ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  特別支援教育専攻 2年 修士(教育学)
                  教科教育専攻 2年 修士(教育学)
                  学校臨床心理専攻 2年 修士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ・特別支援教育専攻
                   専攻の共通基礎科目として,すべての障害に共通した課題を扱う「特別支援教育総論」と「言語・コミュニケーションの指導」とが設定されています。
                   特別支援学校教育専修では,聴覚言語障害領域を主とする科目群と,発達障害領域を主とする科目群とが用意されており,どちらかを主に履修します。専門科目の学修と,それを研究・実践活動を通して発展させた成果を「課題研究」を通して修士論文に結実させます。
                   特別支援教育コーディネーター専修では,学校教育の現場で特別支援教育コーディネーターの職務を遂行する上で必要な知識やスキルに関する専門科目の学修とともに,小学校・中学校で毎週1回の現場実習を行い,そこでの実践・研究活動を通して発展させた成果を「課題研究」を通して修士論文に結実させます。

                  ・教科教育専攻
                   専攻共通基礎科目として「教育の理論と実践」,「教育専門職者の哲学と倫理」を共通に履修します。コースにおける領域ごとに教科教育に関する科目,教科内容に関する科目,教育実践研究を選択履修します。それに加えて,教科外活動に活動等に関する科目や体験実習等の体験的科目が用意され,選択履修することもできます。これらで培った研究関心・学修成果を「課題研究」を通して修士論文に結実させます。

                  ・学校臨床心理専攻
                   学校臨床学コースでは,教育における人間性育成を共通のねらいとして,教育や心理発達に関する高度な専門的知識とともに,教育実践支援や教育実践研究のための具体的な手法を学ぶことができる科目が用意されています。
                   臨床心理学コースでは,臨床事例を取り上げつつ,力動的心理療法,精神保健,ブリーフセラピー,心理アセスメント等に関する科目を履修します。
                   両コースともに,用意された科目で学び,実践的活動や研究的活動を通して発展させた内容を「課題研究」を通して修士論文に結実させます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  <知識・理解>
                  1.教育及び専門分野に関して高度な専門的知識を習得している。
                  <技能>
                  2.教育にかかわる高い技能を身につけている。
                  <思考・判断・表現>
                  3.教育をめぐる現代的諸課題について,幅広く専門的な知見をもとに,その対応方策を適切に考え,高度な実践力をもって教育活動に取り組むことができる。
                  <関心・意欲・態度>
                  4.学校に対する社会のニーズと自己の学習課題・研究課題を明確に意識し,実践を省察しつつ先導的に学習し研究する高度な教育実践力をもった専門的職業人として,自己の使命と責任とを自覚し,自主的に社会に貢献しようとする。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野