ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人文社会科学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  法経専攻 2年 修士(法学)、修士(経済学)
                  言語・社会文化専攻 2年 修士(社会科学)、修士(言語文化)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  法経専攻
                   人文社会科学研究科法経専攻は,法政コースと地域経済コースに分かれています。大学院生は,各コースに分かれ,法学及び経済学の専門的な知識を習得し,法学・経済学の理論を分析・研究しうる能力を身につけます。また,社会問題への関心を高め,それを学術的理論にまとめ,修士論文にまとめていきます。これにより,大学院生は,自らの能力を高め,修士課程修了者としての資質を向上させます。
                  1.本専攻での学修の最終的な成果は修士論文として結実します。すべての授業は修士論文をまとめるための知識や能力を養うことを目的としています。
                  2.上記の目的を実現するため,法経専攻では以下の方針で教育を行っています。
                   講義は,特殊講義と演習の二種類に分かれています。
                   特殊講義は,それぞれのコースに関わる専門的知識の習得に努めます。講義では,大学院生間・教員と大学院生間の討論を重視します。これは,大学院生が専門知識を広め,思考を深め,問題関心を高め,修士論文のテーマを見いだす助けとなります。また,受講生は,自らの考えを表現する技術を磨きます。これは,修士論文作成の事前準備です。
                   演習では,修士論文作成のための指導を行います。教員は,修士論文のテーマに沿った研究指導を行います。大学院生は,教員の指導を受けながら文献収集・資料調査・実地調査など修士論文作成に必要な作業を行い,修士論文を作成します。
                  3.計画的に修士論文作成の準備を進めるために,毎年度のはじめに修士論文研究計画書を提出することが求められます。
                  4.修士論文作成にあたって,法経専攻では,中間発表会を行います。修士論文作成後は修士論文発表会を行います。これらの発表会は公開されています。これにより,修士論文の質を保証します。

                  言語・社会文化専攻
                   言語・社会文化専攻は言語文化コースと社会文化コースの2つに分かれています。所属する教員の専門分野は多様で,人文・社会科学の諸分野を広くカバーしています。これにより,各自の専門的関心にしたがって,研究課題を設定することができます。教育体制としては,専攻定員6名という規模を活かし,徹底した少人数教育を基本としています。学生と教員との距離はきわめて近く,講義科目・演習科目ともに,取り組んでいる研究テーマに即した内容を取り入れながら進められます。
                   本専攻では,各コースのディプロマ・ポリシー(学位授与方針)で掲げた知識や能力を養うために,次のような方針の下にカリキュラムを編成しています。
                  1.本専攻での学修の最終的な成果は修士論文として結実します。すべての授業は修士論文をまとめるための知識や能力を養うことを目的としています。
                  2.各専門領域の知識を深めるために,多くのコース関連科目(講義・演習)が設定されています。これらの科目は,修士論文の作成に直結しうるような内容を含み,人文・社会科学の諸理論・方法をより具体的に,より実際的に学ぶことができます。
                  3.計画的に修士論文作成の準備を進めるために,毎年度のはじめに修士論文研究計画書を提出することが求められます。
                  4.修士論文の提出を予定する年度には中間発表会で研究の進捗状況を発表することが義務づけられています。さらに,修士論文作成後は,修士論文発表会を行います。これらの発表会は公開されており,これにより,修士論文の質を保証します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  法経専攻 法政コース ディプロマ・ポリシー
                  (知識・理解)
                  ・法学の学術的理論・専門知識を習得している。
                  ・法学の専門知識に基づいて,社会問題を学術的側面から理解することができる。
                  (思考・判断)
                  ・法学の専門知識に基づいて,的確に研究に必要な情報を収集することができる。
                  ・社会問題の原因について,的確な情報により,法学の学術的理論を応用して分析・研究することができる。
                  (関心・意欲・態度)
                  ・法学の専門知識と学術理論を応用して,自らの課題を設定する意欲を有する。
                  ・現代の社会問題について,法学の学術的理論の応用としての解決に向け積極的にとりくむことができる。
                  (技能・表現)
                  ・社会問題の解決に向けて,法学の専門知識を他者に伝え,協働してとりくむことができる。
                  ・社会問題について,他者との議論を通じて法学の学術的理論に基づく考えをまとめ,その応用としての解決策を的確に表現できる。
                  ・高度専門職業人として必要な法学理論と技法に基づいて,社会問題の解決に着手することができる。

