ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  情報学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  情報科学 4年 学士(情報学)
                  行動情報学 4年 学士(情報学)
                  情報社会 4年 学士(情報学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  情報学部は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施する。

                  1. 高度職業人に必要な知識を身につけるための基礎となる全学教育科目を置く。
                  2. 「文工融合」の情報学を学ぶ基礎となる学部共通科目を置く。
                  3. 情報科学科、行動情報学科および情報社会学科のそれぞれの領域で必要となる専門的な知識・技術を身につけさせるために、系統的な科目配置を行う。
                  4. 情報科学科、行動情報学科および情報社会学科間の複眼的な学びを促すために、学科間の共通専門科目を配置する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  計算機科学領域をカリキュラムの軸として、知能情報科学領域や人間情報科学領域を横断的に学ぶことが出来るようになっています。また、他分野と協調的に連携するための広い知識を身につけるため、他学科で開講している科目の履修も推奨しています。まず、情報の数理的側面の学習を徹底して進めるとともに、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、データベースなどの技術要素は少人数グループワークでの実験・演習を通じて理解を深めます。また、卒業研究では知識の活用能力、批判的・論理的思考力、課題探求力、問題解決力、コミュニケーション能力などの総合的な育成を行い、高度な研究活動にも従事できる基礎的能力の習得を目指します。

                  システム・分析・戦略系科目群では、情報基盤技術や情報システム設計開発などを学び、さらに問題を発見・定義し、解決方法の提案・実施、結果の検証を行っていくための方法を学びます。マネジメント系科目群ではビジネスや情報基盤技術の知識に基づく目標の立案や実行計画の策定・推進のための科学を学びます。サービス系科目群では、製造、金融、公共、医療、教育などさまざまな分野での情報サービスの意義、構造と開発方法を学びます。これらの科目で学んだことを卒業研究につなげていきます。行動情報学科では実践を重視しており、少人数クラスでの指導やグループ演習を行う科目を多数用意しています。

                  情報社会学科では、情報社会の仕組みと諸問題を考察・分析する社会的視点・知識を形成し、情報技術や情報システムの本質を理解して人間、環境、情報技術が調和する情報社会を構想し、企画・提案・実践する能力を育成します。そのためにメディアとコミュニティという2 つの学習体系、さらにその土台となる「基盤領域」、2 つの学習体系をつなぐ「融合領域」という学習領域が置かれています。フィールドワーク・実習を通じての問題解決能力、国際感覚やコミュニケーション能力、情報収集・分析力、プレゼンテーション能力などの育成を目指します。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  情報学部は、人間の営みと情報技術が調和した豊かな社会の実現を目指す情報学の教育研究を推進し、21世紀の情報社会で先導的役割を果たすことのできる、豊かな専門知識、深い教養と情報倫理、及び総合的な実践力を有する人材の育成を教育目標としており、下記に示すそれぞれの資質・能力を身につけていることを学士(情報学)の学位授与の条件とする。それぞれの資質・能力の評価にあたっては明確な合否判定基準を定め、シラバスなどで公開する。またそれぞれの資質・能力とカリキュラムの関係を、カリキュラムマップ等を活用し明確化する。

                  1. 情報科学、行動情報学、情報社会学についての豊かな専門知識を身につけている。
                  2. 深い教養と情報倫理を有し、国際社会や地域社会で活躍できるコミュニケーション能力、及び社会感覚を身につけている。
                  3. 情報化をめぐる状況を認識し、そこで解決すべき社会的・技術的課題を的確に発見・理解する論理的思考力を身につけている。
                  4. 情報化をめぐる社会的・技術的課題について、その解決策を提案・実施・実現する総合的な実践力を身につけている。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可30,000円

                  転学部・編入学情報補足

                  書類選考及び面接(筆記試験を課す場合あり)
                  推薦入試と一般入試がある。

                  ※情報科学科のみ実施

                  専攻分野

                  その他専攻分野