4年 学士(看護学)
理学療法学科 4年 学士(理学療法学)
作業療法学科 4年 学士(作業療法学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

〇看護学科カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
  看護学科ディプロマ・ポリシーに基づき、以下のようなカリキュラム編成とする。
1.多様な知識、多様な文化や価値観を理解するため、「人間の理解」「生命科学・健康の理解」「社会・環境の理解」「文化・コミュニケーションの理解」から構成する総合基礎教育科目を設置する。
2.専門科目の基盤として必要な人体や病態を理解する科目と、社会福祉制度の原則を理解する科目を、専門基礎科目に設置する。
3.看護を実践するための基本となる能力、看護ケアの展開能力、看護実践の中で研鑽する能力を修得する科目を設置する。それを効果的に修得するために概論、方法論と実習を配置する。
4.保健師教育、助産師教育はいずれかの選択制とする。看護師、保健師、助産師それぞれの専門性と、相互の連携協働に関する必修科目を2年次に、保健師選択または助産師選択科目を3年次以降に配置する。
5.学生の主体的な学習時間を確保するため、内容の統合を図る。

〇理学療法学科カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
  理学療法学科ディプロマ・ポリシーに基づき、以下のようなカリキュラム編成をする。
1.人間、生命・健康、社会・環境、文化・コミュニケーションへの理解を深めるため、総合基礎教育科目を設ける。
2.専門科目の基盤として人体の構造、機能、病態を理解する科目と、障がいや社会福祉を理解し、多職種間で協働する能力を養う科目を、専門基礎科目に設ける。
3.理学療法の臨床および研究活動に必要な知識、技術、問題解決能力を修得するため専門科目を設ける。
4.高度で専門的な内容に段階的に進めるよう、総合基礎教育科目・専門基礎科目・専門科目の履修順序を体系的に編成する。
5.学生の主体的な学習を促すために、講義、実技、演習、ゼミナール等の組み合わせを工夫し、科目に適した授業を編成する。
6.国際的な視野から理学療法を捉える能力を身につけるため、英語文献や英文記述を多用する。

〇作業療法学科カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
  作業療法学科では、様々な対象者に対して、多様なアプローチを用いた支援を行うことができる優れた作業療法士を養成するためにカリキュラムを構成する。
1.作業療法の実践に必要な豊かな人間性と倫理性、基盤となる資質や能力を身につけるために、総合基礎教育科目を設ける。
2.作業療法学を自ら探求する動機づけと継続的に学習する基盤づくりのために、専門基礎科目を設ける。
3.作業療法の基本的な思考・知識・技術・態度を修得するために、専門科目を設ける。
4.3年次まで教育課程で学んだ知識、技能、態度と作業療法過程を、実習施設において指導者による指導を受けながら作業療法の実践を行い、実践に適合した知識、技能、態度の統合を達成できるようにするために、臨床実習を設ける。
5.主体的に科学的・創造的探求ができる能力を身につけるため、卒業研究を配置する。
6.保健・医療・福祉などの各領域と連携、協働するための能力を身につけるために、チーム医療論等を設ける。
7.国際化につながる視野を広げ、海外での作業療法の実践に道をひらけるように、世界作業療法士連盟の認定校の基準を満たす教育課程を編成する。  

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

〇看護学科ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)
 看護学科の教育理念に基づき、所定の単位を修得し、次の能力を身につけた学生に学士(看護学)の学位を授与する。
1.人間の尊厳を理解し、倫理観に基づき責任ある行動ができる。
2.多様な知識と看護に求められる専門的技能を修得し、看護活動に取り組める能力を身につけている。
3.医療チームの一員としての役割を果たすために必要なコミュニケーション能力を身につけている。
4.知的好奇心をもって、問題をみつけ、考え、解決に向けて継続的に学習する能力を身につけている。
5.多様な文化と価値観を理解し、国際的な視野から、健康問題を捉える能力を身につけている。
6.地域の保健医療の水準の向上に貢献できる基礎的能力を身につけている。

〇理学療法学科ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)
 理学療法学科の教育理念に基づき、所定の単位を修得し、次の能力を身につけた学生に学士(理学療法学)の学位を授与する。
1.人の尊厳と多様な価値観を理解し、高い倫理観をもって健康を支援していく能力を有している。
2.理学療法士として必要な専門的知識と技術を修得し、人の身体機能上の問題に対して、根拠に基づく論理的思考をもって解決する能力を有している。
3.人を支援する専門職の一員として自己の責任を自覚し、多職種間の信頼関係を構築し、協働する能力を有している。
4.国際的な広い視野から問題を捉え、解決する意欲と能力を有している。
5.知識と技術の向上のために、自ら学び、鍛錬する意欲と能力を有している。
6.医学の進歩と社会システムの複雑化を見据え、自己の専門性を発揮して地域社会に貢献する意欲と能力を有している。

〇作業療法学科ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)
 本学学則所定の作業療法学科教育課程の卒業単位を修得し、教育目標を達成できたと判断できる以下の学生に学士(作業療法学)の学位を授与する。
1.対象者をはじめ協働する職種と良好な人間関係を構築することができる人間性豊かなコミュニケーション能力を有し、専門職として責任のある行動ができる。
2.人間を身体的・精神的・社会的側面から総合的に理解する専門的な思考法を身に付け、作業療法を医療機関や福祉施設のみならず、対象者が生活する地域の中で実践できる。
3.対象者の心身機能・活動・参加という生活機能全体を、対象者を取り巻く環境にも目を向けながら、科学的・創造的に思考し探求できる。
4.多様な価値観や国際化につながる視野を有する専門職として、他の専門職および関わる人々と連携しながら保健・医療・福祉の向上に寄与できる。
5.卒業後、対象者の生活を総合的に支える人材として活動できる。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
看護
理学療法・作業療法・リハビリテーション学

専攻分野に関する説明