                  法経専攻 地域経済コース ディプロマ・ポリシー
                  (知識・理解)
                  ・経済学の学術的理論・専門知識を習得している。
                  ・経済学の専門知識に基づいて,社会問題を学術的側面から理解することができる。
                  (思考・判断)
                  ・経済学の専門知識に基づいて,的確に研究に必要な情報を収集することができる。
                  ・社会問題の原因について,的確な情報により,経済学の学術的理論を応用して分析・研究することができる。
                  (関心・意欲・態度)
                  ・経済学の専門知識と学術理論を応用して,自らの課題を設定する意欲を有する。
                  ・社会問題について,経済学の学術的理論の応用としての解決に向け積極的にとりくむことができる。
                  (技能・表現)
                  ・社会問題の解決に向けて,経済学の専門知識を他者に伝え,協働してとりくむことができる。
                  ・社会問題について,他者との議論を通じて経済学の学術的理論に基づく考えをまとめ,その応用としての解決策を的確に表現できる。
                  ・高度専門職業人として必要な経済理論と技法に基づいて,社会問題の解決に着手することができる。

                  言語・社会文化専攻 言語文化コース ディプロマ・ポリシー
                  (知識・理解)
                  ・言語や文化の理論および研究方法について,専門知識を身につけている。
                  ・専門知識に基づいて書物や作品を理解することができる。
                  (思考・判断)
                  ・設定された問題を解決するために必要なデータを収集し,整理することができる。
                  ・収集・整理したデータを専門的な研究方法に基づいて分析し,論理的に結論に導くことができる。
                  (関心・意欲・態度)
                  ・言語や文化に関わる既存の言説を批判的に検討することによって,独自の研究課題を設定し,探求することができる。
                  ・異文化への関心を持ち,自文化を相対化して考えることができる。
                  ・身につけた専門知識や技能をいかして,現代社会の諸課題にとりくむことができる。
                  (技能・表現)
                  ・論理的な文章を作成することができる。
                  ・自らの研究成果を,聴く人や読む人に理解してもらえるような仕方で表現することができる。

                  言語・社会文化専攻 社会文化コース ディプロマ・ポリシー
                  (知識・理解)
                  ・人文・社会諸科学の理論および方法について,専門知識を身につけている。
                  (思考・判断)
                  ・人間と社会に関わる諸問題について,人文・社会諸科学の研究方法に基づいて,専門的に考察することができる。
                  ・課題解決に必要な情報を,専門的な枠組みに基づいて収集・分析することができる。
                  (関心・意欲・態度)
                  ・自らの専門的関心を深め,それに基づいて学術的で独自な研究課題を設定し,探求することができる。
                  ・地域社会の諸課題に,専門的な視点から主体的にとりくむことができる。
                  (技能・表現)
                  ・自らの考えを,文章や口頭で論理的・説得的に表現できる。
                  ・他者と円滑に交流・協働し,自らの専門性を活かしながら課題にとりくむことができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部不可
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  日本文学
                  外国文学
                  言語学
                  日本語
                  英米語
                  中国語
                  外国語(英米・中国語以外)
                  地理学
                  日本史
                  外国史
                  考古学
                  文化人類学・民俗学
                  哲学・倫理・宗教
                  心理学
                  法学・法律学
                  政治・政策学
                  経済学
                  社会学
                  社会福祉学

                  その他専攻分野

                  その他専攻分野
                  芸術学
                  文化交流論