ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  連合教職実践研究科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  高度教職開発専攻 2年 教職修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  学校教育の全体像を俯瞰できるような幅広い実践力や課題解決力や応用力を培い,教職に関する高度な専門的知識と実践的指導力を統合的に養成するため,カリキュラムは以下の科目で編成・実施する。
                  ①高度な専門性を有する教員を養成するための基礎的素養を修得する共通科目
                  ②変化する教育環境に対応するために,様々な教育のあり方を俯瞰的な視点で把握するための体験的基盤を確立する学校実習科目
                  ③各コースの特徴を踏まえ,その特徴を伸ばすことを目的とするコース科目
                  ④自ら学校実践の現場における課題を設定し,共通科目,コース科目,学校実習科目での学びと関連させながら学びを進め,最終的に実践課題研究報告書にまとめることを目的とする課題研究科目

                  ①及び③の実施については,主体的・対話的で深い学びを提供する。具体的には,講義に加えて,グループワーク,発表,討論等の活動を取り入れる。さらに,必要に応じて,教職経験を活かした活動を導入する。②及び④に関しては,調査・計画・実施・評価・及び改善のサイクルを繰り返すこと,それらの過程における同僚等とのコミュニケーションや協働を重視する。
                  また,成績評価については,試験・レポートのほか,グループワーク,発表,討論等の活動も重視する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  本連合教職大学院において,大学院生は,1年次に,教職に関わる基本的な領域に関する科目を履修して,教育に関わる理論や実践動向等を学びます。また,1年次から2年次にかけて,コース科目を履修して,教職経験に応じて必要となる能力・資質を磨きます。これらの科目においては,必修科目に加えて,多様な選択科目が提供され,個々の大学院生が,学習ニーズに応じて自らの学びを構成することが可能です。さらに,連携協力校で実施される学校実習科目においては,そこでの臨床経験を通じて実践的指導力を確かなものにするとともに,教育現場の課題に探究的に迫ります。そして,これらの3種類の学びを「課題研究」によって集約し,学び続ける教員としての自己を追究する姿勢を確立できます。
                  これらの科目は,研究者教員と実務家教員がペアで担当するなど,複眼的な視点で授業が企画・運営されます。また,座学よりも,観察,討論,模擬授業,ワークショップ等の体験的な学びが重視されています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  所定の単位を修得し,教職に関する実践的知識・技能を拡充するための視点と方法を獲得するとともに,高度な専門的知識と実践的指導力を統合的に有する人材と認められた者に学位を授与する。
                  【スクールリーダーシップコース】
                  (1)学校教育の発展的理解 ・社会における学校の役割と望ましい専門職としての教員の在り方を理解し、それを踏まえ たキャリアプランを策定できる。 ・学校安全と危機管理、人権教育、健康教育、子どもの貧困と児童虐待、社会的包摂などの 今日的な教育課題について理解し、それを応じた実践を計画・実施できる。 ・学校の実情や特徴を踏まえた経営計画を策定できる。 ・学校づくりに求められるリーダーの役割と行動を理解し、それを所属組織の状況に応じて 発揮できる。 ・エビデンスに基づいて学校改革を推進する理法と技法を会得し、それを発揮できる。 ・学校組織の成長をデザインし、それに必要とされる戦略を構想・実行できる(管理職)。
                  (2)指導内容の高度な理解と実践的指導力 ・教育課程編成の今日的課題やカリキュラム・マネジメントの理論を理解し、それを踏まえ た実践を推進できる。 ・各学校の実情を踏まえて、当該校の教育課程全体を編成できる。 ・教科等の授業の多様性や今日的な在り方を理解し、それらに応じた授業を計画したり、そ のための教材を準備したり、その指導と評価を工夫したりできる。 ・グローバル教育の理念や枠組み、動向を把握し、そのプログラムを開発できる。(グロー バル) ・教育の情報化に応じた指導とカリキュラムについて、その理念や枠組み、動向を把握し、 それを推進するためのプランを策定し、実行できる。(メディア・情報リテラシー)
