ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  平成28年度より、工学部は従前の7学科を再編・集約し、新しく5学科(物質化学科、電子情報システム工学科、水環境・土木工学科、機械システム工学科、建築学科)に改組しました。

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  機械システム工学 4年 学士(工学)
                  電気電子工学 学士(工学)
                  情報工学 学士(工学)
                  電子情報システム工学 4年 学士(工学)
                  土木工学 学士(工学)
                  建築学 4年 学士(工学)
                  物質工学 学士(工学)
                  物質化学 4年 学士(工学)
                  環境機能工学 学士(工学)
                  水環境・土木工学 4年 学士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   カリキュラムは,共通教育と専門教育に分類でき,教養教育では初年次教育と教養科目,基礎科目から構成される。専門教育は,学部共通科目,エンジニアリング科目,学科共通科目,分野専門科目により構成され,徐々に専門性を増すように体系化されている。それぞれについては以下の通りである。
                  ●共通教育では,まず,初年次教育として大学生として自ら学ぶ姿勢を養成した後,教養科目と基礎科目を通して幅広い人文・社会科学の教養ならびに国際的なコミュニケーション能力を身につける教育を行う。
                  ●専門科目は,学部共通科目,エンジニアリング科目,学科共通科目,分野専門科目からなり,順に専門性が増す形で構造化している。学部共通科目では,数学等の工学基礎科目の他に,環境マインドや技術者としての倫理観を育てる教育を行う。また,エンジニアリング科目を通して工学の幅広い基礎知識を身につけ,工学的な課題についてはどんなことでも,その解決に向け,目星が付けられる能力を養う。学科共通科目では,各学科に共通する専門基礎科目を修得し,各学科に関連した事柄については,専門家と協力して問題解決の図れる能力を養う。分野専門科目では,自分の専門分野で自信を持って仕事の出来る能力を養う。
                  ●最終年次は,それぞれの分野の専門知識をさらに深め,先端的な研究ならびに境界領域の研究に触れつつ,研究の方法を学ぶとともに,自由な発想と柔軟な創造力を養う教育を行う。また,自分の研究を他者に対して筋道を付けて分かり易く説明するプレゼンテーション能力を養う。

                  (物理化学科)
                   物質化学科のカリキュラムは、当学科のディプロマ・ポリシーの下、次の項目を意識して作成されています。
                  1.個々の学生のニーズに応じた効果的な授業課程
                  2.個々の学生に行き届く指導体制
                  3.基礎学力の養成
                  4.社会人として不可欠な能力の養成
                   1年次では主に、豊かな教養を身につけるとともに、自然科学の基礎を学習します。
                   2年次では化学に関する基礎を学びます。
                   2年次以降は「先進材料工学プログラム」、「分子工学プログラム」および「バイオ・プロセス工学プログラム」のいずれかの分野に軸足を置きつつ、自ら選択したカリキュラムにしたがって学習します。これを通してそれぞれの専門分野を中心に基本的な原理を理解し、物質および化学についての幅広い知識とそれらを展開する実践的な能力と論理的な思考力を養います。
                   最終年次は、それぞれの分野の専門知識をさらに深め、材料および化学に関する先端的な研究に触れつつ、研究の方法を学ぶとともに、自由な発想と柔軟な創造力を養う教育を行います。

                  (電子情報システム工学科)
                   電子情報システム工学科のカリキュラムは、当学科のディプロマ・ポリシーの下、次の項目を意識して作成されています。
                  ・数学や物理学の基礎知識を踏まえた専門基礎学力の養成
                  ・技術者倫理観の養成
                  ・3つの専門分野を系統的に順序だてて学べる授業課程
                  ・コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の育成を踏まえた授業課程
                   1年次では主に、自然、社会、歴史、文化に対する幅広い教養を身につけるとともに、工学を学ぶ上で必要な数学・物理学の基礎知識を学習します。
                   2年次以降は「電気電子」、「通信システム」及び「情報システム」のいずれかの教育プログラムに軸足を置きつつ、自ら選択したカリキュラムにしたがって学習します。これを通してそれぞれの分野の専門基礎知識を修得し、多面的な視点から知識を活用できる実践的な能力を養います。
                   最終年次は、今までに学んだ専門基礎知識を活用し、先端的な研究ならびに今ある技術の改良的な研究に参加して、研究の方法を学ぶ中で、問題解決能力と未来を切り開く発想力を養う教育を行います。

