ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  連合農学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  生物資源生産学専攻 3年 博士(農学)、博士(学術)
                  生物資源利用学専攻 3年 博士(農学)、博士(学術)
                  生物環境保全学専攻 3年 博士(農学)、博士(学術)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   連合農学研究科では、「生物資源生産学」、「生物資源利用学」、「生物環境保全学」のそれぞれの専攻分野で、地域や国際社会で活躍できる高度な知識・技能を持った人材育成のための教育を行う。
                   それぞれの専攻分野における教育プログラムは、農学に関する幅広い学問と高度な専門知識・技能を修得できるように、また、研究指導を通して農学に関する諸課題を探求・解決する能力を養成できるようにしている。さらに、地域や国際社会で活躍できる人材を育成できるように構成している。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  (知識・理解)
                  1.生物の生産、生物資源の利用、自然環境の保全などに関する高度な専門知識と技術を修得している。
                  (思考・判断・実施)
                  2.自然と人間社会が調和した持続可能な社会における諸問題(食料、資源、環境)の原因を理論的に解明し、その有効な解決方法を見い出すことができる。
                  (関心・意欲・態度)
                  3.自然と人間がおりなす持続可能な社会における諸問題(食料、資源、環境)を解決・解明するため、高い関心・意欲を持ち、且つ倫理性と協調性をも保持しながら、積極的・自立的・継続的に率先して行動できる。
                  (技能・表現・説明)
                  4.自己の理論的な思考・判断プロセスや成果を的確に説明するための高いコミュニケーション能力と高度なプレゼンテーション能力を有している。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  農学
                  農芸化学
                  農業工学・農業土木
                  農業経済学
                  森林科学
                  生物生産学・生物資源学
                  水産学
                  生態学
                  畜産学・動物学

                  その他専攻分野