                  (3)多様な子どもに対応できる指導力 ・各学校種の生徒指導上の問題のメカニズムや多様性を理解し、理論的・実践的に解釈でき る。 ・各学校種の生徒指導上の諸課題に関して、発達段階や状況に応じた指導ができる。 ・各児童生徒の生徒指導上の諸課題に対し、適切な指導方法を選択して他の教員へ指導・助 言ができる。
                  (4)教職力量をみがく力
                  ・教育実践を研究的に展開するための視点と方法を会得している。 ・教育実践者としての自己を省察するとともに、他の教員との学びあいの中で教員の資質能 力の向上をリードすることができる。 ・組織としての学校やその基本単位としての学校の在り方を理解し、地域・保護者・他機関 との関係の構築を進めることができる。 ・学校における教員間の連携や協力の理念や枠組み、動向を把握し、それを進展させるため の実践を創発できる。(実践的リーダー) ・教育委員会指導主事として、学校に対して繰り広げるコンサルテーションに関して、その 理念や枠組み、動向を把握し、それを進展させるための実践を創発できる。(教育委員会 指導主事)
                  【援助ニーズ教育実践コース】
                  (1)学校教育の発展的理解 ・社会における学校の役割と望ましい専門職としての教員の在り方を理解し、それを踏まえ たキャリアプランを策定できる。 ・学校安全と危機管理、人権教育、健康教育、子どもの貧困と児童虐待、社会的包摂などの 今日的な教育課題について理解し、それを応じた実践を計画・実施できる。 ・学校の実情や特徴を踏まえた経営計画を策定できる。
                  (2)指導内容の高度な理解と実践的指導力 ・教育課程編成の今日的課題やカリキュラム・マネジメントの理論を理解し、それを踏まえ た実践を推進できる。 ・各学校の実情を踏まえて、当該校の教育課程全体を編成できる。 ・教科等の授業の多様性や今日的な在り方を理解し、それらに応じた授業を計画したり、そ のための教材を準備したり、その指導と評価を工夫したりできる。 ・子どもの発達や子ども間の関係を把握し、子どもの一人ひとりの援助ニーズを踏まえ、指 導計画を作成することができる。(ストレートマスター学生・現職教員共通) ・子どもの様々な背景を考慮して子どもの援助ニーズを汲み取り、教育課程・内容や個別の 支援に反映できる。(ストレートマスター学生・現職教員共通)
                  (3)多様な子どもに対応できる指導力 ・各学校種の生徒指導上の問題のメカニズムや多様性を理解し、理論的・実践的に解釈でき る。 ・各学校種の生徒指導上の諸課題に関して、発達段階や状況に応じた指導ができる。 ・各児童生徒の生徒指導上の諸課題に対し、適切な指導方法を選択して他の教員へ指導・助 言ができる。 ・子どもの教育・保育上の様々な課題をアセスメントし、学校園内での支援を構想できる(ス トレートマスター学生) ・子どもの教育・保育上の様々な課題をアセスメントし、校園内外の専門家や保護者と連携 しながらの援助を構想できる。(現職教員) ・子ども一人ひとりのニーズに応えるだけではなく、その学校園の子どもに共通して認められるニーズについては、深刻な問題にならないように予防に取り組むことができる。(現 職教員) ・特別なニーズ、いじめ、不登校の子どもについては、校園内外の専門家との連携を構想で きる。(ストレートマスター学生) ・特別なニーズ、いじめ、不登校については、校園内外の専門家や保護者と協働しながら援 助できる。(現職教員) ・個々の子どもの援助ニーズに応えつつ、子ども全体への予防教育的な活動を構想できる。 (ストレートマスター学生) ・個々の子どもの援助ニーズに応えつつ、子ども全体への予防教育的な活動と関連させ、子 どもが学びあい支えあう関係をつくることができる。(現職教員)
                  (4)教職力量をみがく力 ・教育実践を研究的に展開するための視点と方法を会得している。 ・教育実践者としての自己を省察するとともに、他の教員との学びあいの中で教員の資質能 力の向上をリードすることができる。 ・組織としての学校やその基本単位としての学校の在り方を理解し、地域・保護者・他機関 との関係の構築を進めることができる。 ・子どもの援助ニーズを汲み取るための、多様な視点と様々な方法を理解し、さらにそれら の共有の仕方や職業上の倫理を理解している。(ストレートマスター学生・現職教員共通)
                  ・学校園などの組織の全体の動きや、学校種間の連携・協働の必要性を理解し、それぞれの 機能とニーズを理解する(ストレートマスター学生・現職教員共通)