                  (水環境・土木工学科)
                   水環境・土木工学科のカリキュラムは、2年次後半から「水環境プログラム」または、「土木プログラム」に軸足をおきつつ、自ら選択したカリキュラムにしたがって学習します。当学科のディプロマ・ポリシーの下、教育・研究を以下のように実施していきます。
                   1年次は、自然科学に関する幅広い知識の修得と豊かな教養を身につけるとともに、技術者に必要な心構えや倫理について学習します。
                   2年次前半は、両分野共通であり、専門基礎科目・演習科目によって技術者に必要とされる基礎的な原理を理解し、社会におけるさまざまな課題について分析し評価する能力や思考力を養います。
                   2年次後半以降において、水環境プログラムでは、「水資源」、「水処理」および「水保全」、土木プログラムでは、「社会基盤」、「環境防災」および「地域計画」のそれぞれの分野に応じて、自ら選択したカリキュラムを通して深い専門知識を修得します。また、両分野ともに、実験・実習科目や総合演習を通して、課題の発見から問題解決に至るまでの総合的な能力とグループで課題に取り組んでいくために必要な対話力を身につけます。
                  最終年次は、ゼミや卒業研究を通して、それぞれの分野の専門知識をさらに深めるとともに、研究の方法を学び、それを表現する能力を身につけます。

                  (機械システム工学科)
                  1 共通教育においては、教養科目と基礎科目を通して幅広い人文・社会科学の教養ならびに国際的なコミュニケーション能力を身につける教育を行います。
                  2 専門教育では、アクティブ・ラーニングを取り入れ、1 年次から継続的に実施する実習科目を通して、主体的・能動的に学習に取り組む姿勢を身につける教育を行います。学科共通科目を通して機械システム工学に関連する幅広い基礎知識を身につける教育を行います。
                   高年次においては、学生自ら選択したコースのカリキュラムに従い、それぞれの専門分野を中心に基本的な原理に対する理解を深め、問題解決能力と論理的な思考力を養います。
                  3 最終年次は、それぞれの分野の専門知識をさらに深め、先端的な研究ならびに境界領域の研究に触れつつ、研究の方法を学ぶとともに、自由な発想と柔軟な創造力を養う教育を行います。

                  (建築学科)
                  建築学科のカリキュラムは、当学科のディプロマ・ポリシーの下、次の項目を意識して作成されています。
                  1 つくりあげるものや建築が、人々の生活に不可欠であり、人々の生活を支えることを理解し、技術者倫理を養成する授業課程
                  2 学生の個性を活かす指導体制
                  3 基礎学力から学んだことを統合して建築および作品をつくりあげるデザイン力の養成
                  4 社会人として不可欠な能力の養成
                   1年次では主に、豊かな教養を身につけるとともに、自然科学の基礎を学習します。また図学や製図の基礎を通して専門科目の一端に触れます。
                   2年次前半は学科共通科目を通じて、デザイン、構造・材料、環境・設備、歴史・計画について学びます。後半以降は「建築学」、「工芸デザイン」のいずれかの分野に軸足を置きつつ、自ら選択したカリキュラムにしたがって学習します。
                   3年次はさらに専門性が高くなりますが、学科共通科目や学部共通科目などを通じて幅広い視野の育成にも努めます。これらを通してそれぞれの専門分野を中心に基本的な原理を
                  理解し、多様な人と文化、歴や自然現象についての幅広い知識とそれらを理解・解析する実践的な能力と論理的な思考力を養います。
                   最終年次は、それぞれの分野の専門知識をさらに深め、先端的な研究ならびに境界領域の研究に触れつつ、研究の方法を学ぶとともに、自由な発想と柔軟な創造力を養う教育を行います。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   信州大学工学部の理念と目標及び各学科の目的に則り,以下及び各学科のディプロマ・ポリシーに掲げる知識と能力を充分に培った学生に「学士(工学)」の学位を授与する。
                  ●幅広い見識と健全な倫理観を持ち,国際的及び工学的な立場から社会の発展のために貢献する精神と行動力を有する 【工学的人間力】【技術者行動マインド】【国際的応用力】
                  ●科学に関する基礎および専門的な基礎知識をもち,これらの基礎概念と一般的法則を本質的に理解するとともに,基礎科学および専門基礎に関する問題を解答する能力がある【科学的基礎学力】【専門基礎知識】
                  ●基礎学力および専門基礎知識に基づいて自主的に学習できる能力および応用能力がある【自主学習能力】【応用能力】
                  ●基礎理論に基づいて工学的及び学際的な観点から問題点や課題を発見することができ,筋道を立てて解決できる 【工学的課題発見・問題解決能力】【学際的課題発見・問題解決能力】
                  ●技術者として自らの思考・判断を説明するためのプレゼンテーション能力を有し,専門基礎知識に基づいた発展的な議論を国際的に展開できる 【技術者プレゼンテーション能力】【技術者コミュニケーション能力】
                  ●自然環境に配慮した環境マインドを修得し,環境調和型社会を目指した工学的な取り組みを継続的に行うことができる 【工学的環境マインド】【工学的環境実践力】
                  ●ゼミナールや総合演習および卒業研究を通して信頼される技術者としての精神と倫理感を身につけている【技術者マインド】【倫理マインド】
                  ●多様な文化,思想,歴史,芸術,工学に関する幅広い素養に基づき,工学的な取り組みを行える【多様な文化受容マインド】