                  【教育実践力コース 】
                  (1)学校教育の発展的理解 ・社会における学校の役割と望ましい専門職としての教員の在り方を理解し、それを踏まえ たキャリアプランを策定できる。 ・学校安全と危機管理、人権教育、健康教育、子どもの貧困と児童虐待、社会的包摂などの 今日的な教育課題について理解し、それを応じた実践を計画・実施できる。 ・学校の実情や特徴を踏まえた経営計画を策定できる。
                  (2)指導内容の高度な理解と実践的指導力 ・教育課程編成の今日的課題やカリキュラム・マネジメントの理論を理解し、それを踏まえ た実践を推進できる。 ・各学校の実情を踏まえて、当該校の教育課程全体を編成できる。 ・教科等の授業の多様性や今日的な在り方を理解し、それらに応じた授業を計画したり、そ のための教材を準備したり、その指導と評価を工夫したりできる。 ・教科横断的な視点に基づき、また校園種をまたいで、教科領域のカリキュラムを構想・実 践できる。 ・教科領域の教材・題材を開発し、実践的に展開できる。 ・アクティブ・ラーニングを実現するために、各教科や教科領域の指導に即してICTを効果 的に活用できる。
                  (3)多様な子どもに対応できる指導力 ・各学校種の生徒指導上の問題のメカニズムや多様性を理解し、理論的・実践的に解釈でき る。 ・各学校種の生徒指導上の諸課題に関して、発達段階や状況に応じた指導ができる。 ・各児童生徒の生徒指導上の諸課題に対し、適切な指導方法を選択して他の教員へ指導・助 言ができる。
                  (4)教職力量をみがく力 ・教育実践を研究的に展開するための視点と方法を会得している。・教育実践者としての自己を省察するとともに、他の教員との学びあいの中で教員の資質能 力の向上をリードすることができる。 ・組織としての学校やその基本単位としての学校の在り方を理解し、地域・保護者・他機関 との関係の構築を進めることができる。 ・教材や題材を開発することの重要性を認識し、それを実行できる。 ・授業を研究的に分析・省察し、授業改善につなげることができる。 ・他の教員と協働で、教科横断的な教育実践を立案・実践・省察できる。
                  【特別支援教育コース 】
                  (1)学校教育の発展的理解 ・社会における学校の役割と望ましい専門職としての教員の在り方を理解し、それを踏まえ たキャリアプランを策定できる。 ・学校安全と危機管理、人権教育、健康教育、子どもの貧困と児童虐待、社会的包摂などの 今日的な教育課題について理解し、それを応じた実践を計画・実施できる。 ・学校の実情や特徴を踏まえた経営計画を策定できる。 ・特別なニーズのある子どものニーズをくみ取るための多様な視点と方法を会得し、それを 実践できる。
                  (2)指導内容の高度な理解と実践的指導力 ・教育課程編成の今日的課題やカリキュラム・マネジメントの理論を理解し、それを踏まえ た実践を推進できる。 ・各学校の実情を踏まえて、当該校の教育課程全体を編成できる。 ・教科等の授業の多様性や今日的な在り方を理解し、それらに応じた授業を計画したり、そ のための教材を準備したり、その指導と評価を工夫したりできる。 ・特別なニーズをもつ子どもの様々な状況を考慮して、教育課程、内容、教材・教具に反映 できる。
                  (3)多様な子どもに対応できる指導力 ・各学校種の生徒指導上の問題のメカニズムや多様性を理解し、理論的・実践的に解釈でき る。 ・各学校種の生徒指導上の諸課題に関して、発達段階や状況に応じた指導ができる。 ・各児童生徒の生徒指導上の諸課題に対し、適切な指導方法を選択して他の教員へ指導・助 言ができる。 ・特別なニーズのある子どもの、それぞれのニーズを捉え、個に応じた指導・支援ができる。・個の教育ニーズに応じ、エビデンスに基づいた教育相談・支援を実践できる。
                  (4)教職力量をみがく力 ・教育実践を研究的に展開するための視点と方法を会得している。・教育実践者としての自己を省察するとともに、他の教員との学びあいの中で教員の資質能 力の向上をリードすることができる。 ・組織としての学校やその基本単位としての学校の在り方を理解し、地域・保護者・他機関 との関係の構築を進めることができる。 ・校内支援や関係機関との連携を進め、校内における特別支援教育の推進役として、学校の 課題解決に取り組むことができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  教育学(教員養成課程)

                  その他専攻分野