                  (物質工学科)
                  1.身のまわりの物質・材料や自然現象と社会及び地球環境との関係を化学の視点から理解し、それに対する自らの興味と関心を深め問題解決に活用できる
                  2.材料・機能物質・バイオテクノロジー分野の化学に関する専門知識をもち、物質の構造と性質及び反応について理解し、活用できる
                  3.化学実験を正しく計画、安全に実施し、得られた実験データを適切に解析して結論を導くことができる
                  4.自らの思考と判断を論理的に説明し他者に伝えるプレゼンテーションができる
                  5.社会・環境に対して化学が及ぼす影響を意識し、問題解決のために倫理的側面にも配慮したバランスの良い論理的判断をすることができる
                  6.幅広い専門知識を総合的に活用し、基礎技術開発からイノベーションへと繋げ、世界的な視野から持続可能な社会の実現と課題の解決への貢献をめざすことができる

                  (電子情報システム工学科)
                  1 数学・物理学の基礎知識に加え、電気電子工学、通信工学、情報工学に関する一般的な基礎知識を修得・活用することができる。
                  2 自然、社会、歴史、文化に対する幅広い教養を持ち、電子情報システム技術の社会、環境に対する影響について、倫理観を持って判断できる。 自らの考えを他者に理解できるように伝達すると共に、相手の考えを十分に把握して論理的に討議できるコミュニケーション能力を有する。
                  3 電気電子工学に関する実験・演習を遂行し、様々な物理現象を解析できる。
                  4 専門基礎知識を活用し、電気電子工学、通信工学、情報工学に関する研究を遂行できる。
                  5 エネルギー分野に関する専門基礎知識を修得し、多面的な視点から知識を活用することができる。
                  6 エレクトロニクス分野に関する専門基礎知識を修得し、多面的な視点から知識を活用することができる。
                  7 情報通信分野に関する専門基礎知識を修得し、多面的な視点から知識を活用することができる。
                  8 コンピュータのハードウェア、ソフトウェアに関する要素技術を理解し、ハードウェア、ソフトウェア、及びコンピュータ応用分野におけるシステムの設計、試作、評価を行うことができる。
                  9 コンピュータソフトウェアに関する基礎知識及び基礎的プログラミング技術を有する。

                  (水環境・土木工学科)
                  1 水環境・土木工学全般の問題について、グループ討論・ディベート・発表会などを通して、技術者として不可欠な物事に対する幅広い見方ができ工学的な問題解決能力と表現力・対話力を身につけている
                  2 水資源・水処理・水保全に関する現状と課題について、文献収集および実験・実習・フィールドワークを通して把握し、それらを適切に分析できる
                  3 将来の気候変動やエネルギー動向および食糧事情などをふまえて、持続可能な水環境を構築するための課題を発掘し、それらの解決方法を考えられる
                  4 長野県に特徴的な急峻な地形特性と厳しい気候条件に起因する種々の自然災害を学び、実験・実習・フィールドワークを通して、公共財としての適切な社会基盤整備と地域計画を立案できる
                  5 環境と防災関係の科目を学ぶことで、環境の計測と安全性の評価をできるとともに、安全・安心で持続可能な社会環境を構築するための課題を発掘し、それらの解決方法を考えられる
                  6 ゼミナールや総合演習および卒業研究を通して、信頼される技術者としての精神と倫理感をもって行動できる

                  (機械システム工学科)
                  1 機械工学に関する基礎的な知識と技術を修得し、活用できる。
                  2 機械を設計し製図を通して表現することができる。
                  3 自然及び人類社会が直面している環境問題を理解し、問題を解決する基礎的能力を身につけることができる。
                  4 材料・設計分野の課題を理解し解決することができる。
                  5 安全で環境負荷を低減するための新しい機械材料を開発することができる。
                  6 熱流体分野の課題を理解し解決することができる。
                  7 自然エネルギーを利用した環境にやさしい機械を開発することができる。
                  8 計測制御分野の課題を理解し解決することができる。
                  9 人や社会をサポートする知能機械を開発することができる。

                  (建築学科)
                  1 人と関わるものづくりに必要な能力を身につけている。
                  2 伝統や歴史的側面をとらえ、未来を構想する能力を身につけている。
                  3 地球全体を俯瞰し、地域社会に貢献できる能力を身につけている。
                  4 建築に関わる環境・構造・計画を認識でき、総合的な建築設計・技術の方向性を定めることができる
                  5 工芸デザインに関わる用・強・美を認識でき、地域に根ざした技術とデザインを統合することができる
                  *注)用・強・美:用途(機能)があって、強く、美しい

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  検定料 30,000円
                  入学料 282,000円

                  専攻分野

                  その他専攻分野